Loading

BLOG

【アジング】ラインの太さ(号数)を考えてみる

今回は、アジングを楽しむときに使うラインの太さ(号数)についてまとめていきたいと思います。PEライン、エステルライン、フロロカーボンライン、ナイロンライン、アジングで使うべきラインの種類に合わせた「使うべきラインの太さ」について具体的にまとめていこうと思いますので、ぜひ参考にして頂ければと思います。

合わせて読みたい

アジングで使うラインの種類を考える

アジングでは(基本的に)細いラインを使う

まず、「アジングでは、太いライン、細いライン、どちらを使うべきなのか?」という問に対する答えを先持ってお伝えしておくと、【アジングでは(基本的に)細いラインを使うのが一般的】だと言えます(細いラインを使うメリットについては後述します)

アジングという言葉がまだ一般的でなかった遥か昔は、今のように「細くて繊細なライン」の選択肢がなく、0.8号や1号ほどのフロロカーボンラインでアジングを楽しんでいたことは記憶に新しいですが、今となっては0.15号、0.2号と、アジングに適している細糸が各社からリリースされているため、このような【細くて繊細なライン】を使い、アジングを楽しむようにしていきましょう。

 

では、アジングで使うことになる、PEライン、フロロカーボンライン、ナイロンライン、エステルライン、で使うべきラインの太さはどれくらいなのか?という点について、考えていきたいと思います。

PEライン、フロロカーボンライン、ナイロンライン、エステルライン、それぞれの「使うべきラインの太さ」をまとめてみる

アジングでは、どれくらいのラインの太さを使うべきなのか?という点ですが、前述した通り【大前提として細いラインを使う】ということを肝に銘じ、使うラインの太さを選んでいくのが正解です。もう少し言うと、「強度面を考慮した上で、可能な限り細いラインを使う」ことが理想的と言えるため、自分の釣りに合う、限りなく細いラインをセレクトしていきましょう。

あくまでLIGデザインで推奨しているアジングで使うべきラインの太さの基準ではありますが・・・

-PEライン→0.15号〜0.4号
-エステルライン→0.2号〜0.3号
-フロロカーボンライン→1.5lb〜3lb
-ナイロンライン→2〜3lb

この数値を基準に、アジングで使うべきラインの太さを考えるようにしています。個人的にアジングで多用するラインは「PEライン」であり、風が強い日は「フロロカーボンライン」を使う。と言った感じでアジングを楽しんでいますが、PEラインであれば0.2号、フロロカーボンラインであれば2lbを巻き、アジングを楽しんでいるため、ある程度の参考にして頂ければと思います。

細いラインを使うことで得られるメリット

そもそも、アジングでは「なぜ細いラインを使うのか?」という点ですが、これはアジングで使うリグ(仕掛け)が1g前後の軽量リグだということが大きく関係しており、つまり【太いラインでは上手く仕掛けを扱うことができず、結果として釣果が落ちてしまう】という結果に繋がってしまうのです。

極端な話をすると、PEライン1号などの太いラインであってもアジングを楽しむことができますが、操作性が悪くなったり、飛距離が出なくなったり、上手く扱えないことによるストレスが溜まったり・・・。と、メリットに感じる部分が少なくなってしまうため、可能な限り細いラインを使い、より繊細なアジングを楽しめる環境を作り上げることが最適だと言えるのですね。

 

では、アジングで細いラインを使うことによって得られるメリットには、どのようなものが挙げられるのでしょうか?その辺りについて、詳しく簡潔にまとめていこうと思います。

・飛距離が伸びる
・感度が良くなる
・風の影響を受けにくくなる

飛距離が伸びる傾向

ラインを細くすることで、摩擦の関係や重量の関係、受ける風の抵抗の有無により、(太いラインよりは)飛距離が伸びる傾向にあります。その差はほんの少しかもしれませんが、その少しの飛距離向上が釣果に大きく貢献することも考えられるため、より飛距離を伸ばし、攻める範囲を広げることによる釣果アップを狙うことができるようになる・・・というのも、一つのメリットですね。

アジングでは10mほどの飛距離を出せば十分!と言える状況下もあれば、より遠くへ飛ばすことが釣果を伸ばす鍵となる状況下も存在するため、この辺りを考慮した上で細いラインを使うようにはしています。

感度が向上する傾向

ライン感度は、「ラインの伸縮率」で変わります。つまり、伸びるラインほど感度が悪く、伸びがないラインほど感度が良くなる・・・というのが、基本的な考え方となります。例えば、フロロカーボンラインやナイロンラインは伸縮率が高いため、「(伸びがないラインよりは)感度が悪く」なり、PEラインは伸びがないため、感度が良くなります。

そのため、ラインの太さが直接的に感度へ影響することは(ほとんど)ないと言えるのですが、細いラインを使うことにより、風や潮の影響を受けにくくなり、糸ふけが出にくくなることにより、感度が向上するという結果に繋がることになります。

 

ご存知の通り、ラインスラッグ(ラインのふけ)が出るほど感度が悪くなり、ラインテンションをしっかり掛けた状態ほど感度が良くなるため、結果として【細いラインを使うことで糸ふけが出にくくなり、感度が向上する】と言えるのです。

アジングでは、小さいアタリを如何に感じ取り、如何に掛けることができるか・・・が釣果を分ける大きな鍵となるため、「少しでも感度が良くなる」ということは、大きなメリットとなるのですね。

風や潮の影響を受けにくくなる

アジングでは1g前後の軽量ジグヘッドを使うことが多くなるため、どうしても風や潮流の影響を受けやすくなってしまいます。特に風が強い日は釣りにならないことも多く、「少しでも風の影響を受けなくする」ことが快適にアジングを楽しむための、一つの条件となっています。

合わせて読みたい

アジングで使うジグヘッドの重さ

ラインが太くなると、風や潮流を受ける面が多くなり、結果として「風や潮に弱く」なってしまうため、できる限り細いラインを使い、風や潮の影響を受けにくくすることも、細いラインを使う一つのメリットと成り得るのです。

 

このように、アジングで使うラインの太さは「細いラインのほうが何かとメリットが多い」と言えるため、強度面を考慮した最小限の細いラインを使用し、アジングを楽しむことをおすすめします。

リグデザインはアジング・メバリングなど、ソルトライトゲーム製品をリリースしているメーカーです

Amazonでリブリブを見る


関連記事

  1. アジングは「ハイギア」と「ローギア」どちらが適しているのか?

    2018.09.27
  2. アジングは難しい?アジをワームで釣るときの難易度を考えてみる

    2018.11.27
  3. ライトワインドでアジを狙う!その釣り方を紹介

    2018.10.29
  4. 「アジング」口切れによるバラシを減らすためにできること

    2018.11.27
  5. アジングでサバしか釣れない・・・そんなときに考えること

    2018.10.18
  6. 「アジング」尺アジを狙って釣るときに意識しておきたいポイント

    2018.12.03
PAGE TOP