Loading

BLOG

メバリングロッドの長さを考えてみる

今回は、メバリングで使うロッドの長さはどれくらいがベストなのか?という点についてまとめていきたいと思います。メバリングロッドは、各メーカーから各シリーズが沢山リリースされていますが、各シリーズ毎に異なるレングス(長さ)が用意されており、これからメバリングを始める初心者の方にとっては、「どの長さを選べば良いか分からない」と感じることが多くなるでしょう。

ロッドの長さはft(フィート)で表されることになり、メバリングロッドに限って言うと6ft〜8ftまでのレングスが中心となってくるため、その範囲内で、メバリングにはどのくらいの長さが適しているのか?その疑問について、探っていきたいと思います。

長いロッド、短いロッドの長所短所を考え、メバリングで使うロッドの長さを決めよう

メバリングロッドの長さを決める前に、まず「短いロッドと長いロッドでは、一体何がどう違うのか?」という点について知っておく必要性が出てきます。両者の特徴を知ることで、自分が必要とするメバリングロッドのレングスが見えてくるため、まずは長いロッド、短いロッドの長所、短所を知り、メバリングロッド選びに活かしていくことをおすすめします。

まず、長いメバリングロッドを選んだときのメリット、デメリットですが、(短いロッドに比べると)「飛距離が出やすくなる」「魚とのやり取りが楽になる」「足場の高い場所で有利」「長くなればなるほど、取り回しが悪くなる」「感度が悪くなる」、このような点が挙げられます。

 

一方の短いメバリングロッドを選んだときのメリット、デメリットですが「感度が良くなる」「取り回しが良くなる」「自重が軽くなる」「飛距離が伸びにくい」「足場の高い場所では扱いにくい」「大きなメバルが掛かったときに不利となる」、このような点が挙げられます。

では、この両者のメリット、デメリットを踏まえ、「メバリングロッドはどのくらいの長さがベストなのか?」という点について、掘り下げていきたいと思います。

足場の高い場所や、飛距離が必要な状況下では長めのロッド

ここでは、7ft〜8ftのメバリングロッドを「レングスが長いロッド」と位置付けます。まず、レングスが長いメバリングロッドを使うべき状況下ですが、これはやはり「足場の高い場所でメバリングを楽しむとき」「飛距離が必要なとき」この2点が挙げられます。

例えば、足元から水面まで5m以上あるような堤防であったり、テトラ帯の上からメバリングを楽しむときなど、短いロッドでは取り回しや魚とのやり取りが難しくなる状況下では、少しでも長いレングスを保有するメバリングロッドがおすすめです。このように足場が高い(悪い)エリアでメバリングを楽しむときは、ロッドレングスが快適に釣りを楽しめるかどうかを大きく左右することになるため、自分がどのような場所を中心にメバリングを楽しむことになるのか?を考え、メバリングロッドの長さをセレクトすることをおすすめします。

 

また、サーフやゴロタ浜など、基本的に「飛距離有りき」のメバリングを楽しむときも、レングスが長いメバリングロッドがおすすめです。一般的にロッドレングスが長くなるほど飛距離を伸ばしやすい傾向にあり、短いメバリングロッドでは届かない場所も狙えるようになるため、飛距離重視の釣り場では、ロッドレングスが長いメバリングロッドが必須だとも言えますね。

より感度重視に釣りを楽しむなら短いロッドもあり

実際のところ、メバリングにおいてレングスが短いロッドを使っている人は少数派だとは思いますが、6ft台のロッドなど、短いメバリングロッドを使うときに得られるメリット、デメリットについてもまとめておきたいと思います。

まず、短いメバリングロッドを使うことで「圧倒的な取り回しやすさ」を得られることになり、長いロッドでは決して得られることのない「楽さ」を得ることができます。長時間メバリングを楽しむときなどは、短いメバリングロッドで楽しむというのも1つの手かもしれませんね。

 

そして、短いロッドは一般的に(長いロッドと比べると)「感度」が良くなるとされており、活性が低く、ボトムにべったり張り付いているようなメバルを狙うときなどは、短いメバリングロッドの持つ感度性能が釣果に好影響を与えることもあるでしょう。メバリング経験者の方はご存知でしょうが、低活性なメバルを相手に釣りを楽しむときは、如何に小さなアタリを見逃さないか・・・が釣果を分ける鍵となるため、ロッドの感度性能がモノをいう場面もある訳です。

ただし、ロッドレングスが短くなるほど「飛距離が伸びない」「足場の高い場所で不便」などのデメリットも生じるため、それらデメリットとメリットを照らし合わせ、使うロッドレングスを選ぶことをおすすめします。

 

ちなみに、個人的には7ft台のメバリングロッドを中心に使っていますし、初心者の方におすすめするときも7ft台のメバリングロッドを勧めるようにはしていますので、ある程度の参考までにどうぞ。

長さだけではなく、テーパー(調子)も考えたほうが良い

メバリングロッドの長さを決めるときは、純粋なロッドの長さだけではなく、テーパー(調子)についても考慮しておくことをおすすめします。テーパーというのは、簡単に言うと「ロッドのどの位置から曲がるのか?」ということであり、先調子、胴調子、レギュラーテーパー、スローテーパーなど、このような呼び方をすることもありますね。

メバリングでは「ただ巻き」主体の釣りを展開することが多くなるため、ロッドに求められる性能としては「乗せ調子」が最適とされています。つまり、ロッドが良く曲がり、メバルのアタリに対しロッドが純に対応してくれることが望ましくなるため、(どちらかと言うと)「レギュラーテーパー」寄りのメバリングロッドがおすすめです。

 

反対に、乗せ調子ではなく、より感度良く細かいアタリをモノにしたいときは、一般的に「掛け調子」と呼ばれるロッドを使い、所謂「先調子」のメバリングロッドを使うことが好ましいですね。

ただし、これからメバリングを始めるような初心者の方は、メバルのアタリをロッドが(ある程度)対処してくれる、レギュラーテーパー寄りのロッドが好ましいと言えるため、大体の参考までにどうぞ(メバリング専用として売られているロッドはレギュラーテーパー寄りのセッティングが多くなっています)

合わせて読みたい

メバリングは安いロッドでも問題なく楽しむことができるのか?

 

リグデザインはアジング・メバリングなど、ソルトライトゲーム製品をリリースしているメーカーです

Amazonでリブリブを見る


関連記事

  1. ニオイ付きのワームは、ライトゲームで効果あり?その真相に迫ります

    2018.10.19
  2. フロートリグの使い方まとめ!《アジング・メバリング》沖にいる魚を狙い撃とう!

    2019.04.23
  3. メバリングリールは「ハイギア」「ローギア」どちらが優れているのか?ギア比について…

    2018.12.04
  4. メバリングは「レンジキープ」が必須!?そのコツと重要性を考えてみる

    2019.05.07
  5. メバリングは値段の安いリールでも問題なく楽しむことができるのか?という点について…

    2018.12.04
  6. ライトゲームで装備しておくべきアイテムまとめ

    2018.11.28
PAGE TOP