リグデザイン「リブリブ」はなぜこうも釣れるのか?「特徴」「使い方」まとめ

リグデザイン第一弾となる「リブリブ」ですが、今となっては全国各地沢山の方にご愛用して頂き、リブリブを使って頂いた釣果報告を元にとてつもない数の釣果データベースが出来上がっています。

今回は、リグデザインの人気ワーム「リブリブ」の特徴や使い方などについて、具体的にお話していこうと思います。アジング・メバリングにて「使うワームを探している!」そんな人も、ぜひご一読頂き、よければ「リブリブ」にて最高の釣り体験を得て頂ければと思います!

ユーザー様が1000名を超えました!ありがとうございます

リグデザイン「リブリブ」の特徴


SPEC

  • 2インチ
  • ボディ
  • 全体のリブ
  • 少しファットなボディ
  • 計算された柔らかさ
  • アジ・メバルetc..

リグデザイン「リブリブ」の特徴はこんな感じ。アジングにて多用される2インチという抜群のサイズ感に、存在感を示す少しファットなボディ、そしてボディ全体にあるリブの力により、これまで恐ろしいほどの釣果を叩き出してきました。

ちなみにリブリブはメイド・イン・ジャパンであり、熟練職人のハンドメイドにて生産しています。その故、硬度、カラーなどの自由度が高く、より釣果に優れたワームを生産することができるようになります。(1本辺りの単価が高くなるというデメリットもありますが・・・)

なぜリブリブはこうもアジ・メバルが釣れるのか?


  • 2インチジャストサイズ
  • 絶妙な硬さ調整
  • リブによる水受け
  • ファットボディがアピール大
  • 抜群の浮力
  • スローフォールの実現

リグデザイン「リブリブ」は、このような釣れる条件を一つ一つクリアし、合理的に釣果を得ていくことを目指しています

・2インチジャストサイズ 個人的な経験として、アジング・メバリングには2インチがスタンダードと考えてます
・絶妙な硬さ調整 針持ちを犠牲にせず、それでいて吸い込みに対する柔軟性を持つ硬度
・リブによる水受け ボディ全体に深めのリブが入っていることにより、水を受ける面積が大きくなり、結果として「操作性上昇」「スローフォール」を実現
・ファットボディ 少しファットなボディがアピール力を底上げ。アジングは細身がいい!よく言われていることですが・・・そう思っている人こそ使ってみて下さい。釣果に驚きます
・浮力 ハンドポワードの製法上、内部に気泡が入り「浮力」が増します。
・スローフォールの実現 リブによる水受け+ファットボディ+浮力にて、抜群のスローフォールを実現。釣れない訳、ないですよね?

リブリブのカラーラインナップ

左から

  • ロックブラック(ソリッドカラー)
  • ケイムラクリア(紫外線発光)
  • シャンパンホタル(点発光)
  • チャートイエロー
  • コアラメ
  • ホワイトグロー(フルグロー)
  • おしゃれラメブルー
  • おしゃれラメチャート
  • おしゃれラメピンク

全9色です。どれもこれも実釣にて恐ろしいほどの釣果を出してくれてますが、その日の状況にて反応良しなカラーが変わるため、3色〜ほどは異なる系統を揃えておくことをリグデザインでは強くおすすめしています

>リブリブを使ってみる

実績多数!全国各地で驚きの釣果あり

発売元がこれを言うとセールストークばりばりの味気ない一言に捉えられてしまうかもしれませんが・・・事実ベースでリブリブは「全国的にアジ・メバル釣果報告を驚く数頂いて」おります。リグデザインでは全国各地のユーザー様に釣果報告を頂ける仕組みを作っており、それによって連日沢山の釣果報告を頂き、(正確に数えていないと申し訳ないですが・・・)軽く5000枚以上の釣果写真をシェアしてもらってます

>Amazonにもあります♪

リブリブの使い方

リグデザイン「リブリブ」にてコンスタントな釣果を得るための「使い方」を3つご紹介。実釣にてアジ・メバルを数千匹以上釣ってきた実績ある方法なので、ぜひご一読ください

フォール

特にアジングに有効的。もちろん、メバリングにも効く

アジングでは「フォール」にてアタリを取り、バシッと掛けていく釣り方がスタンダードです。具体的な釣り方としては・・・


  1. キャスト
  2. カウントでレンジを取る
  3. チョンチョンとシェイク
  4. テンションフォール
  5. ジワーっと数秒アタリを待つ
  6. アタリがあれば即合わせ
  7. なければ再度繰り返し

こんな感じですね。ちなみに「カウント」とは、仕掛けが着水してから何秒のレンジにアジがいるのか?を探る方法であり、僕の場合は表層から5秒刻みで探っていくことが多いです(良型狙いのときはボトムからいくときもある)

また、アジングはもちろんメバリングでもこの釣り方は最強。リトリーブメインでメバリングをやっている人は、フォールにてメバルを狙ってみてください。驚くほど釣れます

ちなみに「リブリブ」は前述通り、リブ+ファットボディ+浮力にて超フォール向きワームです。多くの人にこのポテンシャルを経験してもらいたい・・・

ただ巻き

主にメバリング向け。リトリーブにて浮いている魚を狙う

文字通り、投げて巻いてくる釣り方です。「リブリブ」はリブが水を受ける構造となっており、水中での存在感をはっきりと感じ、変化を捉えながらの攻めが得意です

アジングはやはり「フォール」主体の釣りとなるため、どちらかと言うとメバル向けの釣り方。メバルが表層に浮いているときは、スローリトリーブにてリブリブを巻いてくると、ドン!です

ボトムコンタクト

アジ・メバル・ガシラ(根魚全般)よく釣れます。ただし、根掛かり必須

リブリブをボトムまで沈め、ボトムにノックしながら釣っていく方法です。ボトムに置きすぎる、ボトムにコンタクトさせすぎると、どうしても「ガシラ」釣果が多くなるため、少し浮かした状態でボトム付近をスライドさせていくのも有りですね。少し難易度が上がりますが、ボトムにいるアジやメバルを狙うときに最強です


ただ巻き、フォール、ボトムコンタクト、この3つを「リブリブ」にて実践すると、渋いときでも何かしらの魚を連れてきてくれるとは思います。少し自慢ですが、ここ数年「リブリブ」を含む製品を使ったライトゲームにてボウズを食らった記憶がありません

>リブリブを使ってみる

リブリブで最高の釣り体験を

これを見た多くの方に、「リブリブ」を体験してもらいたい・・・

リグデザインでは「最高の釣り体験を」をブランドコンセプトとしています。つまり、リグデザイン製品を使って頂いたユーザーの皆さまに、人生における釣りを通した楽しみを更に得てもらいたい、その気持ちで製品開発に取り組んでいます

リブリブはリグデザイン第一弾となるワームであり、個人的にも思い入れのあるワームです。僕自身、リブリブを使い驚くほどの釣果を得ていますし、全国各地にいるユーザーさんからも毎日のように釣果報告を頂いております

ぜひ、「リブリブ」を使った最高の釣りを楽しんでもらえればすごく嬉しいです

>ぜひリブリブを・・・


アジ・メバルを釣りたい人は「この最強ワーム」を使ってみてください

最強ワームの詳細を見る
  • 関連記事
PAGE TOP