Loading

BLOG

アジングでリリースするときに意識しておきたいこと

今回は、アジングで釣れたアジを「リリース」するときに意識しておきたいことをまとめていきます。アジングは、調子の良いときは100匹以上のアジが釣れ、つまり「数釣り」を楽しむことができる釣りのため、その全てを持ち帰ってしまうと、処理が面倒ですし、毎日毎日食卓にはアジが並ぶ・・・そんな生活を送らなければいけなくなってしまいます。

そもそも釣ったアジをリリースしても良いのか?リリースするときの注意点は?という点について具体的に触れていこうと思いますので、アジングでのリリース問題に興味のある人は、ぜひ参考にして頂ければと思います。

リリースすることに関しては、何の問題もない

そもそも、アジングで釣ったアジをリリースするのはオッケーなのか?という疑問を持たれる人が一定数いらっしゃるようですが、個人的には「リリースしてもオッケー」だと思っていますし、自分が持ち帰る分以上のアジは、必ずリリースするようにしています。持ち帰ったは良いが、結局食べずに廃棄してしまった・・・こうなるよりは、元居た場所に戻してあげるほうが良いでしょうし、無駄なダメージを与えない限りは、リリース後の生存率がそこまで低下することもないでしょうから、特に気にせずリリースしても良いんじゃないかな?というのが、個人的な見解です。

しかし、釣れたアジをリリースするときは「できる限りダメージを少なく」リリースするのが基本で、致命的なダメージを与えてしまったアジに関しては持ち帰ることを念頭に置き、自分の中でルール化しておくことをおすすめします。

できる限りダメージを少なくリリースしよう

アジングで釣れたアジをリリースするときは、リリース後の生存率を考慮し、なるべくダメージを少なく海に帰してあげることを意識した上で、優しくリリースすることをおすすめします。

例えば、写真撮影のために長時間放置していたり、フック(針)を外すときに顎を外してしまったり、地面に叩き付けたり、投げるように海へ放り投げたり・・・このようなことはなるべく止めるようにし、リリースするアジは写真撮影などを手短に行い、できれば1分以内に海へ帰してやることが理想的ですね。

 

後は、【素手で触らない】ことも大事です。人間の体温は魚にとって高温になるらしく、(真意は分かりませんが)素手で触ることで火傷に似た状態になってしまうそうです。フィッシュグリップなどを使い、直接手で触らないようにリリースするのも、一つの方法ですね。

持ち帰りサイズは特に気にしなくてもオッケー

釣れた魚をリリースするときは、「○○センチ以下の魚はリリースする」このようなローカルルールが設定されていることも珍しくありませんが、アジングに関しては【持ち帰りサイズを特に気にしなくても良い】と考えています。

成長が遅く、乱獲してしまうと目に見えて数が減ってしまう根魚等とは違い、アジはそもそものストック数が多く、回遊性の高い魚のため、釣り人が多くのアジを釣り上げ、持ち帰ったところで、生態系に大きなダメージを与えることは考えにくいでしょう。実際、どこの釣り場でもサビキ釣りで数百匹単位のアジを持ち帰っている人を良く見かけますが、それでもなおアジの数が大幅に減っていることはありませんからね。

 

15cmに満たないような豆アジは南蛮漬けや唐揚げ、天ぷらなどで食べることができますし、大きなアジになると塩焼きや刺し身など、美味しく頂くことができるため、アジングで釣れたアジは(自分たちで食べられる分だけを)持ち帰り、美味しく頂いちゃいましょう。

リリースすると食いが悪くなる?

アジングを楽しんでいる人の中には、【釣れたアジをリリースすることで、他のアジの食いが悪くなる】という意見をお持ちの方がいらっしゃいます。もちろん、その意見を全否定する訳ではありませんし、実際リリースすることで活性が(少しだけ)低くなったかな?と疑問に感じる場面に遭遇したこともあるのですが、個人的な経験として、リリースした後でも平気で釣れてくれますし、リリースしたことによって釣果に限りなく大きなダメージを与えてしまった経験がありませんので、それほど気にしなくても良いんじゃないかな?というのが本音ですね。

ただし、アジングを楽しんでいる人の中には「リリースすると食いが悪くなるため、リリース否定派の人」がいるのも事実であり、無駄なトラブルを避けるためにも、人が多い場所でのリリースは避ける、もしくは離れた場所にリリースすることを意識し、誰も嫌な思いをしない釣りを心がける気持ちが大事です。

関連記事

  1. アジングで使うリールの番手はサイズが小さいものを選ぼう!1000番、2000番が…

    2018.09.27
  2. アジングロッドの長さを決めるときのポイント

    2018.09.26
  3. アジングを夜に楽しむときの戦略まとめ

    2018.10.04
  4. アジングで使うワームの大きさ(インチ)について考えてみる

    2018.09.28
  5. 風が強い日にライトゲームを楽しむコツと、対策方法

    2018.10.10
  6. アジングは安いロッド、安いリールでも楽しむことができる?

    2018.09.28
PAGE TOP