「アジング」ワームカラーはこう決める!絶対的に釣果が変わる可能性濃厚!

今回はアジングで使う「ワームのカラー」について、リグデザイン プロスタッフであるヤマグチがお話していきたいと思います。アジングで使うワームカラーは釣果にとてつもない影響を与えるほどは重要な要素となるため、アジングで釣果を伸ばしたい・・・そんな人は絶対的に知っておくべきですし、僕のお話に耳を傾けて頂ければと思います

しっかり最後まで読んで頂くほうが全体像を掴めると思うので、ぜひ最後まで読んで貰えると嬉しいです。ワームカラーに対する認識を変えることで、本当に驚くほど釣果に影響しますよ、これだけは間違いのない事実です

ワームカラーは何色、どのように揃えることがベターなのか?アジング歴10年超えの僕の意見をまとめます

僕がアジングという釣りを始めてから10年以上の月日が流れていますが、最近ではアジングワームのカラーバリエーションも多くなってきており、選択の幅が広がっています。選べるワームカラーが増えることは良いことですが、「多すぎてどのカラーを選べばいいのか分からない」そんな意見があるのも事実

ではそもそも、アジングでは何色のカラーを何色持っておくのがベターなのか?そもそもワームカラーによる釣果の差などほんとうにあるのか?という点を、僕の主観にてまとめていきたいと思います。もちろん僕の意見が絶対的だとは思っていませんし、それなりの反論があることは承知の上ですが、やはり10年以上もアジングをしているとワームカラーに対し見えてくる何かってあるんですね。その点を踏まえてお読み頂けると嬉しいです

何色を使うのか?というよりも、海の中での見え方を想像する

ピンク、イエロー、ブルー、アジングでは何色のワームカラーを使えばいいのか?特にアジング初心者の方が直面する課題ではありますが、僕の意見としては「何色かという判断基準を深く考える必要性はない」と結論付けています。メーカー側の人間がこれを言っていいものか分かりませんが、ピンクやイエローなど色の違いにより釣果をコントロールするのは難しいんじゃないかな?というのが率直な意見です。もう少し噛み砕くと、ピンクが釣れるときもあればイエローがよく釣れることもあるが、その違いを釣り人側が理解することは難しい・・・という解釈ですね

では一体、何を基準にアジングで使うワームカラーを決めればいいのか?という点ですが

 

これは「海の中でのワームの見え方」を想像してみると分かりやすいです。つまり、海の中で目立つか目立たないか、シルエットがハッキリしているかハッキリしていないか・・・という感じですね

昼とあっても夜であっても、海の中には光が差し込んでいます。例えば、完全なるクリアカラーの場合は光を通しますが、ソリッド系カラーなんかだと光をほとんど通しません。

すると、光を通すクリア系カラーは水に馴染んで存在感を薄くすることができるようになり、ソリッド系カラーだとハッキリシルエットが目立つようになります。つまり、存在感を少なくしたいときはクリア系のカラー、よりハッキリさせたいときはソリッド系カラーがいい・・・という解釈になりますね。また、より目立たしたいときは「グローカラー」を使うのも良いです

このように、何色かで判断するのではなく、海の中での「ワームの存在感」を意識することで、戦略の幅が広がることは間違いないでしょう。

クリア系は絶対的に入れておくべき

アジングワームには多くのラインナップが揃えられていますが、その中でも確実に揃えておきたいのが「クリア系」のカラーです。クリア系カラーはアジングにおいて主力となるカラーですし、多くのメーカーがクリアカラーのラインナップを強化しているところを見ても、やはりクリア系カラーはアジングに最適なカラーということなのでしょう

もちろんリグデザインでもクリア系カラーをラインナップしています

また、クリア系カラーには「ケイムラ」を付加されていることもあり、つまり「紫外線発光」による集魚効果を狙うことが見込めるものもあります。ワームのケイムラ効果については別記事で詳しくお話しているので、そちらを参考にどうぞ

合わせて読みたい
ワームのケイムラとは?アジングにおいて紫外線発光は強力の武器となる

グロー・点発光は最強武器と考えよう

グローカラーや点発光(ドットグロー)カラーはアジングにおいて非常に強力な武器となり得ます。ハッキリ言って使ってない人は釣果をことごとく損していると言えるため、今すぐにでも導入したほうが良いカラーですね。リグデザインでもグローカラー・点発光カラーは売れ筋であり、一気に50パックほどまとめて購入してくれる猛者もいるほど

それほどまでに強力な武器なんですよ、グロー系カラーって。ちなみにグロー系カラーは光を当てることで発光するものであり、リグデザインの主力カラーとして全てのワームにラインナップしております

ちなみにリグデザインでは「〜ホタル」というカラー名が点発光カラーとなっています。また、「リーブイ」に関してはルミノーバを使用しているため、長時間発光を求めることができるため、ぜひ使ってみて下さい。

ソリッド系も外せない??

所謂「ソリッド系カラー」とは、僕の認識的には光を通さないカラーであり、まさに漆黒なカラーだという立ち位置で考えております。数こそ少ないものの、リグデザインでもソリッド系カラーを導入しております

一般論として「アジングでソリッド系カラーを使っている人は少ない」と感じていますし、実際一番売れないカラーでもあります。が、凄く勿体ない

もちろん万能的に釣れるカラーではないですが、まるで「ソリッド系カラーのワームに仲間を根こそぎ釣られた」かのような勢いでアタックしてくることがあり、つまり爆釣できる瞬間が必ずあります。クリア系カラーで、あれ〜今日は反応が悪いな・・・というときに限りソリッド系カラーが効くことが多いため、そういうことなのでしょう

数こそいらないとは思いますが、フォローカラーとして持っておくと最高です

リグデザインではリブリブの「ロックブラック」がソリッド系カラーです。この威力に気がついている人のみご購入してくれますが、買う人は10パックとか20パックまとめて買うほど根強いファンもいますので、ぜひ使ってみて下さい。アジングワームカラーに対する認識がゴロッと変わるかも?

時間帯別ワームカラー

僕はリグデザインユーザー様とLINEでアジングに対するサポートをすることが多いですが、「時間帯別で釣れるワームカラーを知りたいです」というご質問、ほんとに多いです。そのような質問を頂いたときにパッと返信できるよう、ここに僕の意見をまとめておこうと思います

昼と夜で使うワームカラーに関する認識が大きく変わりますし、ここをミスれば釣果を落としかねません。恐らく夜にアジングを楽しむ方が多いとは思いますが、昼夜合わせて僕の意見を聞いて下さい

昼間に使うべきワームカラーは?

昼の時間帯にアジングを楽しむときに使いたいワームカラーですが、僕の場合は圧倒的に「クリアカラー」の使用率が高いです。それも純度100%に近いクリアカラーを使うことが多く、また紫外線発光である「ケイムラ」もよく使います。リグデザインで言えばこのカラー

また、アジが小魚を捕食している状況下であったり、よりアピール度を高めリアクションバイトを狙いたいときなんかは、「ラメ系カラー」を使います。キラキラと光を反射してくれるため、デイアジングに最適です

もちろんリグデザインワームにもラインナップしております

夜に使うべきワームカラーは?

ハッキリ言って、夜はどのカラーでも主力カラーになり得ます。つまり、複数ワームカラーを持っていき、その中からローテーションにて最適カラーを見るけるのが一番。クリアカラー、ソリッド系カラー、グローカラー、ラメカラー、6色ほどは持っていきたいところですね

僕的に圧倒的なおすすめは「点発光カラー」です。僕の中で最も実績があるカラーですし、大体の場面で活躍してくれます。夜に一つだけワームカラーを持っていけるとしたら、絶対的に点発光を選びますね、これは揺るぎない事実です。リグデザインで言えば「シャンパンホタル」「ミズイロホタル」など、〜ホタルがカラー名になっているものが点発光となるので、ぜひ使ってみて下さい。驚きの釣果に文字通り驚きますよ

アジングワームカラーQ&A

アジングで使うワームカラーに対する認識が深まってきたとは思いますが、僕が受け付けている質問の中から、その中でも多くご質問を頂く問いをここでまとめておこうと思います

本当にワームカラーで釣果に差が出るの?

でます。ワームカラーは釣果に関係ない!という意見もありますし、その意見を真っ向から否定する訳ではありませんが、僕が経験してきたこれまでの経緯を振り返ると、確実にワームカラーによる釣果の差はでます

これはメーカー側のポジショントークでも何でもなく、経験に基づく事実です

現場には何色のワームカラーを持っていきますか?

結論を言うと、リグデザインからリリースされているカラーを全色持っていきます。ただ、必ずしも全色必要ない場面も多いため、これからワームカラーを揃えるのであれば

クリアカラー・グローカラー・点発光カラー・ラメカラー・ソリッドカラー、これらを絡めた6色〜8色を持ち込んでみることをおすすめします

最も使うカラーはどれですか?

先程もお話しましたが、夜であれば「点発光カラー」の使用頻度が最も高いです。理由は単純に釣れるから。僕がメインとしている大阪でもそうですし、ユーザー様の意見を聞いていると、ほぼ全国的に効くカラーと言って間違いありませんね。昼は圧倒的に「クリアカラー」です

以上、アジングに対するワームカラーについてお話してきましたが、結論としては「ジャンルの違う6色〜8色ほどのワームカラー」を用意しておき、ローテーションして反応を探ることが一番です

リグデザインでは僕やテスターさんが実釣にて考え抜いた最高のカラーラインナップを用意していますので、ぜひ確認してみて下さい!

最高のパフォーマンスで釣果を最大化しよう!リグデザイン製品をオンラインストアでチェック!

オンラインショップはこちら

最近の記事

  • 関連記事

カテゴリー

PAGE TOP