Loading

BLOG

《アジング》メタルジグの使い方と、使うタイミングを知る

アジングと言えば、ライトゲーム用にリリースされている「ワーム」を、1g前後のジグヘッドに装着する、所謂「ジグ単」の釣りがメインとなりますが、実は「メタルジグ」を用いたアジングも、時に壮絶な威力を発揮することがあるのです。

メタルジグを用いたアジングは、正直「最適」だとは言えませんが、ワームに反応がないときの切り札的な使い方をすることで、より良い釣果を得られることも考えられるため、ルアーケースの中へ、1つ2つのメタルジグを忍ばしておくことで、アジングにおいて大きな武器となることは間違いありません。

 

そこで今回は、アジングでメタルジグを使うときの使い方、重さ、タックル、使うタイミングなどについてまとめていこうと思いますので、「アジングでメタルジグを使ってみたい」そう考えている人は、ぜひ参考にして頂ければと思います。

アジングでメタルジグを使うタイミング(時間帯)を知る

冒頭でも軽く触れましたが、アジングにおけるメタルジグの立ち位置は「補助的」なものであり、決してメインとして使うべきアイテムではないことを知っておくべきです。より具体的に言うと、アジングにおいてメタルジグを使うタイミングは、【ワームでアジが反応しない】タイミングであり、現場に着いて一投目から投入するものではない・・・ということですね。

特に夜の時間帯は「スローな動きをするもの」への反応が良くなるため、所謂「ジグ単」の釣りを中心に攻めることが基本です。ただし、時と場合によっては、夜の時間帯であってもメタルジグへ好反応を示すケースも(少なからず)あるため、戦略の一つとして、引き出しの中へ閉まっておくのも、一つの手です。

 

個人的に思う、アジングでメタルジグを使うタイミングですが、これはやはり「明るい時間帯」ですね。明るい時間帯でのワーム使用は、どうしてもアジに見切られやすくなってしまい、釣果が伸びない傾向が強いのですが、メタルジグでのスピーディーなアクションにて狙うことで、所謂【リアクションバイト】を誘発することができ、ワームとは違う攻め方にて、アジを狙うことができるようになります。

おすすめなのが、夜から朝に切り替わるタイミングで、所謂「朝まずめ」と呼ばれる時間帯ですね。この時間帯は、アジが捕食しているベイトフィッシュが一気に動き出す時間帯であり、そのタイミングを狙いメタルジグを投入することで、ワームよりも遥かに好反応を得られることもあるため、ぜひ一度試してみて下さい。

アジをメタルジグで狙うときの使い方

メタルジグは、ジャカジャカと激しい動きで魚を誘うイメージが強いですが、アジングでメタルジグを使うときの使い方としては、基本として【フォールで食わす】ことを意識するのが一番です。アジはフォールに弱い習性を持っており、より具体的に言うと、激しい動きでアジにアピールし、その後のフォールで口を使わせる・・・という感じですね。

アジングにおけるメタルジグの使い方としては、キャスト後任意のレンジまでメタルジグを沈め(←アジがいるレンジを把握することが釣果を伸ばす鍵)、ジャカジャカジャカと2〜4回ほど縦に細かいシャクリを入れ、その後カーブフォール(よりリアクション的なバイトを誘発したいときはフリーフォールでもOK)で5秒ほどステイを入れ、後はこの繰り返しです。多くの場合、アクション後のフォール中にガツン!とヒットするため、アタリがあれば即合わせで対応すればオッケーです。

 

アジングでのメタルジグ使用は、「フォール」を用いた使い方が中心となるため、ヒラヒラとスローにフォールしてくれる「後方重心」のメタルジグが有望で、使うメタルジグの種類によって釣果が目に見えて変わることもあるため、使うメタルジグ選びは慎重に行い、アジの反応が良いメタルジグをセレクトするのが一番です。

メタルジグの重さは1g〜5g程度が基本

アジングで使うメタルジグの重さですが、個人的には「1g〜5g」の幅で使うことが多いです。一番使用頻度の高いウエイトは「3g」で、よりスローな誘いを掛けたいときは「1g」のメタルジグを使うのもありですね。(ここ最近、1g前後のメタルジグを用いたアジングが流行っているそうです)

ただ、本来はアジングを楽しむ場所の潮流や水深によってメタルジグの重さを調整するのが一番なので、「アジングには1g〜5gのメタルジグしか使ってはいけないんだ」という先入観を持つのではなく、場合によっては10g、15gのメタルジグも視野に入れる・・・みたいな感じで、その場所にあった重さをセレクトすることをおすすめします。

 

ちなみに、個人的には30g〜40g程度のメタルジグを使いアジを狙うこともあり、こうなるとアジングではなく「ショアジギング」にカテゴライズされる釣りとなってしまいますが、そのような釣りもあるということを知っておくと、釣りの幅が更に広がるんじゃないかな?とは思いますね。

タックル(ロッド・リール・ライン)について

アジングでメタルジグを使うときのタックルセッティングですが、ジグ単で使うような繊細なタックルではメタルジグを使うべきではありません。最悪のケースではロッドの破損に繋がるケースも考えられるため、アジングでメタルジグを使うときは比較的パワーの強いタックルセレクトを心がけることをおすすめします。

一例としては、ロッドは「6〜7ft程度のチューブラーティップアジングロッド」がおすすめで、リールは「2000番」、ラインは「PEライン0.4号に、フロロカーボンショックリーダー4lb程度」がおすすめです。

尺アジにメタルジグが効果的?

なんとなく、「尺アジはメタルジグで良く釣れるんじゃないか?」そのようなイメージを持ってしまいがちですが、個人的な見解としては【メタルジグを使ったからと言って必ずしも尺アジが釣れやすくなる】とは思っていません。確かに尺アジは小さなベイトフィッシュを捕食していることも多いため、小魚をイミテートしているメタルジグに分がありそうな気もしますが、実際尺アジを釣っている人の多くは「ワーム」を活用し、釣っている人が多いです。

もちろん、ワームが効く場面もあれば、メタルジグが効く場面もあるため一概には言えませんが、尺アジを狙うときも、通常のアジング同様【ワームを主に、サブでメタルジグを使う】という戦略が一番効率的だと言えるため、その日その場所の傾向をチェックし、ワームとメタルジグを上手く使い分けることで、より良い釣果を得られることは間違いないでしょう。

リグデザインはアジング・メバリングなど、ソルトライトゲーム製品をリリースしているメーカーです

Amazonでリブリブを見る


関連記事

  1. アジングを昼間に楽しむときのコツ

    2018.09.30
  2. アミパターンでの【アジング】攻略法まとめ

    2019.06.12
  3. 「アジング」尺アジを狙って釣るときに意識しておきたいポイント

    2018.12.03
  4. アジングでサバしか釣れない・・・そんなときに考えること

    2018.10.18
  5. アジングは「ただ巻き」でオッケー?その考え方とやり方を考えてみる

    2019.05.14
  6. 「アジング」雨の日や濁りのある日でも楽しむことができる?

    2018.10.01
PAGE TOP