Loading

BLOG

アジングを昼間に楽しむときのコツ

今回は、昼の時間にアジングを楽しむ所謂「デイゲームでのアジング」を楽しむときの基本やコツ、釣り方についてまとめていこうと思います。アジングと言えば「夜に楽しむもの」というイメージが根強いですが、ポイントさえ押さえておけば昼の時間帯にでも十分楽しむことができる釣りのため、ぜひデイゲームでのアジングを楽しんで頂ければと思います。

デイゲームでのアジングは(夜より)難しい

昼間に楽しむアジングは、夜に比べ視認性も良く、ストレスフリーで釣りを楽しむことができるというメリットがある一方、アジからもワームへの視認性が良くなるため、(夜に比べると)昼間のアジングは【難易度が高い】と言わざるを得ません。とにかくアジを簡単に釣りたい・・・そのような人は、昼ではなく夜のアジングへシフトしたほうが得策だとは思います。

しかし、昼間のアジングは難易度こそ高くなるものの、ポイントさえ抑えることができればコンスタントにアジを釣ることが可能ですし、夜のアジングとは一味違った釣りを楽しむことができる(景色を楽しみながら釣りをする・・・とか)ため、夜のアジングを一通りやり終えた後は、昼のアジングにもチャレンジしてみてはどうでしょうか?

昼のアジングを攻略するためのポイントまとめ

さて、そんな(若干)難易度が高くなる昼間のアジングですが、デイアジングにてコンスタントに釣果を残すためには、どのようなポイントを意識するほうが良いのか?という点について、まとめていきたいと思います。

デイアジングを楽しむにおいて意識しておきたい点として、LIGデザインが考えている点は以下の通り。

・場所選び
・沖の深場を探る
・リアクションバイトを狙う
・使うワームについて

この4つを強く意識しておくことで、高確率に昼間のアジングで結果を残すことができるようになるため、一つずつ詳しく見ていきたいと思います。

場所選びが一番重要

デイアジングでコンスタントにアジを釣るときに最も強く意識しておきたいのが【場所選び】です。デイアジングに限らず、釣りは「場所選びが結果の8割を占める」と言われているほど、釣果に対する場所選びの割合が高くなるため、適当な場所へエントリーするのではなく、アジの動きを考慮した場所選びを心がけ、理にかなった場所へエントリーすることをおすすめします。

では、昼間にアジングを楽しむときは、どのような場所へエントリーするのが一番なのか?夜の場合、常夜灯周りなどアジが溜まっている場所を割り出すことが容易ですが、昼はそうもいきません。広い海を回遊しているアジを探さないことには釣果に繋げることができないため、アジが溜まるであろう場所を考慮し、アジの居場所を突き止めましょう。

 

一番手っ取り早い方法が、「サビキで釣果が出ている場所」に釣行することです。サビキとは言え、アジの釣果が出ているのですから、釣れる可能性は一段と高くなるでしょう。しかし、サイズの小さなアジが中心となりますし、コマセに付いたアジをワームで釣るのは非常に難易度が高くなってしまうため、あくまで最終手段的な方法として知っておくべきじゃないかな?とは思いますね。

あくまで個人的なデイアジングでの場所選びですが、「潮通しが良く、風が岸寄りに吹いている場所」を選ぶようにしています。潮通しの良い場所はアジが回遊してきやすくなっていますし、風が岸向きに吹いていることにより、アジのベイトとなる「プランクトン」や「小魚」が寄りやすくなり、結果としてアジが回ってくる可能性が高くなります。

沖の深場のボトムを探る

また、デイアジングでは沖の深場を探るほうが何かと効率が良いです。というのも、昼の明るい時間帯は浅瀬の表層付近へアジが浮いていることは少なく、(どちらかと言うと)沖の深場、更にそのボトム付近をアジが回遊していることが多いため、少しでもアジとの接触機会を多くするためにも【沖のボトムを攻める】ほうが何かと有利な状況で、アジングを楽しむことが可能です。

もちろん、水深が浅い場所の表層付近にアジが群れていることも多いですが、総じて「サイズが小さい」ことが多く、経験上20cm以下のアジが中心(15cmほどのアジが止めどなく釣れることも)となるケースが多いため、良型アジを狙いたい・・・という人は特に、沖の深場を狙ってみて下さい。

リアクションバイト狙いの釣りが有効的

前述した通り、昼間のアジングは「アジからの視認性が良くなる」ことから、夜に比べアジの警戒心が高くなる傾向にあります。警戒したアジの前に幾度となくワームを通したところで反応を得ることができないため、マッチザベイトの感覚ではなく、リアクション的な感覚の上、デイアジングを楽しむほうが効率的だと言えます。

つまり、ワームをエサに模して口を使わせるのではなく、ワームをキビキビと動かし、所謂「反射食いを狙う」というイメージですね。例えば、夜のアジングだと軽くシェイクした後、テンションフォールで口を使わせる。といったテクニックを使うことが多いですが、昼の釣りは大きくシェイク(というよりダート)させ、アジに大きなアピールをした後、テンションフォール(またはフリーフォール)で食わせる・・・というテクニックを使うほうが、何かと得策だと言えますね。

昼間に使うワームの種類やカラー

LIGデザイン的に、昼間のアジングで使うべきワームは、(どちらかと言うと)アピール力が高く、目立つワームが適していると考えています。昼は視認性が良いため「ナチュラルなワームのほうが適している」という意見もあり、理にかなっている意見だとも思いますが、個人的な実績としては、派手なワームのほうが良い釣果を叩き出してくれることが多いです。

例えば、LIGデザインからリリースしている「リブリブ(→リブリブの詳細はこちら)」はデイアジングにおいて、非常に良い仕事をしてくれます。リブリブのボディには非常に深いリブがあり、このリブが水を噛み、複雑な水流を生み出してくれます。この波動がアジを活性化させ、バイトに繋げてくれます。

 

また、リブリブのようにファットボディをしているワームは、水中で非常に目立ち、広い海の中でその存在感をアピールしてくれます。このように、アピール力の強いワームを使い、アピール力の高い釣り方をすることで、昼の渋いアジにも口を使わせることができるようになるため、ぜひ一度やってみて下さい。

昼のアジングで使うべきワームカラーですが、「アピール系カラー」「ケイムラカラー」辺りが有望ですね。しかし、アジの反応が良いカラーはその日の状況により一変することが多いため、できる限り多くのカラーを持ち込み、色々試しながらアジの反応を確かめるのが一番です。

合わせて読みたい

アジングで使うワームカラーまとめ
ケイムラカラーとは?

リグデザインはアジング・メバリングなど、ソルトライトゲーム製品をリリースしているメーカーです

Amazonでリブリブを見る


関連記事

  1. アジングで使うワームカラーとローテーションについて

    2018.09.30
  2. スナップは使うべき?アジングやメバリングなどのライトゲームにおけるスナップ使用の…

    2018.09.27
  3. 【アジング】ワームが飛ばない・・・飛距離はどれくらい必要?

    2018.11.28
  4. アジングやメバリングで「フグ」にワームを噛みちぎられるときに考えること

    2018.10.19
  5. アジングでリリースするときに意識しておきたいこと

    2018.11.27
  6. ライトゲームで【根掛かり】が頻発するときの対処方法まとめ《アジング・メバリングe…

    2019.04.22
PAGE TOP