知ってる人だけが使い、知ってる人だけがメバリングにてコンスタントな釣果を得ている「ワームカラー」があります

メバリングワームには数多くのカラーがありますが、ここで一つ知っておきたい絶対的な事実があります。それは【釣れないワームカラーはない】ということ。

裏を返すと、どのワームカラーでもメバルは釣れるとなります。

大事なのは、状況を見極め「その場に適したワームカラー」をセレクトすることであり、ここは引き出しの多さが釣果に直結する部分でもあります

 

「黒色ワーム」メバリングにて絶対的に持っておいたほうがいいです

かれこれ10年以上という月日にてメバリングを楽しんでいますが、「黒色のワーム」はメバリングにて効果絶大なカラーだと感じています。というより、実績高すぎて離すに離せないカラーです

前述したように「どのカラーであってもメバルは釣れる」のですが、一定の条件下にて黒色のワームは・・・

え、釣れ過ぎじゃない?

まさに暴力的。申し訳ないほどバイトが集中し、バッチリタイミングを合わせると「一人勝ち」になることも珍しくないです。

じゃあなんで「黒色はメバルが釣れるのか?」「どのタイミングで使うべきなのか?」この辺りをハッキリさせておきましょう

 

なぜ黒色のワームカラーが釣れるのか?そのメカニズムを考える

黒色のワーム、メバリングにて瞬発的な釣果アップを目指せるカラーなのですが、、ではなぜ「黒色ワーム」がメバリングに効果絶大なカラーなのか?を考えてみます

まず、ここで言う黒色カラーは「ソリッド系」なブラックカラーであり、光を通しにくい性質を持ってます。それに加え黒ですから、遮光性は抜群ですね

クリアなワームだと光りをしっかり通すため「水中でその存在をボカス」ことができますが、ソリッドなブラックカラーはその真逆を突き進むことができます

つまり・・・

 

月夜や常夜灯など、明るい状況下で「シルエットをハッキリ」出すことができる!

のです。つまり、メバルから見て「ハッキリとワームの存在を認識できる」ということ。光りを通しにくいため、下からワームを見上げたとき、バチッとシルエットが浮かび上がるイメージです

これ、逆効果のときもあります。ハッキリとワームを見せすぎるとバイトが遠のくこと、過去幾度となく経験していますが、、、当然その逆もあるわけです

つまり、「黒色ワームを持っていることでこそ釣果を最大化できる」状況下があるため、カラーローテーションの一つとして持っておくと釣果の最大化を図ることができる・・・ということですね!

 

リブリブのロックブラック、メバリングでの実績、すごく高いです

さて、ここまでお読み頂けると「黒色ワームをメバリングで使うメリット」を知って頂けたと思います。正直、、敢えて黒色ワームを持たない選択をする必然性、全くないですよね。釣れますから

で、最後に少しだけPRさせてもらいたいのですが、この記事を書かせて頂いている僕は、釣具メーカー「リグデザイン」にて製品開発を担当しております

当然、「ソリッドな黒色カラー」をラインナップしているのですが、、

圧倒的、圧倒的に「不人気なカラー」となっています。黒色って華やかさがないですし、ラメとかグローとか、目立つカラーに比べ使ってもらえる比率がやけに低いです

ただ、事実ベースで「黒色は持っておきたいワームカラー」

であることは確かですし、この事実を知っている人だけが使ってる・・・というイメージですね

で、この(釣れるのに)圧倒的不人気な黒色ワーム(ロックブラック)というカラーをお得に入手して頂ける特別なオファーを用意させて頂きました!

ワームは全国各地500名以上の方に使って頂いている「リブリブ」というワーム。

兎にも角にも一度見てもらいたいので、「黒色ワームをメバリングで使いたくなってきた・・・」という人、ぜひ覗いてみてください!

 

PAGE TOP
最強ワームが当たる?
毎月開催!プレゼントキャンペーン!
詳細はこちら