Loading

BLOG

風が強い日にライトゲームを楽しむコツと、対策方法

今回は、風が強い日(強風時)にライトゲームを楽しむときのまとめです。ライトゲームでは、1gや2gほどの軽量リグを扱うことになり、どうしても「風に弱い」状況下にて、釣りを楽しまなければいけなくなります。

「アジングやメバリングなどのライトゲームは、風速何mまで楽しむことができるのか?」「風が強い日は、どのようにライトゲームを愉しめば良いのか?」その辺りについてLIGデザイン的な見解をまとめていこうと思うので、ぜひ参考にして頂ければと思います。

ライトゲームは「風速何m」まで楽しむことができる?

そもそも、アジングやメバリングを代表とするライトゲームは、風速何mまで楽しむことができるのか?という点ですが、その答えとしては【できる限り風が弱い日に釣行する】ことが、一番だと言えます。前述した通り、ライトゲームでは1g前後のリグを使うことになり、どうしても風に対し弱くなってしまう傾向にあるため、言わば【風はライトゲームにおいて天敵】だと言えるのです。

ではライトゲームは、風速何mまでの風であれば大丈夫なのか?あくまで個人的な思いではありますが、経験上「風速5m」を超えた辺りから、一気に釣りがやり難くなります。風向きによっては、風速3mでもキツイときもありますね。

 

そもそも、風が強いと何がダメなのか?という点ですが、軽い仕掛けを使っている関係上、風が強ければ強いほど、ラインが風で煽られます。ラインが煽られてしまうと、仕掛けが浮き上がってしまい、狙いたいレンジを狙えなくなりますし、ラインスラッグ(糸ふけ)が出ることにより、操作感の低下、感度の低下に繋がってしまうのです。

つまり、風が強い日のライトゲームは、非常に困難な状況の中でも釣りを強いられるため、釣果が落ちるのはもちろんのこと、まともに釣りを展開できないことによるストレスが溜まってしまう原因となってしまいますね。

風が強い日にライトゲームを楽しむコツと、対策方法をまとめてみる

では、風が強い日はライトゲームを絶対に楽しむことができないのか?となると、そうではなく、風が強い日にライトゲームを楽しむためのコツと、対策方法を知ることで、強風下でのライトゲームを楽しむことは可能です。ただし、常識範囲外の強風(台風や暴風時など)は例外。

では、風が強い日にライトゲームを楽しむためには、一体どのような点を意識するべきなのか?ということについて、まとめていきたいと思います。

ここを意識する

・使うラインを変える
・仕掛けを重たくする
・ラインスラッグを出さない
・風のない場所を探す

使うラインを変える

アジングやメバリングでは、PEライン、フロロカーボンライン、ナイロンライン、(アジングでは)エステルライン、この中から自分の釣りに合った特徴を持つラインをセレクトするのですが、ラインの種類によって【風に強いもの、そうでないもの】があるため、風が強い中、ライトゲームを楽しむときは【風の影響を受けにくいライン】を選ぶことが、一つのコツとなります。

具体的に言うと、ルアーゲームで多用されるPEラインは比重が軽く、風に弱いという性質を持ち合わせていますが、フロロカーボンラインは比重が高く、「風に強い」という性質を持っています。このように、使うライン一つを見ても、風に強いか否かが変わってくるため、その辺りを意識しつつ、使うラインを選んでいきましょう。

合わせて読みたい

アジングラインの選び方

リグ(仕掛け)を重たくする

軽い仕掛けを使うことにより、風の影響を受けやすくなっているのですから、単純に【仕掛けを重たく】することで、根本的な要因を失くしてしまおう・・・という対策方法ですね。しかし、例えば5g、10gなどのジグヘッドを使ってしまうと、沈むスピードが速くなりすぎ、安定したリトリーブができない、フォールスピードが速くなり食いが落ちる・・・というデメリットが生じてしまうため、推奨できる対策方法でないことだけは確かです。

アジングやメバリングでは、〜3gまでを基準とし、どれだけ重たくするとしても、5g程度にしておくほうが無難でしょう。(参考→アジングで使うジグヘッドの重さを考える

 

そのため、風が強い日はジグヘッドの重さを調整するのではなく、飛ばしウキなどを使い、物理的に風の悪条件を吹き飛ばす方向へシフトするほうが良いですね。具体的に言うと、「フロートリグ」や「キャロライナリグ」を使い、風が強い日のライトゲームを楽しんじゃいましょう。

ラインスラッグを出さないようにする

風が強い日にライトゲームが向いていない要因の一つとして「ラインスラッグが出る」というものがあり、つまり、「風により糸ふけが起こり操作感や感度が落ちてしまう」ことになるのですが、風の強い日でもラインスラッグを極力抑えることにより、対応することが可能です。

具体的に言うと、「風にラインが当たる面を少なくする」ことで解決でき、竿を海面方向へ向け、なるべく【ラインが海面から飛び出ない】ようにすることで、風の影響を最大限まで少なくすることができ、風の強い日であっても、ストレス少なくライトゲームを楽しめるようになります。

 

言葉で言うと難しく感じますが、つまり【ラインを空中に浮かせない】ようにするだけのため、「とにかく、風によってラインが煽られないようにする」ことを意識し、ライトゲームを展開していくことをおすすめします。

風のない場所を探す

極論を言うと、風が強い日でも「風がない場所」へ釣行することで、問題なくライトゲームを楽しむことが可能です。「コイツは一体なにを言っているのか?」これが正常な意見だとは思いますが、実は風が強い日でも、探せば【風裏】となる場所もあるため、風向きによって風を遮ってくれるような場所を複数調べておくことで、風が強い日であっても問題なく釣行することが可能となります。

地域や風向きによって風裏となる場所は異なるため、敢えて風の強い日に海岸線沿いをドライブし、風裏となるポイントを探してみてはどうでしょうか?

リグデザインはアジング・メバリングなど、ソルトライトゲーム製品をリリースしているメーカーです

Amazonでリブリブを見る


関連記事

  1. メバリングで使う「ラインの太さ」は何号が無難?

    2018.12.04
  2. メバリングのポイントを探すときに意識したいことまとめ

    2019.06.11
  3. 【アジング】ラインの太さ(号数)を考えてみる

    2018.09.30
  4. 「アジング」口切れによるバラシを減らすためにできること

    2018.11.27
  5. アジングやメバリングに「タモ」は必要?ランディングネットの重要性を考えてみる

    2019.06.03
  6. メバリングはPEライン、フロロカーボンライン、ナイロンライン、どれを使うべきなの…

    2018.12.04
PAGE TOP