エギングロッドでアジングを楽しむことは可能?

今回は、主にアオリイカを狙うために使う「エギングロッド」をアジングに流用することができるのか?という議題に対し、リグデザイン プロスタッフであるヤマグチの意見をまとめます

当たり前のことですが、エギングロッドはエギングを楽しむもの、アジングロッドはアジングを楽しむもの。つまり、全身全霊を込めてアジングを楽しみたいときは、当然アジングロッドにてアジを狙うことが一番です。野球をするのにサッカーボールを使うことはありませんよね?アジを釣るにはアジングロッドが最も適しています

 

ただ、エギングロッドでアジングを楽しみたい!そう意見をお持ちの方は、恐らく「エギング中の隙間時間にアジングを楽しみたい」「持っているロッドでアジングなど色々なジャンルを楽しみたい」と感じているはずです

では、アジングをエギングロッドで楽しむことは可能なのか?という点について、具体的かつ的確にしっかりまとめていきたいと思います!エギングロッドにてアジングを楽しみたいと思っている人は必ず見て下さい

↑本題に入る前にアジングにて絶対的に使ってもらいたいワームをご紹介させて下さい。リグデザインからリリースしていますアジングワームは、控えめに言って「超効率よくアジを釣ることができる」ワームです。全国5000枚を超える釣果写真を頂いていることから裏付けられるように、とにかくハイパフォーマンスなワームであり、釣果を最大化することを目指し作りました!ぜひ使ってみて下さい!

You Tubeにて動画解説しています!動画のほうが理解しやすい!って人は、You Tubeにて!

↑チャンネル登録よろしくお願い致します!

ジグ単アジングにエギングロッドを使うのは「不可能」です

エギングロッドでアジングを楽しもうとしている人に対し非常に手厳しいことを言います。そのままこのページをソッと閉じられてしまうことを覚悟で事実をお伝えします。

残念ながら、エギングロッドでアジングを楽しむことは不可能だと考えておいたほうがいいでしょう。というより、現実的に考えて無理。

いいや、エギングロッドでも頑張ればアジングを楽しめるはずだ!やったこともないのに偉そうなことを言うな!ごもっともです、やろうと思えばエギングロッドにてアジングを楽しむことができるでしょうが、それ、楽しいですか?

1g前後のリグをエギングロッドで操作すると「何をやっているか分からない」となるのがオチですし、アタリも取りにくい、これではアジングを素直に楽しむことができない・・・というのが事実。アジを釣りたいだけなら、エギングロッドでその辺りにいる餌をチョン掛けし狙うほうが効率的です

よって、僕の考えとしては「ジグ単アジングにおいてエギングロッドを使う選択肢は絶対的にない」と言い切れます。ただし、これはジグ単アジングに限りの話ですが・・・

フロートリグやキャロライナリグなどの仕掛けを使おう

エギングロッドはライトなものであっても5g以上のリグを扱うことに長けています。よって、1g前後のリグを扱うことになるアジングにおいて「流用することは事実ベースで不可能」だと言えます。が、エギングロッドをメインにアジングを楽しんでいる人たちもいます。ちなみに僕の友達でも、エギングロッドはアジングに向いているよ!って人がいます

これがどういうことかと言うと、アジングでは絶対的な飛距離を出すことを目的とした仕掛けがあり、具体的に言うと「フロートリグ」「キャロライナリグ」「スプリットショットリグ」この3つが代表格でしょう。実際僕も遠浅で30m先のブレイクがポイントとなっている場所にてフロートリグを使ったアジングを楽しむことがあります。このように、フロートリグなどを活用したアジングを楽しむ場合、エギングロッドを流用することができます

最近では15gとか20gのフロートリグがあり、この重さになると従来のアジングロッドで扱うことが不可能。もちろん、フロートリグなどを使うことを前提にしたアジングロッドが発売されていますが、このような重量のあるリグにてアジングを楽しむ場合、エギングロッドの選択が最適解となることがあります

 

エギングの合間にアジングを楽しみたい、アジングを経験してみたいが専用ロッドを買うまでもない、このような人はフロートリグやキャロライナリグを使ったアジングを楽しむことを前提に、エギングロッドを流用してみてはどうでしょうか?案外仕掛けを組むのも簡単ですし、そう荷物にもなりません。リグが数個と、ワームが2パックほどあれば十分でしょう。もちろん、使うワームはリグデザイン製品を使って貰えると本当に嬉しいです。とりあえずアジングを楽しみたいって人にもおすすめ

アジングではなくロックフィッシュゲームを楽しむ選択肢もあり

話が横滑りで脱線することを承知で書いていますが、エギングの合間にライトゲームを楽しむのであれば、個人的にはアジングよりもロックフィッシュゲームを楽しむことをおすすめしています。アオリイカがいる場所ってアジがいる可能性が高いですが、同時にアジがイカに恐れをなしてビクビクしていることも多いですね。つまり、釣れない可能性も高いです

その点ロックフィッシュは時間問わず楽しめ、魚影が濃い場所であれば釣果を望め、なおかつエギングロッドとの相性バツグンです!エギングがメイン、しかしサブでできる釣りを探している・・・そんな人は、アジングではなくロックフィッシュゲームを楽しんでみてはどうでしょうか?

↑フロートリグを使ったアジングにも、ロックフィッシュにも最適です。特にロックフィッシュにはブラックカラーが効くことが実釣にて確かな事実として残っているため、ぜひ使ってもらいたいです

最高のパフォーマンスで釣果を最大化しよう!リグデザイン製品をオンラインストアでチェック!

オンラインショップはこちら

最近の記事

  • 関連記事

カテゴリー

PAGE TOP