Loading

BLOG

ガシラが釣れる【時期】と【時間帯】の総まとめ!

今回は、ガシラ(カサゴ・アラカブ)が釣れる時期、時間帯についてのまとめです。ガシラ釣りに限らず、釣りはその時期に釣れるターゲットを、釣れる時間帯に狙うことが鉄則となるため、ガシラが釣れる時期と時間帯を知り、釣果に繋げていくことが大切です。では、ガシラが釣れやすい時期、ガシラが釣れやすい時間帯はいつ、何時なのでしょうか?具体的にまとめていきます。

ガシラは「通年釣れる」魚として釣り人から親しまれている魚

まず、ガシラが釣れる時期はいつなのか?という点ですが、ガシラは「通年釣れる魚」として釣り人に認知されている魚であり、つまり【時期問わず、一年中狙うことができる魚】だと言えるのです。一般的に釣りのオフシーズンと呼ばれる冬であっても、暑さ極まる夏の季節であっても、ガシラが生息している環境(場所)さえ知っておけば、時期問わず一年中ガシラ釣りを楽しむことができます。これは穴釣りや胴突き仕掛けでの餌釣りや、ワームでのガシリングに当てはまることであり、釣り方すら問わず、一年中釣り人を楽しませてくれます。

そのため、ガシラメインで釣りを楽しむときは、時期を問わず行けるタイミングで釣行することが一番ですが、そんなガシラにもやはりハイシーズンとそうでない時期が分かれることもありますので、その辺りについて掘り下げて考えていきたいと思います。

夏がガシラ釣りのオフシーズンと呼ばれる理由

ガシラは通年釣れる魚であり、時期問わず釣りを楽しむことができる魚種ですが、水温が急激に上昇する「夏」の時期は、ガシラ釣り一番のオフシーズンだと考えておくほうが良いでしょう。もちろん、ガシラが全く釣れない・・・ということではないですが、夏時期は大型ガシラの釣果が少なくなり、15cmほどの小さな個体、所謂「リリースサイズ」が中心となるため、個体保護の観点から考えても、夏はガシラ釣りに最も向かない時期だと考えたほうが良いですね。

ではなぜ、夏はガシラ釣りに向いていない時期なのか?という点ですが、ガシラは(どちらかと言うと)高水温を嫌う魚であり、夏の高水温時期になると、サイズが大きな生体は、水温が安定しやすい沖の深場に移動する個体が多くなる・・・とされています。つまり、陸から狙える範囲内には大きなガシラの個体数が少なくなるため、「夏はガシラ釣りに向いていない時期」だと言えるのです。

冬はガシラ釣りのハイシーズン?その理由まとめ

夏はガシラ釣りに向いていない時期だと言えますが、夏の正反対となる冬の時期は、ガシラ釣りのハイシーズンだと言えます。水温上昇により沖へ避難していた大型ガシラが岸寄りによってきますので、秋が深まる頃になると、徐々に釣れるサイズが大きくなってきます。しかし、大型個体が岸寄りに接岸してくるもう一つの理由として「産卵」があり、つまりお腹に卵を抱えてた個体が多くなるため、そのような抱卵個体が釣れたときは、優しくリリースしてあげることも、一つのローカルルールとなっています。

また、冬の低水温期は基本的に釣りのオフシーズンと呼ばれ、釣り物が少なくなる時期であるため、そんな時期にも関わらず当たり前のように釣れてくれるガシラは、釣り人にとって癒やしの存在になることは間違いないでしょう。

ガシラが釣れやすい時間帯

ガシラは通年釣れる魚であり、夏の時期がオフシーズン、冬の時期がハイシーズンだと言うことが分かりましたが、続いて【ガシラが釣れやすい時間帯】について、具体的にまとめてみたいと思います。詰まるところ「ガシラは24時間いつでも釣れる魚」ではあるものの、昼の時間帯、夜の時間帯で狙う場所、狙い方が異なってくるため、その辺りを理解することでより良い釣果を得られることは間違いありません。

まず、昼の時間帯にガシラを狙うときですが、明るい時間帯のガシラは「何かしらの根」に張り付いていることが多く、例えばテトラ帯の隙間であったり、底にある岩の間であったり、外敵から身を守るため「姿を隠していること」が多いです。つまり、昼の時間帯にガシラを狙うときは、ストラクチャー(根)に密接する釣りを展開する必要性があり、所謂「穴釣り」など、ガシラがいる場所にピンポイントに仕掛けを落としてやる必要性が出てきます。

 

一方、夜の時間帯にガシラを狙うときですが、夜の時間帯であっても基本的には「ストラクチャー」周りを狙うことが鉄則となりますが、夜の暗い時間帯になるとガシラの警戒心が薄れ、昼よりはよりイージーな釣りを展開することができます。また、ガシラは「根でジッとしているイメージ」が強い魚ですし、実際その傾向が強い魚ではあるのですが、夜の時間帯は積極的に動き周り、捕食活動を行うこともあります。つまり、根から離れた場所であってもガシラを狙うことができるようになるため、夜の時間帯にガシラを狙うときは、ストラクチャー周りを重点的に攻めることはもちろんのこと、オープンなエリアを狙うことも視野に入れ、釣りを展開していくことが一番です。

昼の時間帯にガシラを狙う場合、夜の時間帯にガシラを狙う場合、この2つについて別ページで詳しく釣り方をまとめていますので、よければそちらも参考にして頂ければと思います。

リグデザインはアジング・メバリングなど、ソルトライトゲーム製品をリリースしているメーカーです

Amazonでリブリブを見る


関連記事

  1. ガシラの「アタリ」と「合わせ方」を知り、釣果を飛躍的にアップさせよう!

    2019.04.18
  2. ガシラ釣りで使う【リール】選びまとめ!番手やギア比など

    2019.04.04
  3. ガシリングのジグヘッドまとめ!【重さや種類】を知っておこう!

    2019.04.08
  4. ガシラの【リリースサイズ】について考えてみる

    2019.04.22
  5. ガシラが釣れない!その原因と理由を考えてみる

    2019.04.19
  6. ガシリングの【ワームの選び方】と、釣れるおすすめのワーム

    2019.04.08
PAGE TOP