アジングで「ダブルハンドル」は利点あり?必要なのかどうか?実際に使ってみた感想まとめ

アジングで使うリールハンドルを「ダブルハンドル」にしている人を見かけたことはないでしょうか?この記事を見ている多くの人は「アジングでダブルハンドルを使おうかどうか迷っている」「アジングでダブルハンドルを使うメリットはあるのか?」と頭を悩まされている人が大半だと思います

そこで今回は、実際にアジングにてダブルハンドルを使ったことがある僕が、その利点や必要なのかどうか?という点に着目し、完全主観にてお話していきます

アジングにてダブルハンドルは必要か?

アジングにて「ダブルハンドル」は本当に必要なのか?決して安いものではないので、必要か不必要かを見極めてからポチることをおすすめします

アジングにてダブルハンドルを使うかどうかを考えている人は、「アジングにとってダブルハンドルは必要なのか?」という疑念が生まれているはずです。必要でないものに数千円〜数万円のコストを掛けるのは非合理的ですし、なにより掛けたお金が無駄になってしまいますからね

では、アジングにてダブルハンドルは絶対的に必要なのか?これに関する答えを誤解を恐れずにお伝えすると「必ずしもダブルハンドルは必要でない」と、僕は考えています。もちろん、ダブルハンドルにする利点はあるが(後述します)、絶対的に必要かどうか?となると、別になくてもいい・・・と考えます

後は、この後にお話する「利点(メリット)」と、掛かるコストを照らし合わせ、自分に必要だなと感じる人は、アジングにてダブルハンドルを使ってみることをおすすめします。ちなみに僕は2つアジング用ダブルハンドルを持ってます

ダブルハンドルを使う利点

アジングにてダブルハンドルを使うときは、絶対的に「自分にとって利点となるか?メリットはあるのか?」という点を重視すべきだと思います。いらないものを買うのは勿体ないし、ダブルハンドルを付けることで不具合が生じることだって考えられます

この項では、ダブルハンドルを使う利点についてまとめます

カッコいい

実性能に無影響ですが、使うリールのカッコよさを求めることはモチベーションアップに貢献します。使う道具にカッコよさを求める人は、ダブルハンドルにカスタムすると気分が高まるでしょう

見た目による価値観は個人差が多く人それぞれですが、僕は「ダブルハンドル、超カッコいい」と思ってます。実用性はさておき、見た目って案外大事だと思うんですよ。自分がカッコいいと思う道具を使い、大好きなアジングを楽しむ。これ以上最高な時間、ないですよね?

ダブルハンドルを付けることで気分が上がり、アジングに対するモチベーションが高まるのであれば、ひとまず性能面は無視して付けてみることをおすすめします。部屋で眺めているだけでも幸せな気分になれますよ!

ハンドルを掴みやすい

ハンドルから手を離す度に持ち手を探してしまう人。そんな人にとってダブルハンドルは利点となります。ハンドルから手を離す癖のある人にとって、ダブルハンドルは味方になってくれるでしょう

言わずとも、ダブルハンドルには「持ち手が2つ」あります。そのため、ハンドルから手を離した状態で持ち手を掴むとき、迷いなくギュッと握ることができるようになる。なんだかパッとしない利点に感じますが、これが中々重要度の高いメリットなのです

アジングでは「フォール」の釣りがメインとなり、アクション中にハンドルから手を離して待つことがよくあります。本当はずっと持っているほうが感度面や合わせの面でプラスですが、僕は離してしまうことが多いです。疲れるから

こうなると、アタリがあったときや次のアクションのとき、ハンドルを握り直すのに掴みそこねることがあるんですよね。ダブルハンドルであれば、このデメリットを最小化することができ、つまり「迷いなくハンドルを掴み直すことができる」ようになります

この利点、分かる人には分かると思います。もちろん、ずっとハンドルから手を離さない人にとっては、なんてない利点であることは間違いないですが・・・

読んでほしい記事
知らなきゃやばい・・アジングの基本「フォール」の予備知識を深めよう

リーリングの安定

リトリーブの安定性を求めるなら、ダブルハンドルの利点を感じることができるでしょう。ダブルハンドルは重心が安定するため、より一定なリーリングが可能です

ダブルハンドルはシングルハンドルに比べ、持ち手が2つあることにより重心が安定します。つまり、これによりブレを少なくリーリングすることができるようになり、一定を保ちながらリトリーブすることができるようになります。ただ巻きの釣りなど、アジングにてリーリング安定を求める人にとって、ダブルハンドルは利点に感じることでしょう

読んでほしい記事
アジングでの「ただ巻き」戦略まとめ!リトリーブにてアジを仕留めよう

僕はシングルハンドルに変えた

一時期、僕は持っているリールのほとんどをダブルハンドル化していました。理由は単純に「カッコいい」から。ただ、今はその全てを外し、シングルハンドルに統一しています。

その理由としては、僕はより繊細なアジングが好きで、0.2gや0.4gなどの軽いジグヘッドを巧みに操りアジを釣り上げることが大好きであり、これにはやはり「タックル全体の軽さ」が求められます。より繊細なアジングを楽しむにあたり、重量が増えるダブルハンドルは不必要になったのです

見た目だけを考えるとダブルハンドルを付けたいですが、それによってデメリットを被るのも違うと思います。僕のように、より繊細なアジングを楽しむことを主とする人は、ダブルハンドルでなくシングルハンドルがいいんじゃないかな?とは思います


ユーザー様が1000名を超えました!ありがとうございます
ユーザー様が1000名を超えました!ありがとうございます!

アジングにて使ってみてもらいたいワームです

リグデザイン「リブリブ(コアラメ)」プレゼントキャンペーン開催中!簡単応募です!

応募する
  • 関連記事
PAGE TOP