Loading

BLOG

アジングは「潮」によって釣果が変わるのか?大潮、中潮、小潮、長潮、若潮、一体どのタイミングで釣行すればいいの?

今回は、海釣りをする上で欠かせない「潮」に関するお話です。海に住んでいる魚達は、潮流れの有無によって行動を変化させており、当然ながらアジングのメインターゲットとなる「アジ」も、潮の流れによって、活性に違いが生じます。(一般的に、流れがあるほうが高活性であることが多い)

つまり、潮の流れを読むことでアジの動きを把握することができ、潮の具合により釣れる、釣れないが大きく変わってくることになるため、今回はその辺りについて、簡潔にまとめていこうと思います。(大潮、中潮、小潮、長潮、若潮、一体どの潮が良いのか?など)

大潮、中潮、小潮、長潮、若潮、どの潮回りがアジング向きなのか?

皆さんご存知の通り、海には「潮汐(ちょうせき)」があります。潮汐とは、月と太陽の引力により海面の高さが上下することを指す言葉であり、同じ釣り場であっても、日や時間帯によって、海面の高さがコロコロと変わってしまいます。海面の高さが一番上の状態を「満潮」、反対に一番下の状態を「干潮」と呼び、この干満の差が大きいほど潮が良く動き、反対に干満の差が少ないほど、潮が動かない・・・ということになるのです。

そのため、海には大潮、中潮、小潮、長潮、若潮という潮回りがあり、大潮になるほど潮汐差が大きくなり、つまり【潮が良く動く】ということになります。前述した通り、アジは「潮の流れがある状態」のほうが活性が高くなる傾向にあり、活性が高くなるということがアジングへの反応も良くなるため、アジングでコンスタントに釣果を得るには【潮が良く効く日】をセレクトし、釣行することがおすすめです。

 

しかし、大潮であればアジが絶対的に良く釣れるのか?となるとそうではなく、個人的な経験としては「大潮よりも中潮のほうが良く釣れる」ことのほうが多いため、必ずしも大潮が良いということではありません。また、小潮や長潮はアジングには向かないのか?という点ですが、これはこれで間違いです。

小潮や長潮、若潮だからと言って絶対釣れないということもありませんし、場合によっては中潮よりも小潮のほうが良く釣れる日もあるため、「今日は○潮だから・・・」と頭ごなしに決めつけるのではなく、とにかく釣り場に向かい、一投でも多く海に仕掛けを投入することが、釣果を伸ばすための鍵となることは間違いないでしょう。

潮が動いているときのほうが釣果が伸びる傾向(潮止まりは反応が悪くなる)

大潮に近づくほど潮汐が大きくなり、より潮が流れる訳ですが、大潮であっても中潮であっても小潮であっても、水位が上下していく中での頂点では、必ず潮が止まるタイミングが訪れます。これを一般的に【潮止まり】と呼び、このタイミングは「アジの反応が悪くなる」傾向が強いです。

そのため、大潮であっても中潮であっても小潮であっても、基本的には「潮が動いているタイミング」を狙い、釣行するのが一番ですね。潮止まりになると目に見えてアジからの反応が悪くなるため、潮が流れているかどうかは、釣果を伸ばすための最重要項目です。

潮止まりは移動や仮眠に当てるのもあり

潮止まりはアジからの反応が悪くなる傾向にあるため、無理にアジングを楽しむよりは、釣れない潮止まりだからこそできることをやるほうが効率的です。個人的には、潮止まりになりアジの反応が悪くなってくると仮眠をしたり、ポイント移動したりと、釣れている状況下では中々できないことをすることが多いですね。

潮止まりを目安に納竿とし、帰路に着くこともよくあります。いずれにしても、潮止まりの釣れない時間に無理してアジングを楽しみ、体力を消耗するよりは、次に潮が動くタイミングに向け何かと準備しておくほうが効率的であることは間違いないとは思います。

リグデザインはアジング・メバリングなど、ソルトライトゲーム製品をリリースしているメーカーです

Amazonでリブリブを見る


関連記事

  1. アジングは「ただ巻き」でオッケー?その考え方とやり方を考えてみる

    2019.05.14
  2. アジングで使うワームカラーとローテーションについて

    2018.09.30
  3. アジングで釣れないときに考えられる6つの理由

    2018.11.30
  4. 「アジング」口切れによるバラシを減らすためにできること

    2018.11.27
  5. フロートリグの使い方まとめ!《アジング・メバリング》沖にいる魚を狙い撃とう!

    2019.04.23
  6. アジングラインの種類まとめ!PE・フロロ・エステル・ナイロン、それぞれの特徴を知…

    2018.09.28
PAGE TOP