Loading

BLOG

アジングを始めるときの予算を計算してみる

今回は、「これからアジングを始めるぞ!」そんな人が、一から道具を揃えるときに掛かる予算を計算してみたいと思います。あくまで「アジングを長く続けるために必要最低限のスペックを持った道具」を揃えることをイメージし予算を計算していくため、人によっては高くも安くもなることを理解して頂いた上で、大体の参考にして頂ければと思います。

アジングの道具を揃えるときに必要な予算は32000円となりました

そもそも、アジングを始めるとなったときに、最低限どのような道具が必要なのか?という点ですが、基本的にはロッド、リール、ライン、ワーム、ジグヘッド、その他小物(ハサミなど)が必要となってきます。どれもこれもなくてはアジングを楽しむことができない必須アイテムのため、ここは妥協せず揃えていきたいところです。

そして、その全てを揃えたときに「一体どの程度の予算が必要なのか?」を計算すると、全ての合計で【32000円】となりました。これはあくまで、個人的に思う「必要最低限度のスペックを持った道具を揃えたときを想定した予算」となるため、よりハイスペックな道具を揃えるときは、もう数万円の予算が必要・・・と考えておいたほうが良いですね。ちなみにアジングロッドは(良いものになると)5万円を軽く超えますし、リールも同様です。

 

では、一体どのような内訳で「32000円」という予算が出たのか?を、簡単にお話していこうと思います。

ロッドは10000円〜

最近のアジング人気を見てか、各社から沢山のアジングロッドがリリースされています。価格も下を見ると2000円、上を見ると5万円を超すようなものがリリースされており、「一体どの価格帯のアジングロッドを買い揃えれば良いのか?」そう疑問に感じている人も少なくないはずです。

では、これからアジングを始める人が揃えるべきアジングロッドは、予算を幾らぐらいに設定しておけば良いのか?という点ですが、予算に余裕のある人は、限りなくハイスペックなモデルを買うに越したことはありません。アジングは「感度」が釣果に直結する釣りでして、クオリティの低いロッドを使ってしまうと、どうしても釣果に悪影響を与えてしまうキッカケとなってしまうのです。

 

そのため、あまりにも安いロッドは避けるようにし、最低でも「エントリークラス以上のアジングロッド」を手に入れておくことをおすすめします。もちろん、それ以下のアジングロッドでも問題なくアジングを楽しむことはできますが、【長くアジングを楽しむ】ことを念頭に置くのであれば、ある程度のスペックを保有しているアジングロッドを買うほうが、後々得をすることになるでしょう。

ということで、アジングロッドはエントリーモデルのボーダーラインとも言える「10000円」に予算を設定しておきます。ちなみに、個人的には2万円〜3万円ほどのロッドを複数本所有し、5万円以上する所謂ハイエンドロッドは、今まで一度も使ったことがありません。ハイエンドロッド、凄く欲しいのですが、いつも予算が追いつきません・・・

リールも10000円クラスのものを揃えよう

ロッド同様、リールも「それなりのもの」を買っておくほうが、長く愛用できます。最近のテクノロジーは物凄く、5000円ほどで売られているリールであっても問題なくアジングを楽しめるようになっていますが、当然ながらコストカットにコストカットを重ねたモデルとなるため、自重や巻き感など、長く使っている内に必ずと言って良いほど不満が生じてしまいます。

どうせ近い将来買い換えるのであれば、最初からある程度のスペックを有したものを買っておいたほうが得だと言えるため、リールもロッド同様、エントリークラス以上のもの(10000円〜)を揃えておくことをおすすめします。

ワームはお好きなワームを(最低でも)3色用意しておきたいところ

どのメーカー、どのシリーズでも良いので、自分好みのアジング用ワームを、最低でも【3色】は用意しておきたいところです。その日その場所の状況によって、アジが好反応を示すカラーは異なりますし、カラーローテーションを行うことでより釣果を伸ばすこともできるため、最低でも3色、できれば6色ほどのカラーを揃えておくのが無難でしょう。

合わせて読みたい

アジングで使うワームカラーを知る

 

ちなみに、リグデザインからリリースしています「リブリブ」は、アジング初心者の方でも扱いやすいワームとなっていますので、よければ活用してみて下さい。

リブリブの詳細はコチラ
アマゾンでも発売しています

その他小物で10000円ほど見ておいたほうが良い

・ライン
・ショックリーダー
・ジグヘッド
・ハサミ
・プライヤー
・フィッシュグリップ
など

ロッド、リール、ワームの他にも、アジングを楽しむためには、その他小物が必要になるため、最低でも10000円ほどは見ておいたほうが良いと思います。これら全てを合計すると【32000円】となるため、アジング初心者が(長くアジングを楽しむために必要なスペックを持った)道具を揃えるために必要な予算は約3万円ほど必要で、(恐らくオーバーするため)できることなら4万円ほどの予算を組み込んでおくことをおすすめします。

合わせて読みたい

アジングで使うラインの種類
ラインの太さを考える
ショックリーダーについて
ジグヘッドの重さは何gが必要か

関連記事

  1. アジングやメバリングで「フグ」にワームを噛みちぎられるときに考えること

    2018.10.19
  2. アジングラインの種類まとめ!PE・フロロ・エステル・ナイロン、それぞれの特徴を知…

    2018.09.28
  3. アジングで使うワームカラーとローテーションについて

    2018.09.30
  4. アジングの「合わせ方」と「アタリの取り方」を知る。乗らないときの対策方法も公開!…

    2018.11.27
  5. 「アジング」雨の日や濁りのある日でも楽しむことができる?

    2018.10.01
  6. アジングで釣れないときに考えられる6つの理由

    2018.11.30
PAGE TOP