Loading

BLOG

アジングの時期を季節別に考えてみる

今回は、「アジングはどの時期に楽しむことができるのか?」という点についてまとめていきたいと思います。当然ながら地域、地方によって季節別のシーズンパターンが異なってくるため、あくまでLIGデザインがメインフィールドとしている近畿地方周辺の考え方を元に「アジングを楽しめる時期」についてお話していこうと思いますので、その点を踏まえた上で参考にして下さい。

アジングは1年を通じて楽しむことができる釣り

極端な話をすると、実はアジングという釣りは「1年を通して楽しむことができる釣り」と言えます。春、夏、秋、冬、どの季節であっても、アジが回遊してくるルートを知っていたり、アジが居着いているエリアを知ることさえできれば、どの時期、どの季節でもアジングを楽しむことができるため、時期問わず、1年を通じてアジングを楽しむのが一番です。

ただし、アジングを楽しむ時期によっては、この「アジがいる場所」を把握することが大きな鬼門となり、アジの居場所を掴むことができないことには理想的な釣果を望むことが難しくなってしまうため、メインフィールドとしている場所の(季節別の)特徴をしっかり掴み、釣果情報と睨めっこした後、釣行場所を絞ることが理想的ですね。

 

また、先程「アジングは一年中楽しめる釣り」とは言いましたが、時期によって【釣れやすい時期】と【釣れにくい時期】に分かれてしまうため、季節別の特徴、釣り方を知ることも大事な要素となってきます。

では、季節毎の特徴にはどのような点があるのか?ということを、春、夏、秋、冬に分け、詳しくまとめていきたいと思います。

一年の中で最も寒く、最も水温が下がる冬の季節は、アジを含む多くの魚が、低水温により活性が下がってしまいます。活性が低いということはルアーへの反応が悪くなることに繋がるため、一般的に冬のアジングは「難易度が高い」と言わざるを得ないでしょう。

また、低水温によりアジが捕食しているベイトの数が少なくなるため、アジの居場所を特定することが難しくなってしまいます。そのため、冬の季節は「アジングを楽しむことはできるが、相当厳しい戦いになる」ということを理解した上で、釣行することをおすすめします。

 

ただ、黒潮が絡むエリアなど、冬の厳寒期にも水温が高くなっているエリア(近畿で言うと、和歌山県南部がここに該当します)であれば問題なく楽しめるケースもあるため、そのようなエリアに釣行できる方は、ぜひ狙ってみて下さい。

厳しい冬の寒さが遠のき、ポカポカ陽気の春がやってくると、アジを含む魚たちが徐々に元気を取り戻してきます。冬の貧果が嘘のような好釣果を得られる時期でもあるため、冬は冬眠するように釣りに行かなくなっていたアングラーたちも、活発に行動し始める時期でもありますね。

アジングも例外ではなく、春の季節になると(一時的に)【産卵前の荒食い】が始まります。つまり、産卵に備えエサを活発に捕食する時期があるため、このタイミングを狙うことで、比較的簡単に好釣果を望むことができることでしょう。場合によっては30cmオーバーの所謂「尺アジ」がポンポンと釣れることもあるため、デカアジ狙いの人は、この時期を外さず狙うようにしておきたいですね。

 

ただし、産卵前は荒ぶるように捕食を繰り返していたアジも、いざ産卵に入ると嘘のように口を使わなくなってしまいます。そのため、春の時期は【オンシーズンとオフシーズンがハッキリと別れている時期】と言えるため、その点を考慮し、釣行スケジュールを組み込むことをおすすめします。

徐々に気温が上がり、暑さ厳しい夏の季節に入ると、これまでは良型が釣れていたエリアであっても、「〜15cmまでの豆アジ」の釣果が中心となってきます。豆アジはルアーに対し好反応を見せるものの、そもそものサイズが小さいため「アタリがあっても乗らない」ということが多く、1年の中で最も難易度が高いアジングだと言い換えることもできます。

アジの数もアタリの数も多く、練習にはもってこいな時期なので、敢えてこの時期にアジングを楽しみ、レベルアップを図るのも一つの手ですね。ただし、言うまでもなく釣れるアジのサイズが小さくなるため、「大きなアジを釣りたい」そのような方にとっては、なんとも歯がゆい季節であることは間違いないでしょう。

夏が終わり、徐々に秋の足音が聞こえ始めると共に、海の状況は一変し始めます。大量のイワシが接岸し、そのイワシを捕食する魚たちが湧くことにより、一年の内で最も魚影が濃く、一年の内で最も釣りを楽しむことができるハイシーズンとなり、もちろんアジングを楽しむ時期としても、秋は最高の季節となるでしょう。

秋時期のアジングは数、型ともに良くなる傾向にあり、昼夜問わず(夜のほうが難易度が下がります)良型アジが数多く釣れるため、時間に余裕があるときは海に出かけ、少しでも多くの時間をアジングに費やすことをおすすめします。

合わせて読みたい

夜にアジングを楽しむ
昼にアジングを楽しむ

リグデザインはアジング・メバリングなど、ソルトライトゲーム製品をリリースしているメーカーです

Amazonでリブリブを見る


関連記事

  1. ワームの「ケイムラ」とは?アジング、メバリングで効果はあるのか?

    2018.09.30
  2. アジングは「ハイギア」と「ローギア」どちらが適しているのか?

    2018.09.27
  3. アジングでリリースするときに意識しておきたいこと

    2018.11.27
  4. エギングロッドでアジングを楽しむことは可能?

    2018.10.17
  5. アジングを始めるときの予算を計算してみる

    2018.11.27
  6. アジングは「ただ巻き」でオッケー?その考え方とやり方を考えてみる

    2019.05.14
PAGE TOP