アジングロッドの長さのベストを決める!5ft・7ft、短いロッドと長いロッドを比較し考えてみる

今回は「アジングで使うロッドの長さ」について、リグデザインのプロスタッフである僕ヤマグチの主観をまとめていきたいと思います。使うアジングロッドの長さによってまるで嘘のように釣りがしやすくなり、結果として釣果が伸びることもあるため、ぜひ最後まで目を通して頂けると嬉しいです。

たかがアジングロッドの長さ、されどアジングロッドの長さですよ。釣果を伸ばすのに欠かせない項目です。

https://lig-design.com/wp-content/uploads/2018/09/釣り-5-300x300.png
リグデザイン

↑リグデザインではアジングに超有効的なワームをリリースしております。アジングロッドの長さが決まった後、ぜひ実釣で使ってみて下さい!

アジングロッドの長さは「短い」ものが主流

アジングロッド、各社から数え切れないほどのシリーズが出されていますが、傾向として「アジングでは短いロッドが主流」であると考えて間違いありません。後ほど短いアジングロッドのメリットをまとめますが、感度良く軽量リグを操作することが主となるアジングにおいて、アジングロッドの長さは「短いほうが良い」というのが全体的な意見です

単に「短いアジングロッド」と言うと抽象度が高すぎますが、ここで言う短いアジングロッドとは「5ft」クラスの長さであり、6ftを超えるとちょっと長いかな?ぐらいの認識で僕は考えています

7ftなど「長いロッド」をアジングで使うことによるメリット

長いアジングロッドと言うと抽象度が高すぎるため、ここでは7ftクラスのアジングロッドを「長いアジングロッド」と位置づけます。もちろんこの辺りの感覚は人により異なるため、あくまで僕の感覚であることを考慮しつつ参考にしてもらえればと思います

先程もお話した通り、現時点では短いアジングロッドの需要が高い傾向にありますが、もちろん長いアジングロッドが有利になる状況下も存在します。では、長いアジングロッドを使うことで得られるメリットについて考えてみます

・海面までの距離が遠いとき
・飛距離が伸びる
・アジとのやり取りに余裕が生まれる

海面までの距離がある場所で恩恵を得られる

アジングを楽しむ場所によっては、足元から海面までの距離が怖いほど遠いときってありますよね。干潮だと更に遠くなり、リグの操作はもちろん魚とのやり取りなど、海面までの距離が遠いほどデメリットが増します。

海面までの距離が通りポイントにてアジングを楽しむときは、やはり長いロッドを使うほうが有利となり、短いロッドを使うよりはプラスに働く点が多くなるため、よく行くポイントが「海面までの距離が遠い場所」であればレングスが長いアジングロッドを選ぶことも一つの手です

ちなみに僕はどんな状況下であっても5ft台のロッドを使うことが多いです。7ft台のアジングロッドを使うときはキャロやフロートを使ったアジングを楽しむときが中心です

合わせて読みたい
アジングを楽しむ場所はこう選んだほうが良い

少し飛距離が伸びる

一般的に、ロッドの長さがあるほうが「飛距離が伸びる」とされています。リグの重みを竿に乗せキャストすることができるのと、単純に高い位置からキャストできることによるアドバンテージを得られますからね、ほんの少しの伸びですが、ほんの少しの飛距離を大事にしたい人は長いアジングロッドを使うこともありです

アジングロッドの主流として、所謂「先調子」のパツパツ系ロッドが軸となりますが、7ft台のアジングロッドってペナペナのスローテーパー寄りが多い傾向にある気がします。つまり、長いアジングロッドはキャストの溜めを得ることができるため、ここも飛距離が伸びるポイントであると言えますね

ただ、あくまでアジングでは1g前後を使うことが多いため、そもそも飛距離重視で釣りをするなら「ジグ単という選択肢を捨てる」ということも大切です

合わせて読みたい
アジングで必要な飛距離を考える

やり取りにプラスが生じる

短いアジングロッドはパツパツ「先調子」が主軸となるため、どうしてもアジとのやり取り面でデメリットが出ちゃいます。竿が曲がりにくいですから、どうしても溜めがなくなります。ドラグを活用したり、そのデメリットを消すテクニックがありますが、単純に溜めのあるやり取りを望むなら魚の引きに対しグンと曲がるロッドのほうが良いに決まってますよね

僕は先調子のパツパツロッドが好きですが、スローテーパー寄りのアジングロッドも持ってます。魚の引きに対し柔軟に曲がってくれるため、これはこれで病みつきになるんですよ・・・。極論を言えば、長いロッドも短いロッドも持っておいたほうが色々楽しめると言えますね

5ftなど「短いロッド」を使うメリット

7ftなど長いアジングロッドのメリットを書き出しましたが、僕個人的な意見としては「やっぱり短いアジングロッドがおすすめ」と胸を張って言い切れます。これまで沢山のシリーズ、レングス、テーパーを使ってきましたが、総合的に見るとやはり「短くで先調子なアジングロッド」がベスト・オブ・ベストだと感じています

なぜなら、短いアジングロッドにはアジングで釣果を伸ばすために欠かせないメリットが詰まっているから。ギューギューに詰まってるんですよ、短く先調子なアジングロッドにはアジを釣るためのメリットがゴロゴロと

・感度がよくなる傾向
・操作性が抜群

主にこの2点が短いアジングロッドを使うメリットで、この2点がアジングで釣果を最大化するために欠かせないポイントです。では、この2点に対する僕の考え方をまとめます

感度がよくなる傾向

アジングって、アジの行動から得られるアタリをモノにし、そのアタリに対しバシッと掛けていくことが大事です。逆に言うと、アタリが分からないと話になりませんし、アタリが分かっても合わせまでの間が空くと上手く釣果を伸ばせません

つまり、ロッド感度が悪いと釣果を伸ばすことが難しくなり、ロッド感度が良いほど釣果を最大化できる可能性が高くなります。いや、高くなるどころか爆上がりです

 

ロッドレングスが短くなると単純にアタリが伝わる速度が速くなるでしょうし、5ftクラスの特徴とも言える先調子のパツパツロッドは鋭くアタリを伝導してくれます。後は使われている素材であったりロッド重量によって差が出ますが、基本として「短いアジングロッドは感度が高い傾向であり、結果として釣果が伸びやすい」と僕は考えています

ただ、長いアジングロッドでも感度面抜群なものがありますし、絶対的に「短いロッドのほうが感度がよく釣れる!」というつもりは毛頭なく、あくまで「より感度面を優遇するなら短いアジングロッドのほうが良いだろう」という認識にていれば完璧です

操作性がよくなる

単純に、長いロッドよりは短いロッドのほうが小回りが効くため、操作性が格段に高くなります。アジングでは1g前後、ときに0.2gなど超軽いリグを使うことになるため、操作性を無下にすることは1つタイヤが外れている車を選んで乗るほどあり得ない選択肢だと考えています。

細かいロッドワークにてワームを操作しアタリを待ち、そのアタリに対してバシッと素早い合わせを入れる・・・アジングの醍醐味ですよね。アジングにおいてロッドの操作性は思っているより大事な要素です。ただし、足場が高い場所であれば長いロッドの優位性が高くなることも同時に考慮しておくことをおすすめします

 

「アジングロッドの長さはどの程度が適切か?」という問に対する僕の考えとしては「5ft台の短いアジングロッドがおすすめ」であり、釣果を最大化するには短く先調子であり、感度良く操作性良いロッドが抜群に良い!ということで。ただ、極論を言うと「両方持っておいたほうが良い」というところに行き着くのは内緒です

https://lig-design.com/wp-content/uploads/2018/09/釣り-5-300x300.png
リグデザイン

大人気御礼!リグデザインのアジングワームにて釣果を最大化してみて下さい!

最高のパフォーマンスで釣果を最大化しよう!リグデザイン製品をオンラインストアでチェック!

オンラインショップはこちら

最近の記事

  • 関連記事

カテゴリー

PAGE TOP