Loading

BLOG

アジングと水温の関係を考える。アジの適水温は何度??

今回は、アジングを楽しむときに考えておきたい「アジの適水温」についてお話していこうと思います。アジも、人間同様寒すぎる、暑すぎるのは苦手なようで、快適な水温、つまり「適水温」があり、当然海水温が適水温に近づくほどアジの活性が高く元気になるため、ワームへの反応が良くなってきます。

アジの適水温は17度〜23度ほど。この水温が安定しているエリアに釣行することで、より良い釣果を得られる・・・かも

人間も住んでいる場所によって気温に対する耐性が違うように、アジも住んでいるエリアによって行動が活発になる水温に違いがありますが、長くアジングを楽しんでいる経験上、アジの適水温は「17度〜23度ほど」だと考えております。もちろん、それ以下でもそれ以上でもアジが釣れることもありますが、概ね「アジが信じられないほど釣れる」ときは、この水温であることが多いため、まず間違いないでしょう。

ですので、海水温が安定して17度〜23度ほどである秋の季節や、春先(しかし、春は産卵が絡むため渋くなるタイミングもある)が、コンスタントにアジングを楽しめる季節だと言えるため、安定した釣果を求めるのであれば、秋か春(特に秋)の季節に釣行することをおすすめします。

合わせて読みたい

アジングの時期まとめ

低水温期である冬は、アジの姿が見られなくなる傾向

アジはどちらかと言うと「寒さに弱い」魚のため、冬の低水温期になると、より水温が安定する沖の深場などをメインに回遊することになります。つまり、アジングの射程範囲内にアジの回遊がなく、事実上「冬の低水温期はアジングを楽しむことができない」となるのです。そのため、冬時期は温排水周りの水温が高い場所や、黒潮の影響を受け、冬でも比較的水温が高い場所などを目安に釣行するのがおすすめですね。

個人的には冬はアジングのオフシーズンと考えているため、水温が低下する冬の時期は、低水温でも反応してくれるメバルやガシラなどにターゲットを切り替え、ライトゲームを楽しむことが多いですね。

 

ちなみに、海水温が10度を下回れば絶望的で、個人的には12度を下回った時点でアジングを楽しむことはありません。仮にアジがいたとしても、低水温により活性が低くなっており、ワームへの反応が悪いですからね。わざわざ釣れない釣りに足を突っ込むのであれば、比較的コンスタントに釣れてくれるラウとロックフィッシュゲームやメバリングを楽しむほうが良いんじゃないかな?とは思います。

海水温が高くなる夏は、河口周辺にアジが集まる

アジは低水温が苦手ですが、高水温すぎるのも苦手です。また、水温が高くなる夏時期はアジングの射程範囲内から良型アジの姿が消えてなくなり、基本的に〜15cm程度の所謂「豆アジ」メインの釣りになってしまいます。豆アジングは「アタリをあるけど乗らない」ということが頻発し、アタリを取る練習や合わせの練習に最適なため、敢えてこの時期にアジングを楽しみ、スキルアップを図るのもアリですね。

経験上、アジングで一番難しいのがこの「豆アジング」のため、豆アジングでコンスタントに釣果を得られるようになれば、どの時期のアジングでも通用することでしょう。

 

また、水温が高くなり始めると(25度以上)、アジが河口部に姿を現します。河口部は常に流れがあり水温が安定しているため、暑さから逃れるためにアジが寄っていられると考えられますね。え?こんなところでアジが釣れるの!?という河口で釣れることもありますし、ときに大物(30cm近いアジ)もヒットするため、高水温期である夏の季節は、敢えて河口部に照準を合わせ、アジングを楽しむのもアリだとは思います。

リグデザインはアジング・メバリングなど、ソルトライトゲーム製品をリリースしているメーカーです

Amazonでリブリブを見る


関連記事

  1. リアクションでアジ、メバルをゲット!【ダート用ジグヘッド】の詳細や使い方をまとめ…

    2018.11.28
  2. ライトゲーム(アジング、メバリングなど)にショックリーダーは必要?太さや長さはど…

    2018.10.01
  3. 「アジング」ジグヘッドの重さについて考えてみる

    2018.09.27
  4. アジングで使うワームの大きさ(インチ)について考えてみる

    2018.09.28
  5. 豆アジングを楽しむときのコツをまとめてみる!使うラインやジグヘッド、タックルなど…

    2018.11.22
  6. アジングは【カウントダウン】が釣果を分ける鍵!?その取り方を知っておこう!

    2019.05.14
PAGE TOP