アジングの「ワームサイズ」は何インチがいいの?高確率で釣果を伸ばすための考え方をまとめます

今回はアジングで使う「ワームのサイズ(大きさ)」について、リグデザイン プロスタッフのヤマグチの見解をまとめていこうと思います。使うワームのサイズ一つで釣果に鬼のような差が生まれることもありますし、釣果を最大化するには「ワームサイズ」のことを昼夜問わず考えてみることがおすすめ。ワームサイズの最適化は即ち釣果に繋がります

「いつもワームサイズなんて気にせず選んでいた」「アジが釣れるワームサイズについて知りたい」という人はもちろん、ワームサイズで釣果が変わるなんてあり得ない・・・って人も、ぜひご一読下さればと思います。高確率で釣果を伸ばすことができるようになることをお約束します

アジングで使うワームサイズの幅は1〜2インチだと考えておけばOK

そもそもアジングでは何インチのワームサイズが好んで使われているのか?というお話ですが、メーカー側の意見としては「1インチ〜2インチのワームサイズ」がアジングにおいて最も適していると認識されているという調査結果が出ています。1〜2インチというとかなりアバウトで抽象的な感じになりますが、より具体的に言うと「1.5インチ〜1.6インチ」「2インチ」、この辺りが人気ですね

実際僕もアジングでは1.6インチと2インチワームしか使っておらず、「どうしても、どうしても小さいワームサイズが必要・・・」ってときは、2インチワーム(リグデザインで言えばリブリブですね)をカットして現場合わせしています

 

アジングにおいてどのワームサイズを用意したらいいか分からない。どのワームサイズが最も釣れるのか?そうお悩みの方は、〜2インチまでのワームを2サイズ用意してみることをおすすめします。僕の経験で言うと、2通りのワームサイズがあれば大体の状況へ対処できますし、問題なくアジが釣れます

リグデザインでは1.6インチ・2インチのワームサイズをリリースしてる

手前味噌ではありますが、リグデザインでは1.6インチ、2インチ、2通りのワームサイズを展開しております。これはワーム発案者の僕がこれまでの経験を活かした上で「この2つのサイズがあれば大体カバーできる」と考えた結果であり、もちろん実釣においてかなり優秀な結果を残してくれています。

ちなみに僕はアジングにおいてリグデザインからリリースしている「リブリブ」「リーブイ」「サーチー」この3つを現場に持ち込むだけで年間1000匹以上のアジを仕留めていますから、とにかくアジが釣りたい!って人は、ぜひ使ってみて下さい。恐らく使って10投目には大好評してくれていると思います

アタリはあるが乗らないときはサイズダウンを

この記事をご覧頂いているアジングエキスパートな人たちは必ずと言って良いほど経験がお有りだと思いますが、「アタリはあるのにマジで乗らない・・・」ってこと、ありませんか?ありますよね?結構な頻度で

アタリはあるのに乗らない理由には「ジグヘッドが重たすぎる」「アジのサイズが小さい」「単純に合わせが遅い」など色々な理由がありますが、その一つに「ワームサイズが合っていない」ことがあります

 

アジは吸い込む捕食行動をする魚であり、つまりアタリはあるが乗らないときは「ワームを上手く吸い込めていない」「アジのサイズが小さく口の中に入り切らない」という仮説を立てることができます。

となると、ワームサイズを小さくすることで口の中にすっぽり収めることができますよね?例えば2インチワームを使っているとして、1.6インチに変えたら鬼のようにフッキングが決まること、よくあります。実際にはワームの柔らかさであったりジグヘッドの重さであったりとそう単純ではないですが、ワームサイズが乗らない原因になっている可能性があることを知っておくとより有利です

ちなみに、リグデザインの2インチワーム「リブリブ」は均等にリブが入っているため、自由自在にサイズ変更ができます。ぜひお試しを

合わせて読みたい
アジングで使うジグヘッドの重さを徹底解明!釣果アップに欠かせません
豆アジングはこう攻略する!豆アジは腕の上達に最適!
釣果アップに欠かせない「アジングにおける合わせ方」を徹底的に洗い出してみる

ファットなサイズ感で吸い込み力を増せることも

アジングと言えば「細身でスラッとしたワームが有利」そんな先入観、ありませんか?

例えば、リグデザイン「リブリブ」はそこそこファットなボディサイズとなっています。人によってはアジング向きではない・・・とか、やっぱアジングは細身でしょ?とか、色々な意見を頂くことがあり、もちろんその意見に真っ向から勝負を挑む訳ではないんですが・・・

 

ファットなワームサイズ、アジングにめっちゃ効きます。僕のインスタグラムとかツイッターとか見てくれている人なら分かると思うんですが、かなりアジ釣ってますよね?もちろん細身ワームがよく釣れるのは正しいですが、それと同レベル、下手すると頭一つ飛び抜けるレベルでサイズ感の大きいワームはよく釣れます

もちろんその根拠もあり、まず「水中での存在感が増す」つまりアピール力の面で優位に立てます。そして「水を受ける体積が大きいことによる水噛みの良さ」があり、スローフォールや操作感の向上に繋がります。

 

そして、大事な根拠が「ワームサイズが大きくなることによりアジの吸い込み力が増す」という点。これ、僕の中でかなり大事な点だと思ってるので、ぜひ聞いて下さい

アジは吸い込み捕食をする魚であり、アジングで釣果を伸ばすにはアジの口の中へリグをすっぽり吸い込んでもらうことが条件となります。しかし、豆アジなどサイズが小さいアジは上手く吸い込めずフッキングに至らないことが多いのですが、ワームサイズを大きくすることにより

「この獲物を吸い込むにはそれなりの力がいるな」と、吸い込む力を高めてるんじゃないかな?と仮説を立てることができます。例えば、口のサイズより大きなハンバーグを食べるときは、ブサイクな顔になることを覚悟の上で大口を開け食しますよね?それと同じで、アジも大きな獲物を捕食するときは大きな口を開け、力強く吸い込んでくれるんです

 

正直、ほんとのところはアジに聞かないことには分かりませんし、誰もこの答えを正確に解明することはできないんですが・・・実釣において「アタリはあるが乗らない」という状況下にてワームサイズを大きくするとフッキング率が向上するという結果を何度も何度も導き出しているので、僕の主観としては「サイズ感が大きなワームはアジングに向いている」と考え、リブリブのような少しファットなワームをリリースしております

リブリブとリーブイを上手く使い分けよう

リグデザインの「リブリブ」は2インチ、「リーブイ」は1.6インチとなっていますが、この2つを上手く使い分けるとより釣果を伸ばせます。特に初心者の方は実践して欲しいのですが、まずは2インチワーム(リブリブ)で広く探ります。アジの活性が高く多く回遊している状況下ではまずサイズが大きめなワームにて広範囲に探りを入れることが先決です

で、アタリがあるが乗らない・・・2インチサイズではスれているのか反応が薄くなってきた・・・そんなときは、フォローとして1.6インチの「リーブイ」を入れてみて下さい。もちろん、リーブイも微波動アクションにて広くアジを魅了することができますが、僕の中ではこのパターンが最強パターンです。ぜひお試しを

後、さっきもお話したように1.6インチの「リーブイ」を使って乗らない場合は、敢えて2インチ「リブリブ」を入れてみることも試して下さいね。大きなワームのほうが吸い込みがよくなり、フッキング率が高くなるケースがよくありますから

「アジングで使うワームサイズは何インチ?」という議題に対する僕の考え方としては【1.6インチ、2インチを使う】ということで。つまり、リグデザインのリブリブとリーブイを使って下さい!既に全国各地沢山の人に使って頂いておりますが、より多くの方に使ってみてもらい、釣果を最大化して貰えれば嬉しいです

最高のパフォーマンスで釣果を最大化しよう!リグデザイン製品をオンラインストアでチェック!

オンラインショップはこちら

最近の記事

  • 関連記事

カテゴリー

PAGE TOP