Loading

BLOG

ライトワインドでガシラ(ロックフィッシュ)を狙う!その釣り方を図解解説!

ロックフィッシュを狙う方法は数多く存在していますが、今回はその中から「ロックフィッシュ(ガシラなど)をライトワインド釣法で狙う」ときの詳細や釣り方について、まとめていこうと思います。ライトワインドでロックフィッシュを狙うことは、一言で言うと「リアクションで食わせのスイッチを入れる」ことになり、つまり一撃必殺系の釣り方となるため、やり方を覚えておいて損はなし・・・です。

ロックフィッシュ(ガシラ)をライトワインドで狙う!その基本と釣り方まとめ

そもそも、ライトワインドとは?という点ですが、ワインドとはワームを左右に瞬間移動させるようなジグザグアクションを加える釣法であり、元々はシーバス、フラットフィッシュ、太刀魚などなど、比較的サイズの大きな魚に有効的な手段として使われている釣法でした。そのワインド釣法において、よりライトな道具を使い、ライトなターゲットを狙うために生み出された釣法が【ライトワインド】であり、ロックフィッシュで言うと、ガシラやアコウなど、〜30cmクラスまでのロックフィッシュを狙うときに有効的な手段としてお考え下さい。

40cmを超えるような大型ロックフィッシュを狙う場合、ライトワインドではなく通常の「ワインド釣法」で狙うほうが得策で、使うタックルセレクトも大きく変わってくるため、あくまで「サイズの小さいライトなロックフィッシュを狙うための釣り方」として考えておいたほうが無難です。

 

では、ロックフィッシュを狙うときのライトワインドは、どのような釣り方をするのか?という点について、簡単な図解でまとめていきたいと思います。

ロックフィッシュは基本的にボトム付近にいる魚ですので(オオモンハタなど、浮いてくるロックフィッシュもいる)、キャストした後は必ずボトムまで着底させます。その後、ロッドでチョン、チョンと細かく2〜3回ほどアクションを入れ、ワームをダートさせます。ボトムにあったものがいきなり激しい動きで上昇するため、その光景を見ていたロックフィッシュがその動きに反応し、目線をワームに集中させます。

つまり、着底からのダートアクションでロックフィッシュの気を引き、「ここに餌があるよ!」とアピールさせます。また、左右へのダートアクションは魚の本能を刺激する動きであり、ロックフィッシュの食い気(攻撃性)スイッチをオンにすることができるため、スローな動きに反応しない状況下であっても、強制的な食わせスイッチを入れてやることができます。

ボトムからのダートアクションでロックフィッシュに対しアピールした後は、テンションフォール(ラインテンションを張りながら沈める)で着底。着底後再度ワインドアクションを繰り返し、魚からの反応を待ちます。ときにダートアクション中にガツン!とヒットすることもありますが、大体がテンションフォール中にカツン!と明確なアタリが出るため、アタリがあれば即合わせを入れ、ロックフィッシュの口に確実なフッキングを行って下さい。

つまり、ロックフィッシュを狙うライトワインド釣法は、ボトムからのダートアクションでロックフィッシュの気を引き、その後のフォールで口を使わせる・・・という釣法になり、想像している以上に一撃必殺系の釣り方となるため、ぜひ試してみて下さい。

デイゲームなど、視認性の良い状況下で有効的

ロックフィッシュでのライトワインドは、もちろん夜の時間帯であっても有効的な釣り方となりますが、特に「デイゲーム(昼の時間帯)」で有効活用したい釣法となっています。ワームの視認性が良くなる昼の時間帯は、ロックフィッシュの警戒心を高めてしまい、つまり「ワームに反応しなくなる」可能性が高くなってしまうため、スローな釣りを展開するよりも、ライトワインドのスピーディーな釣りで、強制的に食わせのスイッチを入れてやる釣法のほうが向いている・・・と言えるのです。

スローな釣りで全くの無反応である状況下であっても、ライトワインドを実践することでそれまでの沈黙が嘘のように釣れだすこともあるため、デイゲームで釣果が出ないときは、ぜひライトワインドを試してみて下さい。

ライトワインドに向いたロックフィッシュロッド選び

ライトワインドは、文字通り「ライトなタックル」で楽しむ釣法となるため、本格的なロックフィッシュロッドではなく、ライトゲーム用タックルで楽しむための釣り方となります。具体的に言うと、メバリングロッドやアジングロッドなどのライトゲーム用ロッドが最適であり、ライトワインド専用設計のロッドも幾つかリリースされていますので、予算に余裕があれば専用のものを揃えるのも一つの手ですね。

リールは2000番程度のものがベストで、ラインは必ず「PEライン」を使って下さい。ライトワインドはワームに動きを与える釣りとなるため、【伸びの少ないライン】を使うことが鉄則です。

合わせて読みたい

ガシリングロッドの選び方
ガシリングに適したリール選び
ガシリングで使うラインの種類

ジグヘッドは〜5gまでがベーシック

ロックフィッシュでのライトワインドを楽しむときに使う仕掛けは「ジグヘッド」であり、必ず「ダートタイプ」のジグヘッドを使うようにして下さい。ダートタイプ以外のジグヘッドを使ってしまうと、ダートアクションのキレがなくなり、釣果に悪影響を与える懸念が生まれます。

使うジグヘッドの重さですが、水深や潮流によって上手く対応することができるように、〜5gまでのジグヘッドを1g単位で揃えておき、1.5g〜3gほどの重さを軸に楽しんでいる人が多いです。

合わせて読みたい

ダート用ジグヘッドの基本

リグデザインはアジング・メバリングなど、ソルトライトゲーム製品をリリースしているメーカーです

Amazonでリブリブを見る


関連記事

  1. ガシリングのジグヘッドまとめ!【重さや種類】を知っておこう!

    2019.04.08
  2. ガシラ釣りの【ライン】まとめ!太さや使う種類を知っておこう!

    2019.04.04
  3. ニオイ付きのワームは、ライトゲームで効果あり?その真相に迫ります

    2018.10.19
  4. ガシリングの【ワームの選び方】と、釣れるおすすめのワーム

    2019.04.08
  5. ガシラは雨でも釣ることができる?天気が悪い日のガシリングについて考えてみる

    2019.04.18
  6. ガシラが釣れない!その原因と理由を考えてみる

    2019.04.19
PAGE TOP