Loading

BLOG

メタルバイブレーションで「アジ」「メバル」を狙う!使うタイミングや釣り方まとめ

メバリングやアジングを代表する、所謂「ソルトライトゲーム」では、2インチ程度のソフトルアー(ワーム)を使うことがメインであることが多いですが、その日の状況や魚の活性によっては、バイブレーションプラグ、もう少し言うと「メタルバイブレーション」が有効的となる場面が見受けられます。もちろん、四六時中いつでもメタルバイブが通用するか?と言われると首を傾げる他ないですが、状況を見極めることでメタルバイブがアジング、メバリングにてロトの剣のような最強武器と成り得る場面もあるため、引き出しの一つとして【ライトゲームでメタルバイブを使う】という選択肢を用意しておくと、より釣果を伸ばすキッカケを掴めることでしょう。

アジングやメバリングで「メタルバイブ」を使うタイミング

冒頭でもお話した通り、メタルバイブは四六時中使えるような便利な代物ではなく、使うタイミングが釣果を伸ばすために最も重要な要素となるルアーです。基本的には「ワーム」のほうがよく釣れる傾向にありますし、特にソルトライトゲーム初心者の方は、メタルバイブを用いたアジング・メバリングを楽しむよりは、ワームを用いた釣りを楽しむほうが、モチベーションを維持しやすいでしょう。

では、アジングやメバリングでメタルバイブを使う状況はどのような場面なのか?を考えてみます。

水深の深い場所を攻めるときに有利

メタルバイブは、文字通り「メタル」なルアーとなるため、ジグヘッド+ワームの組み合わせに比べると、沈下スピードが速くなる傾向にあります。つまり、水深の深い場所のボトム付近を攻めるときなど、素早く沈め、手返し良く釣りを展開したい状況下では、ワームよりもメタルバイブのほうが強みを活かせるでしょう。

1g前後のジグヘッドでは、ボトムを取るのに1分以上掛かることも珍しいことではなく、限られた時間の中、より広範囲を攻めるにはデメリットが生じてしまいます。メタルバイブを使うことで、貴重な時間を無駄にせず釣りを楽しむことができるようになるため、「水深が深い場所」を攻めるときの武器として、メタルバイブを扱ってみてはどうでしょうか?もちろん、ワームにしか反応しないこともあるため、その辺りとの兼ね合いが大事です。

合わせて読みたい

アジングで使うジグヘッドの重さ
メバリングで使うジグヘッドの重さ

デイゲームなど、リアクションでの釣りが有効的な場面

アジングやメバリングは「夜の時間帯」のほうが簡単に釣果を伸ばせるとされており、実際に夜のほうがイージーな釣りを展開できることが多くなるため、特に初心者の方は夜の時間帯において釣りを楽しむことをおすすめします。なぜ夜の時間帯のほうが魚が釣れやすいのか?それは、暗闇による魚の警戒心の低下、ルアーを見切られにくくなる、などの条件が揃うため、昼よりは夜のほうが、より簡単に魚を釣ることができるのです。

そのため、デイゲームでは「視認性の良い状況下をどう攻略するか」が釣果を伸ばす鍵となりますが、そこで有効的なテクニックが所謂「リアクションの釣り」です。つまり、ルアーを餌として見せ口を使わせるのではなく、激しい動きで魚の本能を刺激し、反射的に食わせる・・・そのようなテクニックを使うことで、ルアーが見切られる状況下でも、コンスタントに魚をゲットすることができるようになります。

 

つまり、デイゲームではワームを用いた釣りではなく、メタルバイブのような鉄板系ルアーを使い、リアクションバイト狙いの釣りに徹するほうが釣果を伸ばしやすくなる傾向にあるため、「ワームに全く反応しない」そのような状況下において、メタルバイブを使ってみてはどうでしょうか?また、ダート系ワームを使う・・・という選択肢もありますね。

合わせて読みたい

昼にメバルを釣るときの釣り方
昼にアジを釣るときの釣り方

魚の活性が異常に高いとき

長くアジングやメバリングをやっていると、ときに「何をどうやっても釣れる」という場面に遭遇することがあります。つまり、ワームであろうがメタルバイブであろうが、問題なく数を伸ばすことができ、誰にでもイージーに爆釣シーンを楽しむことができる・・・という訳です。

このように、魚の活性が異常に高い状況下でワームを使ってしまうと、ワームがズタズタにされてしまい、コストパフォーマンスが大きく低下することがあるため、幾ら突かれてもそう簡単に壊れることのないメタルバイブは、これ以上ない武器となることでしょう。つまり、ワームが勿体無いから耐久性の強いルアーを使おう!ということですね。

メタルバイブを使った、アジ、メバルの釣り方まとめ

メタルバイブを使いアジングやメバリングを楽しむときの釣り方ですが、基本的には「ただ巻き」でオッケーです。もう少し言うと、アジやメバルがいるレンジまでカウントダウンを用い沈め、そのレンジをキープしながら巻いてくることで、ガツン!とヒットすることが多いです。簡単そうに言ってますが、これが難しいんです・・・。

後は、時折トゥイッチ(チョンチョンっとアクションを付ける)を入れたり、特にアジには「フォール」が有効的であることが多いため、ただ巻きの中に何かしらの変化を入れてやり、バイトポイントを自ら作り上げることも、釣果を伸ばすコツとなります。

合わせて読みたい

メバリングはレンジキープが超大事!?
アジングはただ巻きだけでOK?
カウントダウンのやり方まとめ

リグデザインはアジング・メバリングなど、ソルトライトゲーム製品をリリースしているメーカーです

Amazonでリブリブを見る


関連記事

  1. 豆アジングを楽しむときのコツをまとめてみる!使うラインやジグヘッド、タックルなど…

    2018.11.22
  2. 「アジング」口切れによるバラシを減らすためにできること

    2018.11.27
  3. エギングロッドでアジングを楽しむことは可能?

    2018.10.17
  4. ライトゲームで【根掛かり】が頻発するときの対処方法まとめ《アジング・メバリングe…

    2019.04.22
  5. アジングで使うワームの大きさ(インチ)について考えてみる

    2018.09.28
  6. 風が強い日にライトゲームを楽しむコツと、対策方法

    2018.10.10
PAGE TOP