Loading

BLOG

「アジング」口切れによるバラシを減らすためにできること

今回は、アジングにおいてアジをバラしてしまう要因の一つとなる「口切れ」についてのまとめです。口切れとは、読んで字の如く「アジの口が切れてしまうこと」を指す言葉であり、もう少し言うと「顎の弱いアジの口を、フッキングや強引なやり取りにより切ってしまうこと」であり、せっかく釣れたアジを逃してしまうどころか、アジに絶望的なダメージを与えてしまうことに繋がり、誰も得をしない避けるべき事態です。

ここでは、口切れによるアジのバラシを減らすためにできることをまとめていきますので、「口切れによるバラシが多い・・・」そんな人は、ぜひ参考にして頂ければと思います。

アジングでは、なぜ口切れが頻発するのか?

そもそも、アジングではなぜ口切れが多くなってしまうのか?という点ですが、アジはその見た目によらず、非常に「顎が弱い魚」でして、強い力が加わってしまうと、想像しているよりも遥かに簡単に、顎が口切れしてしまいます。

フッキングによる衝撃や、ピックアップ時の負荷により口切れを起こしてしまうことが多いため、アジングにてアジがヒットした後は、口切れを起こさないよう意識したやり取りを心がける必要性が出てきますね。では、アジの口切れを可能な限り減らすためには、どのような点を意識するべきなのか?この辺りについて、詳しく掘り下げていきたいと思います。

上顎にフッキングすることで口切れを回避することができる

アジは顎が弱く、強い力が加わることにより口切れを起こしてしまう・・・というお話をしましたが、それはアジの「横顎」に限った話であり、アジの【上顎】に関しては、よほどのことがない限り、口切れすることはありません。つまり、フックをアジの上顎に貫通させることで、無駄な口切れを可能な限り少なくすることができる・・・ということですね。

逆に言うと、横顎に掛けてしまうことで口切れのリスクが高くなってしまうため、口切れ少なくアジングを楽しむときは「上顎フッキングを意識」しながら釣りを展開することがおすすめです。

 

では、どうやってアジの上顎にフッキングさせるのか?という点ですが、アジは「吸い込み系の魚」つまり、餌を捕食するときに吸い込むように口に入れる魚ですので、アタリを感じてからすぐに合わせを入れると、上手く上顎にフッキングさせることができるようになります。反対に、合わせが遅れたり、アジが反転することによる自動フッキングになってしまった場合、横顎フッキングとなる可能性が高くなるため、上顎に貫通させるときは【即合わせ】で対応するのが一番です。

アジングが上手い人ほど細かいアタリを取り、瞬時に合わせを入れ、綺麗な上顎フッキングを狙うことができるため、とにかく「アタリがあったら即合わせ」を意識しながらアジングを楽しむことで、腕の上達にも役立ちます。

合わせて読みたい

「アタリの取り方」と「合わせ方」まとめ

力いっぱいのフッキングは避ける

アジングは「即合わせ」が基本ですし、即合わせしないことには釣果を伸ばすことが難しくなる釣りでもありますが、だからと言って必要以上に力を込めた合わせは、アジの口切れを誘発してしまう要因の一つとなってしまいます。

もちろん、合わせが弱すぎるとバラしてしまう確率が高くなるため、程よい力での合わせは必要ですが、「あまりにも口切れが頻発する・・・」そのような方は、合わせるときの力を8割程度に抑え、控えめな合わせを意識してみてはどうでしょうか?

大きなサイズは抜き上げるのではなく、タモを使うほうが良い

口切れは「大きなアジを無理やり抜き上げるとき」に最も多く起こります。特に尺越えのアジともなると自重が100gを超すため、無理な抜き上げは口切れの大きな要因となってしまいますね。ロッドにも負荷を与えてしまう結果となりますし、大きなアジが釣れたときは無理に抜き上げるのではなく、安全策として「ランディングツール(タモ)」を使い、キャッチすることをおすすめします。

ドラグを緩めるのは口切れ予防に効果的なのか?

アジングで口切れを防ぐための予防策として「ドラグを緩めておく」ということが挙げられますが、必要以上にドラグを緩めてしまうと「フッキングが甘くなり、バラシに繋がる」ことも考えられるため、あくまで【バランスの良いドラグ設定】を心がけるほうが良いですね。ドラグユルユルセッティングは、経験上機会損失が多いです。

個人的には、ドラグは指で引っ張るとジジジっと軽く出るぐらいに設定しておき、必要であればヒット後に調整するようにしていますので、ある程度の参考までにどうぞ。

リグデザインはアジング・メバリングなど、ソルトライトゲーム製品をリリースしているメーカーです

Amazonでリブリブを見る


関連記事

  1. 「アジング」尺アジを狙って釣るときに意識しておきたいポイント

    2018.12.03
  2. アジングで使うワームの大きさ(インチ)について考えてみる

    2018.09.28
  3. 豆アジングを楽しむときのコツをまとめてみる!使うラインやジグヘッド、タックルなど…

    2018.11.22
  4. サビキ釣りの横でアジングは成立する?コマセパターンでの考え方をまとめてみる

    2018.10.18
  5. ライトゲーム(アジング、メバリングなど)にショックリーダーは必要?太さや長さはど…

    2018.10.01
  6. アジングやメバリングで「ボトムが分からない・・・」そんなときの対処方法まとめ

    2019.06.13
PAGE TOP