Loading

BLOG

淀川、秋のチニング釣行!リグデザイン「リブリブ」を使い、ライトにチニングを楽しんできました

どうも、リグデザインフィールドテスターの山口です(→Instagramやってます)。徐々に冬の足音が聞こえてくる10月下旬、「まだまだチニングを楽しむことはできるかな?」と疑問に感じ、勢いだけで大阪の一級河川「淀川」へチニングを楽しんできたので、そのレポートをまとめておこうと思います。

天気予報とは違う強風下での釣りを余儀なくされたため、5gのチニング用ジグヘッドに「リブリブ」をセット

事前に確認した天気予報では「風速1m〜2m」となっており、今日は快適に釣りが楽しめそうだ・・・と期待を込め、淀川へアクセスすると・・・天気予報とは?と疑問に思わざるを得ないほどの強風が吹き荒れ、いつもはチラホラいる淀川護岸には、人一人の影すら見ることができませんでした。

「か、帰りたい・・・」そんな気持ちを心の奥底へ封じ込め、釣り開始。ここ淀川は手前にゴロタが入っており、数m先からは砂地となっている場所で、チニングを楽しむときは「飛距離要らず」で手前を打っていくのが個人的なセオリーなため、本来であれば2g〜3gほどのジグヘッドにてネチネチ攻めるところ、風に対抗するために5gのチニング用ジグヘッドへ、リグデザイン「リブリブ」を装着し、攻めてみることに。

リブリブの詳細はコチラ
アマゾンでも発売しています

 

チニングと言えば「ボトムズル引き」のイメージが強いですが、個人的にはズル引きよりも「ライトワインド」的な釣り方のほうがしっくりくるし実績も高いため、キャスト後ボトムを取り、チョンチョンと軽めのアクションを入れた後、カーブフォールでボトムを取る・・・を繰り返す感じで、手前のシャローを手返しよく打っていきます。

ライトワインドやダートでのチニングってデイゲーム(昼)のイメージが強いですが、実はナイトゲームでも全然通用します。むしろズル引きよりも好反応を見せることもあるため、ぜひやってみて下さい。

1時間の静寂を切り裂くように、40cm弱のキビレがヒット!

ゴーーっと鳴り響く強風が吹き荒れる中、3投しては移動・・・を繰り返し、目ぼしいポイントを打っていくも、かれこれ1時間ほどアタリすらなし。水温低下と共にチヌの活性も低くなっているのかな?と、シーバス狙いに切り替えようかどうか迷っていたとき、ここで釣神の手が荒んだ僕の心へ手を差し伸べてくれました。そう、ここで風が止んだのです。

先程までの強風が10とするなら、1か2ぐらいの風となり、俄然やる気が。と同時に、何やら水面が騒がしくなり、シーバスかチヌか、ベイトを追いかけ回しているではないでしょうか。急いでキャストし、同じように攻めてみると・・・。

 

ガツン!強烈なアタリと共にドラグが唸ります。こちら、ライトゲーム用ロッドに2000番のリール、ラインはPE2号を巻いているため、慎重に慎重に事を進めていきます。時間を掛け、徐々に徐々に寄せ・・・何とかランディング。上がってきたのは・・・

40cmないぐらいの「キビレ」でした。チニングロッドであれば何ともないサイズではありますが、ライトゲームタックルでは話は別。非常にパワフルかつ、スリリングなファイトを楽しませてくれました。何にせよ、嬉しい一匹です。

何故かハゼラッシュが・・・

その後、2回アタリがありフッキングまで持ち込んだは良いものの、タックルのパワー不足もあり2バラシ。もうそろそろ帰ろう・・・そう思ったそのとき、カツンと何やらアタリが。ん?と思い合わせてみると、チヌではない小さな魚がブルブルと引いています。

バレないようそーっと抜き上げ、その姿を確認すると・・・

そこそこ良いサイズのハゼでした。その後、なぜかハゼの時合に入ったらしく、コンスタントにハゼが釣れましたが、今日はハゼを釣ることが目的ではないため、帰り際に違うポイントを攻めてみよう・・・と、最後に移動してみることに。

場所移動後、キビレ一枚追加!

淀川から車で10分ほどの場所にある、河口に近い場所へ移動してきました。タチウオが入ってそうなため「微妙かな?」と半信半疑で仕掛けを投入すると、なんと1投目からアタリが。だが乗らない。このような状況下が数投続いた後、10カウント→リトリーブ→カーブフォールという攻め方をしていると、カツン!というアタリと共に強烈なダッシュ!コンコンコンと小刻みなアタリを感じ、チヌ(キビレ)確定。

引きの強さ的に40cmあるかな?と期待しましたが、上がってきたのは・・・

 

 

View this post on Instagram

 

LIG DESIGN(リグデザイン) 山口 大輝さん(@lig.design)がシェアした投稿

25cmほどの小さなキビレでした。なぜこんなにパワフルなの?この子。その後30分ほど釣りを楽しみましたが、この時点で6時間ほど釣りをしていたため、さすがに疲れ帰路へ付くことに。

キビレ2枚、ハゼ複数と爆釣まではいきませんでしたが、何とか魚の顔を見れて良かったです。淀川チニング、秋でも通用しますよ!

■使ったワーム

リブリブの詳細はコチラ
アマゾンでも発売しています

関連記事

  1. ゆるふわ釣法でメバル20匹ほどゲット!そのやり方をまとめてみます

    2019.01.28
  2. 自己最短記録?15分だけアジングを楽しんできた(※雨のせい)

    2018.10.26
  3. ジグ単アジングで、13cm〜20cmほどの豆アジゲット!SST(泉南ソルトウォー…

    2018.10.29
PAGE TOP