Loading

BLOG

昼にメバルを釣る!デイメバリングを楽しむときのコツを紹介

今回は、夜に楽しむイメージが強いメバリングを、昼の時間帯に楽しむときのコツについてまとめていきたいと思います。昼にメバリングを楽しむことを「デイメバリング」と呼び、一般的には「昼にメバルを(ワームで)釣るのは難しい」とされているため、その点を踏まえた上で、参考にして頂ければと思います。

メバリングは、夜より昼のほうが難易度が高いと言われる理由

あくまで一般的に言われていることではありますが、メバリングは夜よりも昼のほうが難易度が高いとされています。そのため、これからメバリングを始めようと考えている人は、デイメバリングではなく、夜の時間帯にメバリングを楽しむことをおすすめします。メバリングに慣れていない内からデイメバリングを楽しんでしまうと、その難易度の高さで嫌気がさしてしまう可能性が高くなってしまいますから。

では、なぜメバリングは夜より昼の時間帯のほうが難易度が高いのか?その理由として「ワームを見切られやすい」「メバルが浮いていない」この点が挙げられます。

 

まず「ワームを見切られやすい」という点ですが、文字通りメバルがワームを偽物の餌だと判断し、口を使ってくれないことが多いのです。メバルは「目張」と書くほどは大きな目をしており、その大きな瞳を使い餌を良く観察しているため、視認性の良い昼の時間帯は、どうしてもワームを見切ってしまいやすいのです。その点、夜は視認性が極端に悪くなるため、「メバルにワームを見切られにくい」という有利な状況下で釣りを展開できるというのが、夜よりもデイメバリングのほうが難易度が高い・・・とされている要因の1つです。

そして「メバルが浮いていない」という点ですが、メバルは根魚に分類される魚のため、本来は根の周りに好んで生息している魚です。(もう少し言うと、根から少し浮いたところに定位していることが多い)

 

しかし、夜の時間帯になると餌を捕食するため表層まで浮いてくる傾向にあり、また「餌を食べてやる」という活性が高い状況下であるため、夜の時間帯に表層へ浮いているメバルを釣るのは、比較的簡単だと言えるのですね。

一方昼の時間帯は、メバルが表層に浮くことが少なく、仮に浮いたとしてもワームを見切られやすくなってしまうため、これらの点を考えると、圧倒的に【メバリングは夜のほうが簡単】だと言えるのです。

デイメバリングを楽しむコツは「際」と「リアクション」の2点

では、絶対的に「メバリングは夜に楽しむべきなのか?」となるとそうではなく、昼の時間帯であっても、やり方さえ正すことができれば、デイメバリングで釣果を残すことは可能です。(ただし、夜より難易度が高くなるという事実は変わりません)

ワームを使い、昼にメバルを狙うときは「際」と「リアクション」この2点のキーワードが大きなキーポイントとなり、この2つを外してしまうとデイメバリングにおいて釣果を残すことが難しくなるため、この2点について詳しく見ていきたいと思います。

 

まず「際」ですが、これは文字通り「堤防際やテトラ際」を指し、具体的に言うと【何かしらのストラクチャーに付いたメバルを狙う】ことが、デイメバリングで釣果を残すための基本となります。前述した通り、昼はメバルがボトムに付いていたり、何かしらの根についていることが多いため、その辺りを重点的に攻め、ピンポイントにメバルの前にワームを落としてやる・・・これが大事です。

例えば、堤防際に落とし込み、際に付いているメバルを探っていく・・・という感じですね。

 

そして、デイメバリングで釣果を伸ばすための釣り方ですが、「リアクションバイト」を狙う釣り方が有効的です。リアクションバイトとは、メバルが餌と思いワームに食らいつくのではなく、反射的にワームに食いつくことを指す言葉であり、簡単に言うと「反射食い」を狙う釣り方となります。

くどいようですが、昼は視認性が良くなる関係上、メバルからの視認性が良くなり、普通の釣り方(ただ巻き)などではどうしても見切られやすくなってしまいます。そこで「ライトワインド」や「ダート」と呼ばれる釣法を使い、反射的に口を使わせる手を使うのが有効的なのです。

 

簡単にリアクションバイト狙いの釣り方を説明すると、チョンチョンとロッドでワームへアクションを加え、その後のフォールで口を使わせる・・・イメージとしてはこんな感じですね。(具体的なやり方は別ページでお話しているため、そちらを参考にどうぞ)

合わせて読みたい

ライトワインド(ダート)でメバルを釣る
ダート用のジグヘッドを知る

昼にメバルを狙うときの場所選び

デイメバリングを楽しむ上でよく聞かれる点ですが、「昼にメバルを狙う場所選び」は、とにかくメバルがいる場所へ釣行するのが釣果を伸ばす一番のキーポイントとなります。メバルがいる場所へ釣行する←ここで言うまでもなく当然のことではありますが、デイメバリングで釣果を残せない人の多くが「メバルがいない(少ない)場所」へ釣行している傾向にあるため、一応書かせて頂きました。

デイメバリングを楽しむための場所選びは決して難しいものではなく、【夜にメバルが良く釣れている場所】へ釣行するのが一番です。夜にメバルが釣れている場所が分からない・・・という人は、まずは昼のメバリングではなく、夜のメバリングを楽しみ、メバルが良く釣れる場所をサーチするのが先決ですね。

 

もしくは、インターネットや釣具店でメバルが釣れている場所をリサーチし、その場所へ釣行するのも1つの手です。いずれにしても、デイメバリングを楽しむためには「メバルがいる場所」を知ることが一番のキーポイントのため、まずはメバルの魚影が濃い場所選びから始めてみることをおすすめします。

デイメバリングで使うワームは「ダート」に特化したものがおすすめ

もう1つ、デイメバリングでよく聞かれる質問の中に【昼にメバルを釣るには、どのようなワームが良いか?】というものがありますが、これに対する個人的な答えとしては「市販されているワームであればどれでも大丈夫」というのが結論。売られているワームは全て腕のあるプロ達がテストにテストを重ねリリースしているため、釣れないほうがおかしい・・・と言えるのです。

しかし、デイメバリングに適したワームというのが存在しており、それは「ダートに特化した」ワームで、所謂「リアクションの釣り」に特化したワームが、昼のメバリングにおいて大きな力を発揮します。

 

前述した通り、デイメバリングでは「ただ巻き」よりは「リアクションの釣り」のほうが有効性が高いため、左右にキレキレのダートアクションを生み出してくれるワームと、ダートに特化したジグヘッドを使うことにより、よりパフォーマンス良く、昼のメバルを狙い打っていくことができますよ。

メタルジグを使うと言う手も

デイメバリングでは、ワームではなく「メタルジグ」を使うという手もあります。メタルジグによるクイックアクションがリアクションバイト狙いの釣りに適していますし、メタルボディが反射することによるリアクションバイトも狙えるため、場合によっては「ワームより遥かに強い武器」となり得ることもあります。

使い方はワーム同様、メバルがいる場所(堤防際やテトラ際)にメタルジグを投入し、チョンチョン→フォールを繰り返すだけでオッケーです。そこにメバルがいれば、早い段階で結果が出ることでしょう。

リグデザインはアジング・メバリングなど、ソルトライトゲーム製品をリリースしているメーカーです

Amazonでリブリブを見る


関連記事

  1. メバリングはPEライン、フロロカーボンライン、ナイロンライン、どれを使うべきなの…

    2018.12.04
  2. ワームの「ケイムラ」とは?アジング、メバリングで効果はあるのか?

    2018.09.30
  3. アジングやメバリングで「ボトムが分からない・・・」そんなときの対処方法まとめ

    2019.06.13
  4. アジングやメバリングで「フグ」にワームを噛みちぎられるときに考えること

    2018.10.19
  5. アジングやメバリングの「マナー」まとめ

    2019.06.12
  6. メバリングで必要な【飛距離】について。飛ばない・・・←問題ない

    2019.06.11
PAGE TOP