Loading

BLOG

LIGデザイン「リブリブ」の詳細と使い方まとめ

このページでは、LIGデザイン初のライトゲームワームとなる「リブリブ」の詳細スペックや、アジ、メバル、ガシラなどなど、ライトなターゲットをコンスタントに釣るための「使い方」についてのまとめです。「リブリブ」はそのシンプルな見た目からも分かるように、初心者アングラーであっても、玄人アングラーであっても、より簡単に扱うことができ、より簡単に釣果を得ることを意識し制作致しましたので、ぜひその威力を体験して頂ければと思います。

LIGデザイン「リブリブ」の特徴

LIGデザイン「リブリブ」は、その名の通りリブが特徴的なワームであり、↑写真を見ての通り「リブを深く大きく作って」あります。リブが大きくなるとどのような影響があるのか?という点ですが、リブが受ける水の量が多くなり、つまり「抵抗力」が増すことになるため、リトリーブ(ただ巻き)での操作感の向上や、フォールスピードのスロー化(水の抵抗を受けることによりゆっくり沈む)に繋がるのです。

また、リブから出される微波動が魚の興味を引き、魚が何の躊躇もなくバイトしてくる・・・と言った効果も、同時に得ることが可能となっています。(従来のライトゲームワームに比べマテリアルの質量が多め(ファットボディ)となっているため、アピール力抜群です)

カラーラインナップ

リブリブで釣ることが出来る魚

LIGデザイン「リブリブ」で狙うことのできる魚種は何なのか?という点ですが、これは「ライトゲームで釣れる魚全般」だと認識頂いてオッケーです。リブリブの制作段階(実釣テスト)で釣れた魚としては、アジ、メバル、ガシラ、ライトゲーム御三家はもちろんのこと、アコウ(キジハタ)、チヌ、シーバス、タチウオ、カマスなどなど、とにかく色々な魚種が顔を覗かせてくれました。

ライトゲームのメインとなる「アジング」「メバリング」はもちろんのこと、その他魚種を狙うときにも活躍の幅が広がるワームだということを確信し、リブリブをリリースさせてもらいましたので、ぜひリブリブを使い、沢山の魚種を狙って頂ければなと思います。

組み合わせるジグヘッドについて

リブリブはライトゲーム用にリリースされている「ジグヘッドリグ」と組み合わせ、使うようにして頂くようにして下さい。ジグヘッドの重さは狙う魚種により調整するのが一番ですが、0.4g〜5gまでのジグヘッドと組み合わせるのがベストだと考えているため、ご自身の釣りにあったウエイトをセレクトして頂ければと思います。(一例を挙げると、アジングであれば0.4g〜2g、メバリングであれば1g〜2g、ガシリング(ロックフィッシュ)であれば〜5gが最適)

また、リブリブは「大きなリブ」を有しているワームであり、リブが小さなワームと比べると(水の抵抗力の差で)フォールスピードが遅くなるという特徴を持っています。そのため、リブが小さいワームと比べると【少しだけ重たいジグヘッド】と組み合わせることが可能となるため、飛距離が欲しいが、フォールスピードを速くしたくない。そんな場面でも活用することが可能です。

LIGデザイン「リブリブ」の使い方

全ての釣りにおいて「100%魚が釣れるテクニック」はなく、その日その場所に適した使い方をするのが一番ですが、「リブリブ」の実釣テスト段階で最も反応が良かった、スタンダードな使い方をここでまとめておこうと思います。

「ただ巻き」「フォール」「ボトムコンタクト」←目新しいものこそありませんが、この3つの使い方を駆使することで非常に高確率で釣果を得ることができるため、ぜひご自身の釣りへ反映して頂ければと思います。

ただ巻き

ライトゲームにおいて最も「スタンダード」と言える釣りですが、極めようと思えば思うほど奥が深いテクニックで、ただ巻きスキルの有無が釣果を大きく分ける・・・簡単なようで難しいテクニックです。

メバルやシーバスなどは「ただ巻き」に好反応を示すことが多いですが、その日の活性によりアジやカマスなど、沢山の魚を狙える使い方でもあるため、その日のサーチ役として、まず始めに試してみることをおすすめします。

 

リブリブのただ巻きでコンスタントに魚を釣るために必要なのは「レンジの調整」であり、つまり表層、中層、ボトム、どのレンジに魚がいるのか?という点を意識することです。例えば、ボトム付近に魚がいるにも関わらず、表層付近を攻めている・・・←これでは釣れない可能性のほうが高くなってしまうため、アタリがないときは攻めるレンジを調整し、レンジキープを限りなく意識した釣りを展開することで、沢山の釣果を得ることができるようになります。

フォール

リブリブのただ巻きだけで反応がない・・・そんなときに試したい使い方が「フォール」を交えた釣りです。具体的に言うと「リフト&フォール」「シェイク&フォール」「リトリーブ&フォール」などのテクニックがここに該当しますね。

特にアジやロックフィッシュは「上から落ちてくるものに対し好反応を示す」傾向にあるため、アジング、ライトロックフィッシュゲームを楽しむ上で、必ず外せないテクニックでもあります。

 

アジングを例に取った使い方をお話すると、キャスト後任意のレンジまで沈め(カウントダウンでアジのいるレンジを把握することが大事)、チョンチョンと軽くロッドアクションを付け、その後テンションフォール(ラインテンションを張りながら沈める)でジワーっとフォールさせ、元のレンジに戻ったタイミングで再度これを繰り返す。後は、アタリがあるまで繰り返すだけでオッケーです。

また、状況によってはテンションフォールではなくフリーフォール(ラインテンションを抜いてフォールさせる)にしか反応がないときもあるため、その辺りは現場合わせで調整して頂ければと思います。

ボトムコンタクト

ガシラなどのロックフィッシュを狙うときはもちろんのこと、メバルやアジがボトムに沈んでいるときは、絶対的に【ボトムにコンタクトさせた釣り】を展開しなければいけません。このような状況下では、ボトムから1m以上離してしまうと釣果が激減してしまうため、「ボトムから離さない」ということを意識した釣りが、釣果を分ける大きな鍵となるのです。

リブリブを使ったボトムコンタクトの釣りを展開する使い方ですが、キャスト後必ずボトム着底を確認し、2〜3回ほどスローリトリーブでただ巻きします。その後テンションフォールでジワーっと沈め、再度着底後、これを繰り返します。

 

どうしても根掛かりリスクが増してしまう釣り方ではありますが、リブリブが持つアピール力と、ジワーとスローフォールする動きがマッチし、ボトムにいる魚たちを一網打尽にしてしまうほど威力の高い使い方でもあるため、ぜひやってみて下さい。

「リブリブ」のお求めはコチラ

公式通販サイトはコチラ→LIGデザインWEBショップ

ホワイトグロー

チャートイエロー

ケイムラクリア

リグデザインはアジング・メバリングなど、ソルトライトゲーム製品をリリースしているメーカーです

Amazonでリブリブを見る


関連記事

  1. 【リブリブ】釣果ギャラリー

    2018.12.09
PAGE TOP