Loading

BLOG

アジングやメバリングに「タモ」は必要?ランディングネットの重要性を考えてみる

アジングやメバリングなど、ソルトライトゲームでは、20cm程度の魚がスタンダードとなり、大きなものでも30cmほどと、釣りの中では「小物釣り」に該当する釣りとなっています。その分、使うタックルは繊細なものになりますが、20cmほどのサイズであれば難なく抜き上げによるランディングを行うことができるため、「ライトゲームにタモ(ランディングネット)は必要なのか?」という疑問が、頭に中にフツフツと湧いている人も多いんではないでしょうか?

そこで今回は、「アジングやメバリングにおいてタモは必要なのか?」というテーマにフォーカスし、まとめていきたいと思います。

外道対策としても、タモは持っておいたほうが良い

アジングやメバリングなど、ライトゲームを楽しんでいるときに、シーバスやチヌなどの中大型魚がヒットすることがよくあります。所謂「外道」と呼ばれる魚ですが、50cmを超えるようなシーバスや40cmを超えるチヌなどがヒットすると、ライトゲーム用タックルでは抜き上げることが困難となりますし、無理な抜き上げはロッド破損に繋がるため、なるべく止しておいたほうが無難です。

結果として、チヌやシーバスなどの外道がヒットすると、フックアウトやラインブレイクによるバラシが多くなってしまうため、時折くる大型ゲストのためにも、「タモ」を持っておいたほうが良い・・・と言えるでしょう。

尺アジ、尺メバルを狙うときはタモを用意しておいたほうが無難

アジングやメバリングで釣れる魚のサイズは20cm前後がスタンダードになることが多いですが、中には30cmを超える所謂「尺アジ」や「尺メバル」にフォーカスし、専用に狙う人もいることでしょう。このように、30cmを超える尺オーバーの魚をライトゲームロッドで狙う場合、無理な抜き上げはバラシの要因となったり、道具の破損に繋がる恐れがあるため、念のために「タモ」を用意しておくほうが安心ですね。

せっかく釣れた大物を逃してしまうのも悲しいですし、確実にキャッチするためにもランディングツールはあったほうが良い・・・と言えるでしょう。

合わせて読みたい

狙って尺アジを釣る方法まとめ

テトラなどでのポロリ防止にランディングネットが便利

特にアジは、釣れてからの「ポロリ」が多くなってしまいます。足場の良い状況下であればまだしも、テトラ帯など隙間がある場所でライトゲームを楽しむ場合、ポロリしてしまうと即ちオートリリースとなることが多いため、釣れた魚を確実にキャッチするためにも「ランディングネット」を用意しておけば安心です。

伸縮性のあるものでなくとも、腰掛けできるコンパクトなランディングネットがあれば十分なため、ポロリによるバラシが頻発する人は、キャッチネットを用意し、確実に取り込むことをおすすめします。

玉の柄の長さは3m前後がおすすめ

アジングやメバリングなどのライトゲームで使う「タモ」のスペックですが、シーバスやショアジギングで使うような大きなタモは持ち運びに難が出ますし、ランガンがスタンダードとなるライトゲームにとって大きく重量感のあるタモは【邪魔な存在】にしかなりません。

そのため、アジングやメバリングで使うタモは比較的サイズの小さなもの、ライトゲーム専用で売られているものを用意しておくことをおすすめします。また、玉の柄が長くなるほど重量が増えるため、3m前後の伸縮性がある玉の柄がベストなんじゃないかな?とは思います。もちろん、海面まで届かなければ意味がないため、その辺りを考慮した上で玉の柄の長さを決めて下さいね。

リグデザインはアジング・メバリングなど、ソルトライトゲーム製品をリリースしているメーカーです

Amazonでリブリブを見る


関連記事

  1. メバリングの時期を知る!メバルが良く釣れる季節を、春・夏・秋・冬に分けて考えてみ…

    2018.12.08
  2. アジングは「潮」によって釣果が変わるのか?大潮、中潮、小潮、長潮、若潮、一体どの…

    2018.11.13
  3. エギングロッドでアジングを楽しむことは可能?

    2018.10.17
  4. アミパターンでの【アジング】攻略法まとめ

    2019.06.12
  5. 【メバリング】ワームカラーや、ローテーションについて深く考えてみる

    2018.12.05
  6. アジングで使うリールの番手はサイズが小さいものを選ぼう!1000番、2000番が…

    2018.09.27
PAGE TOP