豆アジングの絶対的なコツまとめ!使うワームやアクションを具体的に解説!

今回はアジングにて「豆アジ」を狙う所謂「豆アジング」についてリグデザイン プロスタッフであるヤマグチがお話していきます。豆アジングで絶対的に釣果を伸ばすためのコツや、必ず使うべきワーム、こうやれば釣れる具体例付きのアクションなどなど、これまで一般の人がドン引きするレベルで豆アジを釣ってきた僕が、その全てを書き下ろします

↑豆アジを釣るためのコツについての本題へ入る前に、10秒だけ宣伝させて下さい。釣具メーカーであるリグデザインがリリースしています「リブリブ」「リーブイ」はアジングに恐ろしいほど有利な状況を生み出せるワームであり、もちろんよく釣れます。豆アジにも最適なワームとなっていますので、ぜひお試し下さい

豆アジングで使うタックル(仕掛け)を簡単にまとめる


まず、豆アジングで使うタックル(仕掛け)についてお話していこうと思います。豆アジングで使うタックルについてそれほど詳しく知っておく必要性もないため、簡単にパパッとまとめていこうと思います。

そもそも豆アジングとは「サイズが小さなアジ」を指す言葉であり、人によってその定義が異なり「〜15cmまでが豆アジ」「〜20cmまでが豆アジ」という感じになっています。つまり、豆アジングを楽しむには通常のアジングタックルがあれば問題なしなので、その点を考慮した上で使う仕掛けを考えていきましょう

ロッドはジグ単用

豆アジングで使うロッドは、一般的に広く定義されている「アジングロッド」でオッケーです。サイズの良いアジを釣る訳ではないためロッドパワーは不要、ただし「感度」「操作性」この2点を重要視することが大切。

より具体的に言うと、豆アジの微かなアタリでも取れる感度性能があれば間違いなく釣果を伸ばすことができるため、所謂「パッツン系ロッド」もう少し詳しく言うとファーストテーパーで5ftクラスのアジングロッドがベストです。ハイクラスなアジングロッドになるほど感度性能が高まる傾向にあるため、よりストイックに豆アジングを楽しむならハイスペックなロッドを用意しておくことをおすすめします

操作性ですが、豆アジングでは0.4gや0.6gなど軽いジグヘッドを使うことがよくあります。これら軽いリグを軽快に扱えるか扱えないかで釣果へ驚くほどの差を生んでしまうため、こちらを考慮しても5ftクラス、先調子でハリのあるアジングロッドが良いと言えるでしょう

絶対的に読むべき記事
アジングロッドの長さはこう決める!釣果を可能な限り伸ばすための選び方をより具体的にお話します

リールは1000〜2000番

豆アジングで使うリールは1000番〜2000番のスピニングリールがベスト。1000番手でも2000番手でも、どちらでも良いため、以下リンク先でお話している内容を元にどちらを使うかを考えてみて下さい

ちなみに僕は豆アジングにて2000番(ダイワ)のスピニングリールを使っています

絶対的に読むべき記事
アジングリールの番手は何番?圧倒的な僕の主観のみでお話します

ラインはPE・エステル0.2号〜0.4号

豆アジングで使うラインですが、PEラインかエステルラインの0.2号〜0.4号をおすすめします。もちろんフロロカーボンやナイロンでもオッケーですが、やはり感度面で前者に劣るため、僕が選ぶとすればPEかエステルです。ちなみに僕はPEラインを使う頻度が9.8割を締めます

太さはより細いほうがいいですが、細いと扱いが難しくなる、値段が高くなるといった側面もあるため、豆アジング初心者さんはリーズナブルで扱いやすい0.3号〜0.4号ぐらいで始めるのがおすすめです。僕は0.4号でやってますし、この太さでも全くもって問題なしに豆アジングを楽しめています

アジングで使うラインについては以下リンク先にて驚くほど噛み砕いてお話しているので、そちらを参考にどうぞ。アジングにおいてライン選びは釣果を分ける超大事な要素となるため、アジングラインに対する知識が少ないかも・・・って人は必ず覗いておくことをおすすめします

絶対的に読むべき記事
アジングラインの太さは何号がベスト?より具体的な選び方を確実にお伝えします
PEライン?エステルライン?僕が思う「アジングで使うラインの種類」についてお話します

豆アジングにおすすめワーム

豆アジングでおすすめなワームは何ですか?そう聞かれると、アジングメーカーであるリグデザインとしては「うちの製品が一番です!」と伝える他方法がないんですが、その忖度を抜きにしても絶対的に使ってもらいたいワームをご紹介します。

「リブリブ」「リーブイ」この2つ、驚くほど豆アジングに効きます。僕は恐らく年間ベースでとてつもなく数えていてはきりが無いほどの豆アジを釣っていますが、その釣果の全てをこのワームで釣っています。

リブリブが2インチ、リーブイが1.6インチです。この2つを使い分ければ釣果が伸ばせます。まだ使ったことない方は、ぜひこの機会に使って頂けると嬉しいです!

豆アジングで確実的に釣果を伸ばすコツ

さて、ここからが豆アジングの実釣段階です。ここまでで豆アジを釣るための用意は完璧です。後は釣るだけ、ガンガン豆アジを仕留めていきましょう

絶対的に知っておきたい豆アジングのコツは以下の通り

・豆アジングのアクション ・ジグヘッドの重さ
・合わせを知る ・アシストフック

この4つのコツを知っておけばもう釣れたも同然。では具体的にまとめていきます

豆アジングのアクション

豆アジングを爆釣するアクションのコツを一言でまとめると「ジワーっとスロー」これを意識して下さい。スローな動きでジワーっとアピールすると、アタリが頻発し、後は豆アジを釣るだけの状態となります。ただ、確実に豆アジがいる場所であることが絶対的な条件です

より具体的なアクションを書くと、より軽いジグヘッドを使いジワーっとテンションフォールにてアタリを待つ。ただこれだけ。カウントでアジがいるレンジを把握し、後はそのレンジに対しラインテンションを掛け、ジワーっと流していくイメージでアタリを待つ、これが豆アジングの基本です。というより、アジング全般に通用するアクションですね

特にアジング初心者の人を見ていると、より操作感を得られるよう1.5gとか2gとか重たいめのジグヘッドを使っている人がいますが、断言します。これでは釣果を伸ばすことはできません。より軽い仕掛けを使い、スローな釣りを意識しておきましょう。ただ、潮が爆速、水深が深いなど付加要素がある場合は軽いリグより重たいリグに優位性があるケースも

アジングにおける「カウント」や「フォールアクション」については以下リンク先にてより具体的にお話していますので、知識ベースとして確実に知っておくことをおすすめします。釣果を上げるために欠かせない要素です

絶対的に読むべき記事
アジングの「カウント」ってなに?←釣果を伸ばすための必殺技みたいなもの。つまり、知っておかなきゃダメ

ジグヘッドは軽めが正義


癖になるほど繰り返しお伝えしていますが、豆アジングではウエイトが軽いジグヘッドが有利です。僕が使うケースをモデルとすると、1gのジグヘッドでも重たいぐらいです。一番軽いもので0.2gを使い、ベースとして0.4gを使う。後はカバーとして0.6gを入れることも

やっぱり、軽いジグヘッドを使うことでよりスローな釣りを展開することができ、また豆アジの吸い込みもよくなる傾向にありますので、結果として釣果アップが望めます。あくまで僕の経験則からのおすすめではありますが、僕の中では絶対的に軽いジグヘッドが良いと言えますし、絶対的におすすめです

 

ただ、潮が速い、飛距離が必須、水深があるなど付加要素があるケースではこの限りではなく、2gや3gほどのジグヘッドに絶対的優位性があることもあるため、そのような場所で豆アジングを楽しむときは重たい仕掛けにて楽しむことをおすすめします。ちょっとした漁港などで豆アジングを楽しむ場合、軽いジグヘッドをお試し下さい

合わせは瞬間的に

極論を言うと豆アジングだけでなくアジング全般で言えることですが、「アタリがあった!」と感じたときは、瞬きするよりも速く合わせを入れることが大事です。たまに送ってから合わせを入れるケースもありますが、大体のケースにて「即合わせ」が釣果を伸ばすコツとなるため、ここは確実に意識しておくことをおすすめします

アジが違和感を覚えワームを吐き出してしまうとその時点で終わりです。アタリはあるが乗らない状況の完成。ストレスだけがノシノシと溜まる釣りの完成。瞬時に合わせを入れ、アジの上顎へフッキングさせましょう

アジングにおける合わせについては下記リンク先にて僕の思いを書き散らかしています。アジング釣果を伸ばすに必ずと言ってよいほど必要な項目なので、合わせに自信がない人はぜひご一読を

絶対的に読むべき記事
鬼アワセ必須!?アジングにおける釣果を伸ばすための「合わせ」を考える

アシストフックはどうなの?

世の中便利なもので、アジのアタリに対し釣果を伸ばすための「アシストフック」が発売されています。文字通りアシストするためのフックとなり、アジングでは多くの場合シャンクにギュッと縛り付けアシストフックを付加することになります

単刀直入に言うと、僕は「アシストフックを使わない」豆アジングを楽しんでいます。語弊がないように言うと、アジング初心者の方にとってアシストフックはフッキング率を高めるための魔法アイテムとなり得るのですが、僕のように年間釣行回数がおかしなことになっている釣り人としては、少し物足りなさを感じてしまうことになるんですよ

詰まるところ「ただのこだわり」「ただの傲慢」「調子に乗っている」と取られる可能性もありますが、それでも僕はアシストフックを使いません。なぜならそれのほうが楽しいから。難しい条件を付けた中で釣れた一匹は最高です

 

ただ、アタリはあるが乗らない・・・そんな状況下においてアシストフックは最高かつ絶対的な価値を持つアイテム

となります。僕のようによく分からないこだわりを持つのではなく、より釣果を伸ばすときはアシストフックを使いガンガンと豆アジを仕留めていきましょう。フッキング率が鬼上がりです

↑全国各地、驚くほどの豆アジング釣果報告を頂いております。頂いた釣果写真も余裕で5000枚を超え、ユーザー様が右肩上がりで増えています。忖度なく、アジングにおいて釣果を伸ばしたい人全員に使ってもらいたいレベルのハイパフォーマンスワームとなっていますので、この機会にぜひお使い下さい!ご購入はWEBショップおよびAmazonが便利です

最高のパフォーマンスで釣果を最大化しよう!リグデザイン製品をオンラインストアでチェック!

オンラインショップはこちら

最近の記事

  • 関連記事

カテゴリー

PAGE TOP