Loading

BLOG

一度使ったワームは使い捨てにすべき?

今回は、アジングやメバリングで「一度使ったワームは使い捨てにすべきか、それとも再利用するべきなのか?」という点について、LIGデザインの観点からお話していきたいと思います。

使い捨ては勿体ないが、劣化の進んだワームを使うことは「釣果を落としてしまう」原因となってしまう

メバリングやアジングで使うワームは、1本辺り数十円ほどのコストが掛かってしまうため、ホイホイと使い捨てし、次へ次へ新しいものを使ってしまうと、想像以上のお金が掛かってしまうことになります。下手をすると、1回の釣行で数百円以上のワームを使い込んでしまうことになるため、できる限り【使い捨てせず、長く使う】ことを前提に、ワームを使っていくことをおすすめします。

しかし、アジングやメバリングなどのライトゲームで使うことを前提に開発されているワームは、よりナチュラルな動きを出すためや、魚の吸い込みに対しスムーズに吸い込まれるよう「素材を柔らかく」設定していることも多く、つまり、素材が柔らかいため、【長く使っていると、どうしてもボロボロになってしまう】傾向にあるのです。

 

当然、ボロボロになってしまったワームは、新品のワームに比べパフォーマンスが低下してしまい、そのワームが本来持つ魅力をフルに使えなくなってしまうことになり、結果として「釣果に悪影響を及ぼしてしまう」ことも考えられるため、【使い込んだワームはある程度で見切りを付け、新しいものに交換する】ことが理想的であり、釣果を最大限伸ばすために必要な要素となります。

では、「一度使ったワームを交換するべき時期」はどのようなタイミングなのか?という点について、具体的な考え方をまとめていきたいと思います。

フグに噛みちぎられたとき

ライトゲーム用ワームを使っていると、ときに「フグにワームを千切られる」ということが起きます。フグの魚影が濃い場所へワームを投入しようものなら、ほんの数秒でカツン!カツン!とフグの猛攻にあい、大事なワームが一瞬にしてズタボロにされることでしょう。(太刀魚やカマスなど、歯の鋭い魚も同様です)

このように、フグにワームを噛まれてしまうと、ワームに噛み傷が入ったり、千切れて原型を留めない見るも無残な姿にされてしまうことになりますが、フグ被害にあってしまったワームをそのまま使い続けることは「釣果を落としてしまう一つの原因」になってしまうことが考えられるため、新しいものへ交換することをおすすめします。

 

また、フグの魚影が濃い場所でライトゲームを楽しむと、ワームが幾らあっても足りなくなってしまうほどはズタボロにされてしまうため、フグの居ない場所へ移動し、ワーム持ちを良くすることが鉄則です。

ジグヘッドがズレだすようになったタイミングが交換時期

ワームを長く使っていたり、沢山の魚を釣っていると、ジグヘッドを差し込んでいる穴がどんどん広がり、「リトリーブしているだけでワームがズレる」という事態に発展することがあります。ワームがズレてしまうと、(ワームの)動きそのものに悪影響が出ることも考えられますし、経験上魚の反応が悪くなる傾向にあるため、「毎投のようにワームがズレる」このようなときは、新しいワームに交換することをおすすめします。

また、ワームからジグヘッドがズレやすくなったと感じたときは、再度違う位置から差し直すのも一つの手です。少しフックポイントを変えてやるだけで「ズレなく」なることもあるため、すぐに使い捨てるのではなく、色々試した後、交換するほうが良いですね。

明らかに魚の反応が変わったとき

個人的に、一度使ったワームをすぐに使い捨てることはなく、「ギリギリまで使い込む」ことが多いのですが、このように使い込んだワームを使っていると、明らかに「魚からの反応が悪くなる」ときが出てきます。あくまで感覚値でのお話にはなりますが、明らかに魚からの反応が悪くなったと感じたときは、新しいワームに交換することをおすすめします。

もちろん、古くなったワームでもアジやメバルを釣ることは可能(限界はありますが・・・)ですが、効率的か非効率的か?という観点で考えると、「得られる釣果が少なくなる(傾向)ため、非効率的」だと言わざるを得なくなるため、できる限り新しいものに交換し、釣果を最大限伸ばすことへシフトしたほうが、何かと得策です。

小さくカットして使うのもアリ

↑これはLIGデザインからリリースしている「リブリブ(→リブリブの詳細はこちら)」というライトゲーム用ワームですが、このように、ダメージを受けた部分をカットし、再利用する・・・というのも、一つの選択肢として考えておくのもアリです。(ただし、ワームによってはカットすることによりパフォーマンスが落ちることもある)

このように、アジングやメバリングなどのライトゲームで使うワームは、すぐに「使い捨て」するのではなく、ある程度まで使い込んだ時点で交換することが一番理想的であり、釣果的に見てもコスト的に見ても一番効率的だと言えるため、ある程度の参考にして頂ければと思います。

リグデザインはアジング・メバリングなど、ソルトライトゲーム製品をリリースしているメーカーです

Amazonでリブリブを見る


関連記事

  1. リアクションでアジ、メバルをゲット!【ダート用ジグヘッド】の詳細や使い方をまとめ…

    2018.11.28
  2. ガシリングロッドはこう選ぶ!ガシラを釣る【竿】選びまとめ

    2019.04.08
  3. メバリングで使う「ラインの太さ」は何号が無難?

    2018.12.04
  4. ガシラの【リリースサイズ】について考えてみる

    2019.04.22
  5. メバリングで使う【リールの番手】は、1000番か2000番がおすすめ

    2018.12.03
  6. アジングは「潮」によって釣果が変わるのか?大潮、中潮、小潮、長潮、若潮、一体どの…

    2018.11.13
PAGE TOP