Loading

BLOG

エギングロッドでアジングを楽しむことは可能?

今回は、アジングを「エギングロッドで楽しむことは可能なのか?」という点について、まとめていこうと思います。エギングロッドは持ってるんだけど、アジングもやってみたい。エギングで釣れないときのボウズ逃れとしてアジングを楽しみたい。そのような思いをお持ちの方は、ぜひ参考にして頂ければと思います。

ジグ単アジングは「不可能」と考えておいてオッケー

アジングでは、1gの前後のジグヘッドにワーム装着し釣りを楽しむ、所謂「ジグ単(ジグヘッド単体)」の釣りを展開することが多くなりますが、このような軽量リグを使ったアジングを楽しむ場合、【エギングロッドは不向き】だと考えておくほうが無難です。というより、ほぼ不可能だと言えるため、ジグ単アジングを楽しみたいときは、手持ちのエギングロッドでアジングを楽しむのではなく、アジング専用で売られているロッドを揃えておくことをオススメします。

というのも、一般的なエギングロッドは1g前後の軽量リグをストレスなく扱うことに長けていなく、どれだけライトなものであっても5g前後のエギを使うことを前提に作られていることが多いからなんですね。つまり、エギングロッドでは1g前後の仕掛けを使うことはできず、できたとしても「飛距離が出ない」「何をしているか分からない」「アタリが取れない」などの弊害が出てしまうため、まともにアジングを楽しむことができないと言えるのです。

フロートやキャロベースのアジングを楽しむなら、エギングロッドを流用することが可能

しかし、エギングロッドを活用し、アジングを楽しむ方法がない訳ではありません。確かに、1g前後のリグを扱うことになるジグ単の釣りは厳しいものがありますが、10g前後のリグを使うことができる「フロートリグ」「キャロライナリグ」を使用することを前提にアジングを楽しむのであれば、エギングロッドを流用し、アジを狙うことが可能です。むしろ、フロートやキャロの釣りにはエギングロッドが適していると言えるため、迷うことなく流量すればオッケーです。

フロートリグやキャロとは、従来のリグ(1g前後のリグ)では10m〜15mほどの飛距離しかでないところを、50m、60mと、ジグ単では決して届くことのない場所に潜むアジを狙うための釣り方で、飛距離が必然的に必要となる場所や、遠くにアジがいるときに活用することになる仕掛けであり、アジングでコンスタントに釣果を得るための一つの方法だと言えるため、ぜひエギングロッドを使い、フロートリグ、キャロライナリグでのアジングを楽しんでいきましょう。

メタルジグでアジを狙うのもアリ

アジングと言えば、軽量ジグヘッドに3インチまでのワームを使って楽しむもの・・・というイメージが強く、その認識で間違っている訳ではありませんが、実は(時と場合によっては)メタルジグを使ったアジングが効果的になる場面があります。

合わせて読みたい

アジングで使うワームの大きさ
使うジグヘッドの重さを知る

そのため、「エギングで釣れないときの逃げ道としてアジングを楽しみたい」そのような思いがある人は、わざわざ扱いにくい軽量リグを使うのではなく、5gや10g程度のメタルジグを使い、アジングを楽しむのもありなんじゃないかな?とは思いますね。特に潮通しの良い場所であればメタルジグの飛距離と手返しの良さが大きな武器となりますし、アジ以外にもメバルやカマス、ハマチなどの青物がヒットすることもあるため、【とりあえずボウズを逃れたい】そのような場面でも、活躍すること間違いなし・・・ですね。

関連記事

  1. 【アジング】ラインの太さ(号数)を考えてみる

    2018.09.30
  2. アジングでサバしか釣れない・・・そんなときに考えること

    2018.10.18
  3. アジングを始めるときの予算を計算してみる

    2018.11.27
  4. アジングロッドの長さを決めるときのポイント

    2018.09.26
  5. ニオイ付きのワームは、ライトゲームで効果あり?その真相に迫ります

    2018.10.19
  6. アジングを昼間に楽しむときのコツ

    2018.09.30
PAGE TOP