アジングで「スナップ」は使わない?付ける派の僕がその理由を噛み砕いてお話します

今回は「アジングにおいてスナップは使わないほうがいいのか?」それとも「アジングではスナップが必須なのか?」という点についてリグデザイン プロスタッフであるヤマグチの意見をまとめていこうと思います。

アジングでスナップを使うか否か?という議題ですが、スナップを使うかどうかで釣果に影響することもあるでしょうし、より釣果を最大化したいのであれば、自分がアジングにてスナップを付ける派なのか?それともスナップなど必要ないと考える派なのか?ハッキリしておいたほうが良いと思います

https://lig-design.com/wp-content/uploads/2018/09/釣り-5-300x300.png
リグデザイン

↑リグデザイン「リーブイ」は1.6インチ、超微波動系のアジング超最適モデル!ぜひ活用してみて下さい

スナップ付ける派の僕が思う「スナップを活用したほうがいい」メリットまとめ

リグデザイン代表であり、プロスタッフとして活動している僕ですが、かれこれ10年以上アジングという釣りを楽しんでいます。そんな僕が「アジングにてスナップは付けたほうが良いのか?」と問われると、2秒の間を空けることなく【アジングでは必ずスナップを使う】と答えます

あくまで僕のこだわりではありますが、アジングにおいてスナップ使用率は100%です。途中でスナップがなくなったとか、家に忘れてきたとき、仕方のない場合を除き、意図的にスナップを使わなかったことは一度もありません。呼吸と同じ。

 

だからと言って、他の意見をバッサリ切り捨てて「アジングでは確実にスナップを使うほうが良い」なんてことをいうつもりはないですが、僕がアジングにおいてスナップを使っている理由って明確にハッキリしているんですよ。つまり、スナップを付けることによるメリットが大きいことから、アジングにてスナップを使っています

では、アジングにてスナップを付けるとどのようなメリットをプラスすることができるのか?まとめてみます

・ジグヘッドの付け替えが楽
・リーダーの消耗を抑えられる
・スナップHITがある

ジグヘッドの付け替えが異常に楽

アジング用に売られているスナップって、多くの場合「ワンタッチで瞬時にリグ交換を行うことができる」ようになっています。噛み砕くと、ジグヘッドを交換したいときにラインを切らずにスッと瞬時に付け替えることができる・・・スナップを使うことで夢のようなメリットを得ることができるんですよ

僕の場合、凄く頻繁にジグヘッドを交換します。0.2g単位のウエイトを細かくローテーションすることが多く、2投とか3投に一回ジグヘッドの重さを変えることもあります。そうなると、その都度バッサリバッサリラインを切ってジグヘッドを結束して・・・なんてやってると無駄な時間消費を免れません

 

アジングの時合は短いことも多く、モタモタしていると釣果を落とす原因となってしまい、そのデメリットが極端に嫌なんですよ。なので、僕にとってジグヘッド交換が楽でスムーズに行える「スナップ」はアジング必須アイテムと言えます

ジグヘッド交換頻度が高い人や、結束の手間による時間ロスが嫌な人は、深く考えずスナップを使いアジングを楽しむことをおすすめします

合わせて読みたい
使うジグヘッドの重さは超大切!アジング釣果を左右する項目を確実に知っておこう!

リーダーの消耗を抑えられる

PEラインやエステルラインを使うときは、ショックリーダーを結束します。僕の場合長くても30cmほどのショックリーダーでアジングを楽しむため、切って結束してを繰り返しているとあっという間にリーダーがなくなります。ひどいときは10cmほどしか取らないときもありますから・・・

ご存知の通りショックリーダーの結束って色々手間です。できれば現場で再結束なんてしたくないですよね?特に風が強い日なんか、上手く結束できなくてヒーヒー言わないといけません。

スナップを付けることでショックリーダーの消耗を抑えられ、結果としてリーダー再結束の手間も減るのでまさに一石二鳥です

スナップに掛かることがある

残念ながら写真データが見つからず残念ですが、そこそこな確率でスナップにアジが掛かります。もちろん、100回に一回とか、凄く少ない確率だとは思いますが、なぜかスナップにアジが掛かります

上手くフッキングしなかったアジを、スナップのおかげで釣り上げることができる・・・素敵ですよね。(そうメリットでもないですが、一応書いておきました)

スナップなんて使わない派の意見まとめ

僕のように、呼吸をするレベルでスナップを必要としている人がいる一方、「アジングにスナップなんて必要ない」という意見を持っている人がいます。もちろん、どちらが良くてどちらが悪いという話ではなく、アジングにてスナップを使うことによるメリット・デメリットを比較し、自分で出した答えを忠実に信じることが一番です

とはいえ、僕は根っからの「アジングでスナップ使う派」人間のため、スナップを使わない理由をまとめるのが難しいです。だから聞いてみました、スナップを使わない派の人が考える「悪魔のようなデメリット」を。

同じく10年以上アジングを楽しんでいる人が考える意見のため、どうぞ参考にして頂ければと思います

・感度が悪くなる
・強度が心配
・荷物になる

感度が悪くなる

アジングで釣果を伸ばすには「感度」が大事です。生き物が食事を取らないとたちまちやせ細り、栄養不足で生きることが難しくなるように、アジングで感度を犠牲にすることは釣果を押し殺すことになると言っても可笑しくないほどは軽く見ないほうが良い項目です

スナップを使うということは、ジグヘッドとラインとの間に余分な物体を挟むことになるため、スナップを付けていない状態よりは感度が悪くなってしまう可能性があります。ほんの少しの差かもしれませんが、この差が釣果に関係することも否めないため、よりストイックに考えるのであれば「感度面を考慮しスナップを使わない」という選択肢を取ることもありでしょう

強度が心配

スナップを付けることにより強度が心配という意見も頂きましたが、あくまで一般的なアジングを楽しむ上でスナップ強度なんて(ほとんど)気にしなくても大丈夫です。よく考えてみて下さい。20cmそこそこのアジがスナップを引き伸ばせる力があると思いますか?ありませんよね?

もしあり得たとしたら、恐らく一介のアジングロッドがぶち曲がり、ドラグが全力で走りラインを全部出されるほど力が強いアジなのでしょう。つまり、20cm台のアジを中心にアジングを楽しむ方がスナップ強度を気にする必要性は全くなし

 

ただ、40cmを超えるアジがバコバコと釣れるとか、外道としてシーバスやチヌやヒラメなんかがひたすらヒットしてくる・・・って状況下だと、アジング用スナップであれば伸ばされてしまう可能性もあるでしょう。恐らく先にラインが切れますが、あくまで最善を尽くしたいのであれば、スナップを付けず直結にて強度アップを計るべきでしょう

収納が面倒だし荷物が増える

単純に「スナップ付けると荷物が増えるじゃん」という意見。ごもっともです。スナップって袋のまま入れておくと取り出すときに中身全てをぶちまけてしまうことが多いですし、寒い季節なんかだと手がかじかんで上手く取り出せません。よって専用ケースがあったほうがいいですが、より荷物を少なくしたい人にとってこれは最早拷問。使う荷物を最小限にしたい人はスナップを付けないという選択肢もありですね

ちなみに僕はケースへスナップを入れておいたところで、よくカバンの中へ全スナップをぶちまけています。片付け大変

https://lig-design.com/wp-content/uploads/2018/09/釣り-5-300x300.png
リグデザイン

アジングでコンスタントな釣果が欲しい!そんな人ほど↑のワームを使ってみて下さい。僕はこれらワームを使い数千匹のアジを釣ってます

最高のパフォーマンスで釣果を最大化しよう!リグデザイン製品をオンラインストアでチェック!

オンラインショップはこちら

最近の記事

  • 関連記事

カテゴリー

PAGE TOP