Loading

BLOG

アジングで使うワームの大きさ(インチ)について考えてみる

今回は、アジングで使うワームの大きさ(インチ)について、考えていこうと思います。アジング用としてリリースされているワームは、1インチ〜3インチまでのものが多く、複数の大きさを揃えておき、使い分けることで釣果を伸ばすことができるようになるため、戦略の一つとして【アジングで使うワームの大きさ(インチ)】を形付けておきましょう。

基本は1.5インチ〜2インチ程度の大きさがベスト

まず、アジングの基本となるワームの大きさですが、1.5インチ〜2インチのワームを軸に揃えていくのが一番です。1インチだと小さすぎるし、3インチだと大きすぎる感が否めなくなってしまいますからね。実際、LIGデザインの周りを見回しても、1.5インチ〜2インチの大きさを軸に、アジングを楽しんでいる人が多いです。

しかし、1.5インチ〜2インチのワームサイズが基本的なサイズだとは言いましたが、大きなサイズのワームがハマる場面もありますし、当然1インチの小さなワームがハマることもあるため、1インチ〜3インチまでのワームを適度に揃えておくことが、如何なる状況下でも対応し、釣果を伸ばすコツだと言えます。

 

また、ワームの大きさだけではなく、ワームの種類(ピンテールやシャッドテールなど)、ワームカラーにも幅を持たせることも釣果を伸ばす鍵だと言えるため、その辺りも含め、アジングで使うワームを揃えておくのがベストです。

大きなワームを使い、目立たせるのが一番

アジングで釣れるアジのサイズは〜20cmまでの個体が多く、「小さなワームを使うべき」と認識している人も少なくないと思いますが、LIGデザイン的な観点で言うと、「大きなワームのほうが良く釣れる」傾向にあると考えています。アジは雑食性の強い魚であり、その場にあるエサを捕食し、その場の勢いでベイトを食べている傾向にあるため、【よりワームを目立たせ、アジに気づかせてやる】ことが、釣果を伸ばすために非常に大きな武器となるのです。

例えば、LIGデザインからリリースしている「リブリブ(合わせて読みたいリブリブの詳細はコチラ)」というワームがあります。

↑ワームの大きさは2インチとなり、見ての通り(一般的なアジングワームと比べると)ファットなシルエットをしており、人によっては「こんなワームでほんとにアジが釣れるのかよ?」と疑問に感じるのではないかな?と思います。

しかし、(もちろん状況にもよりますが)このリブリブのファットなボディがアジに対し大きなアピール力を持ち、ベイトを探し回遊しているアジの目を止め、バイトに繋げることができ、同じ大きさで、細身のシルエットのワームと釣り分けた結果、ファットボディのリブリブにのみバイトが集中した・・・という経験もあるため、如何に「ワームを目立たせることが釣果を分けるか」が大事だと言うことが分かりますね。

敢えて大きなワームを使い、吸い込みを強くする方法も

また、敢えて大きいワームを使い、「アジの吸い込み力」を高めてやる方法もあります。アジは吸い込み系の魚であり、特にサイズが小さな個体になるほど吸い込み力が弱くなり、フッキングに至るまでに多大な努力が必要となるケースが多くなりがちです。このような場合、「ワームサイズを小さくして吸い込みやすくする」方法を取る人も多いですし、もちろん間違った行動ではないのですが、反対に【ワームを大きくし、無理やり吸い込ませる】と言った方法もあることを、知っておくほうが釣りの幅が広がることは間違いありません。

つまり、ワームを小さくして口に収まりやすくするのではなく、ワームのインチを上げ、「アジがワームを吸い込むときの力を強くしてやる」ことにより、フッキング率を高める・・・そんなイメージですね。より大きな獲物を捕食するときほど、吸い込む力が大きくなるため、その行動を利用した一つのテクニックを、引き出しの中に閉まっておくことをおすすめします。

デカアジ狙いは迷うことなく2インチ〜3インチのワームを活用しよう

30cm以上の所謂「尺アジ」以上のサイズをメインにアジングを楽しむのであれば、迷うことなく「サイズの大きなワーム」を使うことをおすすめします。少なくても2インチ以上のものを使い、「尺アジ以下のアジは眼中にない」そんなときは、3インチ以上のワームを使うのもアリですね。また、ワームではなくメタルジグを用いたアジングを楽しむのも一つの方法です。

リグデザインはアジング・メバリングなど、ソルトライトゲーム製品をリリースしているメーカーです

Amazonでリブリブを見る


関連記事

  1. アジングは安いロッド、安いリールでも楽しむことができる?

    2018.09.28
  2. リアクションでアジ、メバルをゲット!【ダート用ジグヘッド】の詳細や使い方をまとめ…

    2018.11.28
  3. 「アジング」尺アジを狙って釣るときに意識しておきたいポイント

    2018.12.03
  4. 釣りで「ネックライト」を使って感じた、良い所と悪い所

    2018.12.01
  5. ライトゲームで【根掛かり】が頻発するときの対処方法まとめ《アジング・メバリングe…

    2019.04.22
  6. アジングで釣れないときに考えられる6つの理由

    2018.11.30
PAGE TOP