Loading

BLOG

アジングは「ただ巻き」でオッケー?その考え方とやり方を考えてみる

今回は、アジングで使うテクニックの中から「ただ巻き」にフォーカスを当ててまとめていきたいと思います。ただ巻きとは、読んで時の如く「ハンドルを回し、ただ巻いてくる」だけのテクニックとなりますが、果たしてそれほど単純なものなのでしょうか?その辺りを含め、アジングにおける「ただ巻き」について考えてみます。

アジングは(どちらかと言うと)ただ巻きよりも「フォール」の釣り

いきなり話の骨を折ることを言いますが、アジングは「ただ巻き」で狙うよりも、どちらかと言うと「フォール」で狙うことが一般的であり、経験上ただ巻きよりも、フォールのほうが釣果を伸ばすことができる傾向にあります。そのため、アジングの基本テクニックとしては「フォール」の釣りを推奨しますが、ときに「ただ巻きにしかアジが反応しない」「フォールではなくただ巻きのほうがよく釣れる」という状況下もあるため、引き出しの一つとして「ただ巻き」を用意しておくと、より釣果を伸ばすことができるキッカケを掴むことができるでしょう。

ではなぜ、アジングはただ巻きよりもフォールの釣りのほうが有効的なのか?という点について、次項で考えをまとめてみます。

ただ巻きはアジがいるレンジを通すことが難しくなる

ただ巻きは、その名の通り「巻いてくる(リトリーブ)」の釣りとなりますが、ハンドルを回し真っ直ぐにワームを引いてくることになるため、どうしても攻められる範囲が少なくなってしまいます。真っ直ぐ引いてくる幅しか探ることができないということは、その直線上にアジがいなければどうしようもない・・・ということになるため、上下に広く探ることができる「フォールの釣り」のほうが、必然的に釣果を伸ばすキッカケを掴みやすい・・・ということになるのです。

アジングで釣果を伸ばすためには、「如何にアジの目の前にワームを落とすか」が大事な要素となるため、ただ巻きで直線上だけを探るよりも、フォールで広く探るほうがアジとの接触機会が多くなりやすい・・・ということですね。また、アジは上からジワーっと沈んでくるものに対し高反応を見せる傾向にあるため、その点を考慮しても【フォールのほうが効率的】だと言えます。

ただ巻きは思っている以上に難易度が高い

アジングにおいて「ただ巻き」と聞くと、「ただ巻くなんでしょ?」と簡単に考えてしまいがちですが、ただ巻きというテクニックは、そう単純なものではありません。というより、数あるテクニックの中でも、上位にランクインするほどは難易度が高いテクニックだと言えるため、よりシビアに考えておくことをおすすめします。反対に言うと、ただ巻きを極めることができれば、アジングだけではなく、全ての釣りの腕が飛躍的に向上することになるため、ただ巻きを突き詰めていくことで、より釣り全体での釣果を伸ばせることができるようになるでしょう。

ではなぜ、「ただ巻き」はそこまで難易度が高いテクニックなのか?という点ですが、問題は「レンジキープが難しい」という点にあります。アジングの基本は、アジのいるレンジにワームを確実に届けてやる・・・ということになるため、レンジ幅が調整しにくいただ巻きは、どうしても難易度が高くなってしまうのです。

 

少しでもリトリーブスピードが速くなるだけでレンジが変わってしまいますし、ロッドの角度を少し変えるだけでも、レンジにズレが生じてしまいます。もちろん、偶発的にアジがいるレンジに入ることもありますが、それは「釣った」のではなく「釣れた」だけであり、もちろん釣れることは良いことですが、腕の上達に欠かせない経験値を積むという過程がなくなってしまうため、アジングスキルを高めることだけにフォーカスすると、マイナス点となってしまいます。

ただ巻きのやり方と、使うワーム

アジングでの「ただ巻き」のやり方ですが、カウントダウン(下記リンク参照)でレンジを取り、レンジキープを意識しながらリトリーブする・・・ただこれだけです。先程もお話した通り、ただ巻きで正確なレンジキープを行うことは難易度が高いですが、アジのいるレンジへダイレクトに入れることができれば、高確率で何かしらの反応を得ることができるでしょう。何にしても、【アジのいるレンジを巻いてくる】ことが大事な要素となります。

ただ巻きで使うワームですが、「ピンテール」など、シンプルなものが一番です。1g程度のジグヘッドとの組み合わせを軸に、後はその日の風や潮流を考慮し、微調整していけばオッケーです。手前味噌ではありますが、リグデザインからリリースしています「リブリブ」も、アジングにおける「ただ巻き」戦略で良い釣果を引き出してくれるワームとなっていますので、ぜひご活用くださればと思います!

リブリブはAmazonでも購入できます

合わせて読みたい

「カウントダウン」のやり方まとめ

リグデザインはアジング・メバリングなど、ソルトライトゲーム製品をリリースしているメーカーです

Amazonでリブリブを見る


関連記事

  1. アジングは【カウントダウン】が釣果を分ける鍵!?その取り方を知っておこう!

    2019.05.14
  2. ライトゲームで【根掛かり】が頻発するときの対処方法まとめ《アジング・メバリングe…

    2019.04.22
  3. アジングで使うリールの番手はサイズが小さいものを選ぼう!1000番、2000番が…

    2018.09.27
  4. ライトゲーム(アジング・メバリングなど)で使う【ワームケース】を選ぶときのポイン…

    2018.11.28
  5. アジングやメバリングで「ボトムが分からない・・・」そんなときの対処方法まとめ

    2019.06.13
  6. アジングやメバリングで「フグ」にワームを噛みちぎられるときに考えること

    2018.10.19
PAGE TOP