アジングは安いロッド、安いリールでも楽しむことができる?

アジングロッドやアジングって使うリールって、中々のお値段がしますよね。値段が高いものだと平気で5万円を超えてきますし、もちろん値段以上の価値があるアイテムであることは間違いありませんが、お財布事情的に厳しいものがありますよね。スペック高の道具を使いたいが、お小遣い残高のことを考えると・・・って人、多いと思います

リグデザイン プロスタッフである僕ヤマグチも小遣い制の経済状況であり、アジングロッドやリールを新調するときは相当お財布事情を考えてしまう派です。今回は、そんな僕だからこそ分かる「アジングは値段が安いロッド・リールでも問題なく楽しめるのか?」という議題についてお話していきます。もちろん確実な答えはありませんが、一つの意見として参考にして下さればと思います

https://lig-design.com/wp-content/uploads/2018/09/釣り-5-300x300.png
リグデザイン

アジングは「リブリブ」「リーブイ」この2つのワームがあれば非常に高い可能性で釣果を最大化できます!

アジングは安いロッドでも問題なく楽しめるのか?という点について、You Tubeにて動画解説しています!動画のほうが理解しやすい!って人は、You Tubeにて!

↑チャンネル登録よろしくお願い致します!

安いロッドでもアジングを楽しめる!気にせずエントリーしていこう

そもそも安いとは?という話になり、ここは人によって価値観の違いがあるため結論付けることは不可能です。なので大体の目安を設けてみますが、アジングロッドにおける安い高いの基準をここでは「1万円」に設定しておきます。もちろん1万円でも高額ですけどね、、アジングロッドは中央値で2万5000円〜3万円ぐらいになるはずなので、1万円が安い高いの境界線としては妥当かと

で、高い安いの境界線である1万円以下のアジングロッドでは不具合だらけの問題だらけなのか?という議題ですが、もちろんそんなことはありません

最近では値段が安くてもスペック高ロッドが多くあるため、1000円とか2000円のよく分からないロッドでない限り、「安いアジングロッドでも全く問題ない」と言えます。よく不安の声が聞こえるのが「折れないか心配」という点ですが、メーカーものであれば心配する必要性なし。もしすぐ折れようものなら、すぐサポートに持ち込みましょう

僕は3万円ほどのロッドを使い込んでいくタイプ

僕は釣具メーカーであるリグデザインの代表であり、プロスタッフとして活動している身としてアジングを楽しんでいますが、価格帯でいうと「中間値ぐらいのアジングロッド」を使うことが多いです。具体的な値段でいうと3万円ほどのロッド。5万円を超えるアジングロッドが多くあるため、高いか安いかで答えることができない平均的な価格帯のアジングロッドって感じでしょうか?

お小遣い制の僕からすれば手痛い出費であることは間違いありませんが・・・

 

僕はアジングロッドをかなり酷使するタイプで、連日休む間もなく釣りに出かけることも多く、車に積みっぱなし・・・ってこともよくあります。そのため、普通の頻度で使っている人よりはロッドの痛みが激しく、当然折れたりヘタってきたりする訳です

3万円クラスのアジングロッドであればスペック的に全く問題ないですし、数百匹アジを釣ったぐらいでは破損しません。なので、僕としては3万円とコスパが良いアジングロッドを酷使し、限界まで使い込んで買い換えるという手段を取っています。月に数回ほどの釣行であれば、3万円クラスのアジングロッドを使えば凄く長い期間使えるんじゃないかな?とは思います

徐々にランクアップしていけばオッケー

安いアジングロッドでも問題ないか?という議題のまとめとしては、「1万円クラスのロッドを使っておけば間違いなし」「5000円ほどでもメーカーものであれば問題なし」という結論を出しました。

ただ、やはり値段が高いアジングロッドは様々な面でスペックが高く所有感も得られ、叩く隙がないほど素晴らしいものが多いです。アジングの腕が上達するにつれ、ステップアップでロッドを買い替えてみることをおすすめします。ものによっては見る世界が変わるほど良いロッドがあります

安いリールでも問題なし!

続いて「安いリールでもアジングを楽しむことができるのか?」という議題ですが、こちらも(一般的に)安いとされるリールであっても問題なくアジングを楽しむことが可能。

こちらも安い高いの価値観が異なるため、アジングロッドと同じく1万円をボーダーラインとし高い安いの基準を決めておこうと思います

 

リールは凄く精密なものであり、やはり値段が安いものはそれなりです。絶対的にダメという訳ではありませんが、2000円とか3000円ほどで売られているリールは「長くアジングを続けていく気」があれば止めておいたほうが無難。安くてもメーカーもので5000円以上のものを基準に考えておいたほうがいいかな?というのが僕の考え方です

コスパを考えるとエントリークラス以上がおすすめかも?

アジングって思っている以上に繊細な釣りです。タックル全体の感度であったり、リールの巻心地であったり、リール自重だったり、リールのギア比であったり。ちょっとした差で釣果に差がつきやすいです

そう考えると、やはりそれなりに良いリールを使いアジングを楽しむほうが全てにおいてプラスに働く可能性が高くなるんですよね。もちろん、理想を言えばステラやヴァンキッシュなど高級機を使うのが一番ですが、そこまで高級リールを買うことはできない・・・って人は、エントリークラス、もしくはミドルクラスの価格帯で売られているリールを手にとってみてはどうでしょうか?

 

具体的に言うと1万円〜3万円ぐらいの値段設定がされているリールですね。ちなみに僕は2万円〜3万円の価格帯リールを買うことが多いです。やっぱこの価格帯のリールってコスパいいんですよね。ガンガン使い込む僕のようなスタイルでアジングを楽しむ人であればうってつけ

少し予算に余裕がある人は、エントリークラスのリールからアジングを楽しんでみてはどうでしょうか?

合わせて読みたい
アジングリールの「ギア比」を考える。ハイギア・ローギア・ノーマルギア、どれがいい?

アジング賢者に近づくにつれランクアップしていこう

アジングロッドと同じく、リールも腕の上達と共にランクアップしていくことをおすすめします。例えば、アジを200匹以上釣れば買い換える・・・など目標を持っておくと楽しく買い替えすることができます

やはり、スペックが高いリールっていいんですよ。アジングでは軽さが求められる場面が多いですが、高級機種になるほど自重が軽いリールがありますし、何より巻き心地など使用感に大きな差が出ます。最初は安いリールから始め、徐々にリールのランクを上げていくことも趣味としてアジングを楽しむための醍醐味です

https://lig-design.com/wp-content/uploads/2018/09/釣り-5-300x300.png
リグデザイン

アジングで釣果を最大化したい人!ぜひリグデザインワームを使ってみて下さい!

最高のパフォーマンスで釣果を最大化しよう!リグデザイン製品をオンラインストアでチェック!

オンラインショップはこちら

最近の記事

  • 関連記事

カテゴリー

PAGE TOP