Loading

BLOG

ライトゲームで装備しておくべきアイテムまとめ

今回は、アジングやメバリングなどのソルトライトゲームを楽しむときに、装備しておきたいアイテムをまとめていこうと思います。実用的な装備から、自身の安全を守るための装備などについてまとめていこうと思いますので、これからライトゲームを始めようと考えている人も、今現在ライトゲームを楽しんでいる人も、参考にして頂ければと思います。

ライト(ヘッドライトやネックライト)

¥8,467 (2019/04/25 20:26:43時点 楽天市場調べ-詳細)

ライトゲームは、どちらかと言うと「ナイトゲーム(夜)」が主体となる釣りです。常夜灯が常に点いている場所であっても、ヘッドライトなどの光源がなければ仕掛けを用意するのが困難であったり、安全面で不安が残ってしまうため、必ず用意しておきましょう。個人的には、ハピソンからリリースされている「チェストライト」をメインに使用しており、より暗い場所(闇磯など)に釣行するときは、チェストライト+ヘッドライトの組み合わせで、ライトゲームを楽しむようにしています。

明るさを示す「ルーメン」ですが、あまりに暗いものであれば安全面で不安が残るため、少し値は張るものの、200ルーメン以上のものを用意しておけば安心です。

バック(ウエストバッグなど)

どんなものでも構いませんが、釣り用として「何かしらのバッグ」を用意しておくと便利です。リュックサックやショルダーバッグでも良いですが、個人的にはウエストバッグがライトゲームに一番適しているんじゃないかな?と感じているため、ある程度に参考までに。

ライトゲームは細かい小物が増えるため、釣り用で使うバッグは小分けに収納できるものが便利です。収納スペースが単調なバッグだと、どこにどの道具を閉まったのかが分からなくなり、せっかくの貴重な釣行時間にガサゴソとカバンを漁らなくてはいけない羽目になるため、どこに何を入れたのか?が明確に把握できる収納スペースを確保したバッグを選んだほうが良いですね。

ライトゲーム用ランディングツール

必ずしも必要ではありませんが、尺越えのアジやメバルなどが釣れたとき、より安心安全にピックアップするために、ライトゲーム用のランディングツールがあれば便利ですね。ライトゲーム用のタモは5000円ほどで売られていることが多いため、自分の好きなメーカーのものをゲットしておけばオッケーです。

特に、ライトゲームの外道として良く釣れる、シーバスやチヌの魚影が濃い場所でライトゲームを楽しむときは、なるべくランディングツールを持っていくほうが良いと思います。時に80cm近いシーバスが普通にヒットしますからね、当然抜き上げることはできませんので、ランディングツールがなければ逃す以外方法がないのと、無理にやり取りすれば大事なロッドの破損にも繋がるため、その点を考慮してもランディングツールがあるほうが安心です。

フィッシュグリップ

¥1,555 (2019/04/25 20:27:00時点 楽天市場調べ-詳細)

釣れた魚を素手で触らずにキャッチすることができる便利装備品です。魚の口に挟むタイプのものもありますが、ライトゲームで釣れる魚のサイズは〜30cmが中心となるため、ワニグリップのような挟み込むタイプのフィッシュグリップがおすすめです。

ちなみに個人的には、ワニグリップミニを活用しています。

メジャー

¥1,400 (2019/04/25 20:27:00時点 楽天市場調べ-詳細)

ライトゲームの好敵手であるアジやメバルは、1cm単位でサイズを記録することが多いです。その記録用にメジャーを装備しておくと、大きなビッグワンが釣れたときの記録をその場で撮ることができるため、持っておくに越したことはないでしょう。持ち帰ってから測ってしまうと1cm単位で魚が縮んでしまうこともあるため、釣ってすぐに計っておくことをおすすめします。

フィッシングプライヤー

魚の口からフックを外すときに、フィッシングプライヤーがあると便利です。素手で取り外せないこともないですが、誤って手にフックが刺さってしまったり、手が汚れてしまう懸念があるため、プライヤーにて針はずしを行うことをおすすめします。

ライフジャケット

釣り場を見渡すと、ライフジャケット未装着の人の多さにびっくりしますが、万が一海に落水したとき、ライフジャケットの有無で生存率が大きく変わってくるため、必ず着用するようにしておきましょう。最近では高性能な「ウエストベルトタイプ」のライフジャケットが安価で売られているため、ライトゲームではそのようなウエイトベルトタイプのライフジャケットがおすすめです。

バッカン

Buccaneer(バッカニア) Buccaneer オリジナルバッカン 36cm BOB1W【あす楽対応】

少し荷物が多くなりますが、ライトゲームの装備品として「バッカン」がおすすめです。個人的なバッカンの使い方ですが、ライトゲームで使う道具を収納するのはもちろんのこと、中に小さめのクーラーバッグを入れておくことで、短時間釣行であればクーラーボックスを持たず、魚を保存しておくことができます。

また、竿立て付きのバッカンがあると、想像している30倍は便利です。そのため、最初から4本の竿を立てかけることができるポケットが4つ付属しているバッカニアのフィッシングバッカンを、個人的に愛用していますので参考までに。

リグデザインはアジング・メバリングなど、ソルトライトゲーム製品をリリースしているメーカーです

Amazonでリブリブを見る


関連記事

  1. メバリングは、シーバスロッドやエギングロッドでも楽しむことができるのか?

    2018.12.19
  2. ガシリングの【ワームの選び方】と、釣れるおすすめのワーム

    2019.04.08
  3. アジングで釣れないときに考えられる6つの理由

    2018.11.30
  4. ガシリングにショックリーダーは必要?→PEラインを使うときのみ必要!

    2019.04.18
  5. ガシラの「アタリ」と「合わせ方」を知り、釣果を飛躍的にアップさせよう!

    2019.04.18
  6. 【アジング】ワームが飛ばない・・・飛距離はどれくらい必要?

    2018.11.28
PAGE TOP