Loading

BLOG

【アジング】ワームが飛ばない・・・飛距離はどれくらい必要?

今回は、アジングにおける「飛距離」面についてのまとめです。アジングでは1g前後のジグヘッドをメインに扱うことになるため、どうしても飛距離が伸びません。人間の心理として、沖に投げたほうが魚が良く釣れる・・・そう感じてしまうのは自然のことであり、飛距離が出ないアジングは、なんとなく不安が残りますよね。

このページでは「アジングではどれくらいの飛距離が必要なのか?」「飛距離を少しでも伸ばすためにはどうすれば良いのか?」という点についてまとめていこうと思いますので、【アジングを楽しんでいるけど、全然飛ばない・・・】そう感じている人は、ぜひ参考にして頂ければと思います。

そもそも、アジングに飛距離はどれくらい必要?

冒頭でもお話した通り、アジングでは1g前後のジグヘッドを主に釣りを楽しむことになるため、「そもそも飛ばない」ことが普通です。風の強さや風向きによって前後しますが、1gほどのジグヘッドであれば15mの飛距離が出れば良いほうではないでしょうか?

そのため、アジングを経験したことのない人や、飛距離有りきの釣り(ショアジギングなど)を楽しんでいた人からすると、「本当にこの飛距離で釣れるのか?」と疑問に感じることが多いようですが、結論から言うと【全く問題ない】というのが答えであり、10mも飛ばせば、問題なくアジを釣ることは可能です。

 

アジングは飛距離が出せない釣りのため、そもそもの考え方を変えます。通常のルアーフィッシングでは、魚のいる場所までルアーを届かすことが主となりますが、アジングにおける考え方としては、【1g前後のジグヘッドで届く距離にいるアジを探す】という風に考えます。1g前後のリグでは、どう足掻いても飛距離を伸ばすことは不可能なため、簡単に言うと「近くにアジがいる場所を探す」ことが、アジングを楽しむための基本となるのです。

実際、アジは人間が思っている以上に足元付近を回遊していますし、25cmを超えるような良型アジであっても、1gのジグヘッドで届く射程範囲内を回遊してきます。

使うラインやジグヘッドにより(多少)飛距離を伸ばすことは可能

アジングでは、1gほどの軽量リグを使うことが中心となるため、どうしても「飛ばない」ことが普通な釣りとなりますが、ほんの少しの工夫で「ほんの少しだけ飛距離を伸ばす」ことができるため、その方法について(一応)触れておこうと思います。

まず使うロッドレングスを長くすることで飛距離を伸ばすことが可能です。アジングでは5ft台のレングスが一般的となりつつありますが、これを6ft、7ftと長くすることで、多少なりとも飛距離が伸びる傾向にあります(竿の硬さやスペックによって逆に飛ばなくなることも)。ただし、ロッドを長くすると、アジングで釣果を伸ばすために大きなアドバンテージとなる「感度」面を犠牲にすることにも繋がるため、飛距離を取るか、感度を取るか・・・難しいところではありますね。

 

また、使うラインやジグヘッドの種類を考慮することで、飛距離を伸ばすことができます。アジングで使うラインはPEライン、エステルライン、フロロカーボンライン、ナイロンラインの4種類がありますが、この中で最も飛距離が出やすいラインは「PEライン」のため、より沖へ飛ばしたいときはPEライン一択です。(ただし、風に弱い性質があるため、PEが苦手な人はエステルラインを使うという選択肢もある)

そしてジグヘッドですが、ジグヘッドの中には「低比重」なものと「高比重」なものがあり、物理的に考えると、高比重なジグヘッドのほうが飛距離が伸びる傾向にあります。ただし、低比重になると【フォールスピードの低速化】を狙えるため、よりスローな誘いをするときは、高比重ジグヘッドではなく、低比重ジグヘッドを使うことがおすすめです。より飛距離を伸ばしたいときは、高比重であるタングステン製のジグヘッドを使うのも有りですね。

合わせて読みたい

アジングで使うジグヘッドの重さを考える
アジングロッドの長さを決めるときのアレコレ

圧倒的飛距離が必要なときは、フロートリグやキャロを使うのがベスト

くどいようですが、ジグ単でのアジングでは10m〜20mほどの飛距離しか出すことができないため、どうしても沖目を狙うことができなくなってしまいます。そのため、シャローエリアを攻めるときや、沖目を回遊しているアジを狙うことができなくなってしまいますが、そんなときに便利なのが「フロートリグ」「キャロライナリグ」の存在です。

このようなリグを使うことで、最大20g前後までの仕掛けを使いアジングを楽しめるようになり、50m先を回遊しているアジをもターゲットに釣りを展開できるようになるため、「とにかく飛距離が最優先となる場所」でアジングを楽しむときは、フロートリグやキャロライナリグの使用を検討するのが一番です。

 

しかし、言わずとも「フロートリグに対応したロッド」が必要となるため、新たに道具を揃えなくてはならないのがネックですね。シーバスロッドやエギングロッドをお持ちの方はそれらを流用することもできるため、ジグ単タックル+フロート(キャロ)用タックルを組み合わせることで、より幅の広いアジングを楽しむことができます。

合わせて読みたい

エギングロッドでアジングを楽しめる?

リグデザインはアジング・メバリングなど、ソルトライトゲーム製品をリリースしているメーカーです

Amazonでリブリブを見る


関連記事

  1. 《アジング》メタルジグの使い方と、使うタイミングを知る

    2018.11.28
  2. サビキ釣りの横でアジングは成立する?コマセパターンでの考え方をまとめてみる

    2018.10.18
  3. アジングで釣れないときに考えられる6つの理由

    2018.11.30
  4. アジングと水温の関係を考える。アジの適水温は何度??

    2018.11.13
  5. アジングやメバリングで「フグ」にワームを噛みちぎられるときに考えること

    2018.10.19
  6. ニオイ付きのワームは、ライトゲームで効果あり?その真相に迫ります

    2018.10.19
PAGE TOP