Loading

BLOG

ガシリングにショックリーダーは必要?→PEラインを使うときのみ必要!

今回は、ガシリングにおいてショックリーダーは必要なのか?という点についてまとめていきます。そもそもショックリーダーとは?という点ですが、ショックリーダーは「メインラインの弱点を補うための補助的なラインシステム」のことであり、ショックリーダーを組むか組まないかで釣果に影響することもあるため、真摯に考えていくことをおすすめします。

では、ガシリングではショックリーダーを結束する必要性はあるのか?考えてみます。

PEラインを使うときは原則「ショックリーダーは必ず必要」だと考えておいたほうが良い

ガシリングで使うラインの種類には、PEライン、フロロカーボンライン、ナイロンラインの3種類が存在しており、自身の釣りに合ったラインをセレクトすることが一般的となっています(ガシリングで使うラインの種類は別ページをご確認下さい)が、その全てのラインにショックリーダーが必要な訳ではなく、【PEライン】を使うとき限定で、ショックリーダーを結束することをおすすめします。

というのも、PEラインには「擦れに弱い」「結束部が弱い」などと言った、ガシリングには致命的な弱点が存在しており、その弱点を補うためにも、先端にショックリーダーを結ぶ必要性が生まれます。PEラインを使うときはショックリーダーありきで使用することが絶対条件となっているため、有無を言わず(PEライン使用時は)ショックリーダーを結束しておきましょう。

合わせて読みたい

ガシリングで使うライン選びまとめ

ナイロンラインやフロロカーボンラインを使うときは不要

前項でもお話した通り、ショックリーダーはPEライン使用時のみ必要なものであり、つまり「フロロカーボンライン」や「ナイロンライン」を用いガシリングを楽しむときは、原則【ショックリーダーは必要ない】と言えます。というのも、フロロカーボンラインやナイロンラインには擦れに弱い、結束部が弱くなるなどの弱点はなく、ラインそのものに伸びがあるため、ショックリーダーなしでも問題なくガシリングを楽しむことができるから・・・です。

しかし、一見弱点が多く見えるPEラインには「感度が良い」「飛距離が伸びる」「引張強度が強い」など、フロロカーボンラインやナイロンラインでは到底敵わないレベルのメリットがあるため、その辺りを考慮した上で使用するラインを決めることが一番です。(細いフロロカーボンライン、ナイロンラインを使用する場合、ショックリーダーを結束したほうが良い場面もあります)

ガシリングで結束するショックリーダーの太さ

ガシラを釣るときに使うショックリーダーの太さ(号数)ですが、これは「使うPEラインの太さ」によって導き出すのが基本です。例えば、メバリングやアジングを代表するソルトライトゲームタックルでガシラを狙うときはPEライン0.4号前後を使うことになるため「4lb」前後の太さ。

磯などで本格的なロックフィッシュゲームにてガシラを狙うときはPEライン1号程度を使うことになるため、ショックリーダーの太さは「10lb〜16lb」程度のものをセレクトしておくと間違いなしです。

合わせて読みたい

ガシリングロッドの選び方

長さはどれくらいがベスト?

結束するショックリーダーの長さですが、基本的には「1m」ほどを基準に考えておけば間違いありません。例えば、根がそれほど荒くない場所では50cmほどのショックリーダーを取っておけば十分なこともありますし、根が非常に荒い場所でガシリングを楽しむときは、1m以上のショックリーダーを取っておくほうが良い場面もあります。

つまり、釣りを楽しむ場所によってショックリーダーの長さを調整することが基本となるため、【根の荒さ】を考慮し、取るショックリーダーの長さを調整していきましょう。(PEラインが根やガシラのヒレなどに直接当たらなければオッケーです)

リーダーの種類はフロロ?ナイロン?

PEラインに結束するショックリーダーの種類は「フロロカーボン」「ナイロン」の2種類がありますが、より【擦れに強い】ということを考慮し、ガシリングではフロロカーボン素材のショックリーダーのほうが向いていると言えるでしょう。ガシリングではボトムにある根の周りを重点的に攻めることが多くなるため、より擦れに強いラインシステムを組むことで、より安心してガシリングを楽しむことができるようになります。

リグデザインはアジング・メバリングなど、ソルトライトゲーム製品をリリースしているメーカーです

Amazonでリブリブを見る


関連記事

  1. ガシラ釣りで使う【リール】選びまとめ!番手やギア比など

    2019.04.04
  2. ガシラが釣れない!その原因と理由を考えてみる

    2019.04.19
  3. 一度使ったワームは使い捨てにすべき?

    2018.10.04
  4. 釣りで「ネックライト」を使って感じた、良い所と悪い所

    2018.12.01
  5. ライトゲームで装備しておくべきアイテムまとめ

    2018.11.28
  6. ガシラは雨でも釣ることができる?天気が悪い日のガシリングについて考えてみる

    2019.04.18
PAGE TOP