「匂い付きワーム」はアジング・メバリングで効果アリ?その必要性について考えてみる

今回はアジングワームの「匂い」についてリグデザイン プロスタッフであるヤマグチの考えをまとめてみようと思います。リグデザインは釣具メーカーという立場上匂いがついているアジングワームの名前をここで紹介することができませんが、強烈な匂いによる集魚効果のあるワーム、パッと思いつくだけでも幾つかありますよね?

匂い付きワームと聞くと「匂いなんて本当に効果あるの?」「匂いなんていらない」「匂い付きのワームをアジング・メバリングで使うなんて卑怯」

色々な意見があるとは思いますが、その点についての僕の主観をこの記事にてお話していこうと思います

↑リグデザイン製品は匂いを付加しておりませんが、アジング・メバリングにて強烈な釣果を叩き出すことに成功しています。もちろん僕はメインで使っていますし、全国各地沢山のアングラー様に使ってもらい、沢山の結果を残してくれています。アジ・メバルをコンスタントに釣りたい・・・なら、リグデザインワームをぜひ一度使ってみて下さい

ワームの匂いがなくてもアジング・メバリングにてコンスタントな釣果を求めることは可能

そもそも、アジングやメバリングにおいてコンスタントな釣果を圧倒的に求める場合、ワームへの匂い付加は必要なのか?という議題に対する僕の答えとしては「匂いなんてなくても圧倒的な釣果を生み出すことは可能」だと考えています。過去10年以上アジング・メバリングを楽しんでいますが、匂いのないワームにて信じられない数の魚を釣ってきましたし、匂い付きワームを使っている友人の横で平然と釣果を伸ばし続けた過去もあります

ワームの匂いが必ずしも必要なのか?そう極端な意見を求められた場合、「匂いはいらない」というのが僕の率直な意見です

ただ、匂い付きワームの威力も凄い

僕は匂い付きのワームを使わない派の人間です。その理由は後ほど詳しくお話しますが、これは匂い付きのワームを否定しているのではなく、あくまで僕の意見、主張だという観点から耳を傾けて頂ければと思います。匂い付きワームを使うことが良し悪しではなく、自分が信じた道を真っ直ぐ進むことが一番です

アジングやメバリングにて匂い付きのワームを使わない、そんな僕ですが、当然「匂い付きワームにて実釣した経験」はあります。匂い付きのワームと匂いがないワームで釣り比べをしたことだってあります

 

その結果、やはり匂い付きのワームって釣れるんですよ。圧倒的な集魚効果だと思います。中には、針に付けて放置しているだけ、つまり餌釣りの要領で試してみた結果、素晴らしい釣果を叩き出したこともあります

ただ、さっきもお話したように「匂いがないワームでもコンスタントな釣果をあげる」ことができますし、絶対的に匂い付きのワームを使わなければいけないなんてことはありません。僕的な匂い付きワームの使い方としては、匂いがないワームではどうしても反応がない場合、餌釣りの要領で匂い付きワームを投入するのがいいんじゃないかな?とは思っています。ボウズ逃れの一手、メインではなくサブ、釣れないときの必殺技、その観点で匂い付きワームを使ってみてはどうでしょうか?

匂い付きのワームは卑怯なのか?

僕がリグデザインを立ち上げる何年も前、友達たちと釣りに出かけたときに「匂い付きのワーム」を使ったことがあるんです。そのとき、友達から言われた言葉が今でも脳内で繰り返し再生されるほどは印象に残っています。「それ、卑怯じゃない?」

そのときは匂い付きワームも匂いがないワームでもそこそこアジが釣れていたんですが、その友達からすると「匂いがついているワーム」は邪道であり、アジング道に反するとのことでした

 

確かに、ゲーム性が高いアジングやメバリングにおいて「匂い」で魚を寄せるなど何事か!と考えてしまう気持ちも分かりますが、釣りって遊びですよね?趣味ですよね?仕事じゃないですよね?素直に楽しむことが一番だと思うんです

匂い付きのワームが邪道であり、それを使うなんてあり得ないと思っている人、匂い付きのワームで魚を釣ることに楽しみを感じている人。ここに卑怯も卑怯じゃないもありません。あるのは「自分がどう楽しむか?」という事実だけ

 

僕は当時、釣具屋さんで見かけた匂い付きワームが気になって気になって夜中の3時に必ず目を覚ましてしまうレベルで気になっていたので、興味本位で使ってみました。これは、釣りを楽しむための好奇心であり、ここにそれ以上それ以下の気持ちはありません

純粋に楽しんでいる人に対し「それ卑怯じゃない?」この言葉、ダメですよね?さすがに額を手のひらでブタれるぐらいでは全く怒らない僕も怒っちゃいましたね。おい、何をしょーもないこと言ってるんだ!と

匂い付きのワームは卑怯なのか?この課題に対しての結論としては、「卑怯ではない」「自分が使いたいものを使えばいい」ということで

僕が匂い付きワームを使わない、作らない理由

ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、僕はリグデザインという釣具メーカーの代表であり、プロスタッフとして活動しております。そんな僕ではありますが、匂い付きのワームを実釣で使うことはありませんし、今後匂い付きのワームをリリースすることはないと考えています

理由は単純に「匂いの必要性を感じていないから」です。もちろん、匂いを付けることで集魚効果が強くなり釣果を伸ばせる可能性もありますが、僕がワームに求めるパフォーマンスとして「匂いで魚を寄せる」「匂いでバイトさせる」という理想がないんですよ

 

あくまでワームのみのポテンシャルで魚を寄せ、魚にバイトさせる、これが僕の信念であり、僕なりのアジング・メバリングの楽しみ方でもあります。もちろん、匂い付きのワームを否定しているのではなく、あくまで僕の主観的な考えです。こだわりと言ったほうが分かりやすいか

それと、匂い付きワームって保管が大変です。カバンの中や車内に液体が漏れ悲惨なことに・・・って話、よく聞きますし、この点も楽にラフにライトゲームを楽しみたい僕の理想とかけ離れており、個人的に匂い付きワームをメインとして使うことは今後もないでしょう

ただ、匂い付きワームは使い所が沢山ありますし、実際よく釣れるとは思います。詰まるところ匂い付きのワームでアジング・メバリングを楽しむか、匂いなしのワームを使うか、ここは個人の主観的な部分が大きいですし、言ってしまえば「好きなほうが使えばいい」で完結するお話です

卑怯かどうかは他人が勝手に判断することですし、自分が「匂い付きワームは卑怯でもないし、釣れるなら使って当然」という思考なら、人の目など気にせずガンガン使っていきましょう。ただ、液漏れにはご注意を

↑使えば分かるハイパフォーマンスワームです。全国5000枚を超える釣果報告を頂いており、そのパフォーマンスは匂い付きワームに匹敵するパフォーマンスを持ち合わせています。事実ベースでアジ100匹、メバル50匹!など、1釣行辺りの釣果数が凄いことになっているため、ぜひ試してみて下さい

最高のパフォーマンスで釣果を最大化しよう!リグデザイン製品をオンラインストアでチェック!

オンラインショップはこちら

最近の記事

  • 関連記事

カテゴリー

PAGE TOP