Loading

BLOG

アジングロッドの長さを決めるときのポイント

今回は、ロッド購入時に迷うべきポイントの一つ「アジングロッドの長さ」について、LIGデザイン山口的な考えをまとめていこうと思います。アジングで使うロッドは長いほうが良いのか、それとも短いほうが良いのか?ぜひ参考にして頂ければと思います。

アジングでは、レングスが短いロッドが主流になりつつある

アジングでは長いロッドのほうが良いのか?それとも、短いロッドのほうが良いのか?という話は一旦置いておき、最近の主流としては「アジングではショートレングスロッドを使う」ことが当たり前となってきています。

5ft台の長さはもちろんのこと、4ft台の長さまでリリースされているため、アジングロッドの長さを決めるときの基本としては「レングスが短いロッドが主流」だと考えておくほうが良いでしょう。実際、LIGデザインに関係しているアングラーの多くは、5ft台のロッドを使っている人が目立ちます。

 

しかし、「何が何でもアジングでは短いロッドを使うほうが良いのか?」となると、そうではなく、「状況(自分の釣り)に合わせたロッドの長さ選び」が非常に重要な要素となるため、この辺りを考慮しつつ、「アジングではどの長さをセレクトすれば良いのか?」という点について、考えていこうと思います。

長いアジングロッドのメリット

まず、長いアジングロッドを使うときのメリットを考えていこうと思います(ここでは、6ft後半から7ft以上のアジングロッドを、長いアジングロッドと定義します)

・海面までの距離が離れている場所で扱いやすい
・飛距離が伸びる
・アジとのやり取りが楽になる

レングスが長いアジングロッドを使うことで、上記のようなメリットを授かることができるようになるため、このメリットが自分のアジングに有効的だと感じた人は、レングスが長いロッドをセレクトするほうが良いと言えますね。

では、それぞれのメリットを、一つずつ見ていきましょう。

海面までの距離が離れている場所で扱いやすい

アジングを楽しむ場所にによっては、立ち位置から海面までの距離が5mとか6mとか、とにかく、海面までの距離が遠い場所もあるでしょう。このように、海面まで距離がある場所で、レングスの短いアジングロッドを使ってしまうと「操作性が非常に悪く」なってしまうため、このような場所でアジングを楽しむときは、6ft〜7ft台のアジングロッドが活躍することでしょう。

飛距離が伸びる傾向

一般的な認識として、ロッドレングスが長くなるほど「飛距離が向上する」とされています。軽量リグを扱うことになるアジングにおいて「飛距離の向上」は非常に大きな武器と成り得るため、飛距離が必要な場所でアジングを楽しむ場合、長いロッドのほうが適していると言えますね。

ただし、1g前後のリグを扱うことになるアジングでは、長さよりも振り抜けの良さが飛距離向上に繋がるケースもあるため、つまり「自分がキャストしやすい長さのロッド」を選ぶのが一番であり、飛距離が欲しいからと言ってロッドを長くし過ぎると「反対に飛距離が低下する」ことに繋がることも懸念されるため、この辺りを考慮した上、アジングロッドの長さを決めて頂ければと思います。

アジとのやり取りが楽になる

ロッドテーパー(ロッドが曲がる点)にもよりますが、6ft、7ftとロッドレングスが長くなるにつれ、魚(アジ)とのやり取りが楽になる傾向にあります。短いロッドだと、どうしてもアジの引きに対し(ロッドの)曲がりが少なくなるため、粘りのあるやり取りを展開し難くなる・・・ということが懸念されるのです。

そのため、アジの引きを上手くいなし、粘り強いやり取りを希望する方は、比較的レングスの長いロッドを使ってみることをおすすめします。

短いアジングロッドのメリット

続いて、短いアジングロッドを使うことで得られるメリットをまとめていきます。(ここでは、5ftクラスのアジングロッドを、短いロッドと定義しておきます)

・操作性が良くなる傾向
・感度が良くなる傾向

このように、短いアジングロッドを使うことでこのようなメリットを得ることができるようになります。では、それぞれ一つずつ、詳しく見ていきましょう。

操作性が良くなる傾向

ロッドレングスが短くなるほど取り回しが良くなり、操作性が向上します。特に、漁港の常夜灯周りやちょっとした港湾部などの小場所でアジングを楽しむときは、短いアジングロッドの恩恵に授かることができるでしょう。

ただし、前述の通り「飛距離が伸びない(傾向)」「足場の高い場所で不向き」と言ったデメリットもあるため、メインとして釣行するフィールドの特徴を良く考え、アジングロッドの長さを決めて頂ければと思います。

感度が良くなる傾向

アジは所謂「吸い込み系」の魚のため、手元にアタリを感じたと同時に、バシッとフッキングを決めてやる必要性が出てきます。合わせが遅れると極端に釣果へ差が開くことになるため、如何にアジのアタリを感じ、如何に素早く掛けることができるか?が、釣果を分ける大きなキーポイントとなるのです。

そのため、アジングではロッド「感度」の良さが必要不可欠となり、一般的には「良い素材が使われているもの(ハイエンドになるほど感度が良くなる傾向)」を選ぶことが一番ですが、実は「ロッドレングス」も(若干)感度の良し悪しに影響してきます。

 

一般的には「レングスが短くなるほど感度が良くなる」とされているため、少しでも感度良くアジングを楽しみたい。そう考える人は、短めのアジングロッドを使い、釣りを楽しんでみてはどうでしょうか?

場所によって使う長さを変えるのが一番

結局、アジングロッドの長さを決めるときは「どのくらいの長さが最適なのか?」という点ですが、基本的には【使う場所】によって、異なるロッドレングスを使うことが理想的です。個人的には、5ft、6ft、7ftと、異なる長さのロッドを所有し、使い分けています。

しかし、これからアジングを始めようと考えている人が、最初から2本も3本もロッドを揃えるのは無理があるため、まず最初に選ぶロッドの長さを決める基準としては、やはり【釣行するフィールドに合わせた長さ】をセレクトするのが一番ですね。

 

例えば、手軽にアジングを楽しめる漁港やちょっとした港湾部では5ft台のアジングロッド、足場の高い堤防では6ft〜7ft、サーフやゴロタ浜など、飛距離が必要な場所では(フロートリグやキャロに使用を考慮し)7ft〜のロッドレングスを選ぶ。このような感じでアジングで使うロッドの長さを選ぶのが一番です。

リグデザインはアジング・メバリングなど、ソルトライトゲーム製品をリリースしているメーカーです

Amazonでリブリブを見る


関連記事

  1. アジングは「潮」によって釣果が変わるのか?大潮、中潮、小潮、長潮、若潮、一体どの…

    2018.11.13
  2. アジングは難しい?アジをワームで釣るときの難易度を考えてみる

    2018.11.27
  3. アジングは「ただ巻き」でオッケー?その考え方とやり方を考えてみる

    2019.05.14
  4. 《アジング》メタルジグの使い方と、使うタイミングを知る

    2018.11.28
  5. ライトゲームで【根掛かり】が頻発するときの対処方法まとめ《アジング・メバリングe…

    2019.04.22
  6. アジングは「ハイギア」と「ローギア」どちらが適しているのか?

    2018.09.27
PAGE TOP