Loading

BLOG

メバリングの時期を知る!メバルが良く釣れる季節を、春・夏・秋・冬に分けて考えてみる

メバルを含む魚には「釣りの旬」と呼ばれる時期があり、つまり「メバルが釣れやすい時期と、そうでない時期」にハッキリと分かれてしまうことになるため、メバリングでコンスタントな釣果を得るためには、メバルが良く釣れるベストシーズンを知り、良く釣れる季節に釣行するということが、釣果を伸ばすために必要な要素の1つとなってきます。

では、メバリングに適した時期はいつなのか?という点について、春、夏、秋、冬、それぞれの季節の特徴別にまとめていきたいと思いますので「メバルはどの時期に狙うべきなの?」そう疑問に感じている人は、ぜひ参考にして頂ければと思います。

メバリングのハイシーズンは、「秋」と「春」

まず結論からお話すると、1年の中でメバリングに適している時期は「秋」と「春」です。メバルはどちらかと言うと高水温が苦手な魚であり、水温が高くなるほど沖の深場へ行き、適水温に近づくほど浅瀬によってくる傾向にあるため、より水温が安定しやすい春、秋の季節が、メバルを狙うのに適している季節と考えておいて間違いないでしょう。

逆に言うと、この時期を外してしまうと「メバリングで好釣果を残すことが難しくなる」とも言えるため、メバリングを全力で楽しみたい人は、必ず春、秋の季節を逃すことなく、シーズン中は「時間が許す限り海に立つ」ことで、より良い釣果を得ることができるようになるでしょう。

 

では、なぜ秋と春がメバリングに適している時期なのか?という点と、冬、夏はメバリングに向いていないのか?という点を踏まえ、それぞれ詳しく簡潔にまとめていきたいと思います。

産卵前の荒食いを狙う!冬前の秋はサイズ、数共に狙えるメバリングのベストシーズン

まず、「秋」の季節の特徴ですが、メバルは12月に産卵を迎え、産卵が近づくと共に射程範囲内である浅瀬に接岸してきます。そして、産卵前のメバルは「卵を生むために体力を付けなければ・・・」と、餌を全力で捕食する傾向にあるため、この所謂「産卵前の荒食い時期」にメバリングを楽しむことで、食い気満々のメバルを狙い、釣りを楽しむことができる・・・という訳なんですね。

ワームへはもちろんのこと、プラグにも果敢にバイトしてくるため、数釣り、サイズ共に狙えるのが、秋シーズンメバリングの特徴だとも言えます。ちなみに、産卵終わりは目に見えてメバルの活性が低くなるため、本当のチャンスは産卵が終わるまで・・・と考えておきましょう。

 

ただし、秋に釣ったメバルは言うまでもなく「抱卵個体」が多く、その全てを持ち帰ってしまうと、途端にメバルの数が減ってしまう・・・という事態に繋がる恐れがあり、暗黙の了解として「卵を持っているメバルに関しては全てリリースする」というローカルルールも存在しているため、守る守らないは個人の自由ではありますが、個人的には抱卵個体は必ずリリースすることをおすすめしています。

将来的にメバリングを楽しむためには「メバルの絶対数を減らさない」ということが大事なため、全てのアングラーが協力し、メバルという資源を守っていくことが大事ですね。

別名「春告魚」?春はメバリングに一番適した時期

メバルは別名「春告魚」と呼ばれるほどは春が旬な魚であり、メバリングに関して言っても、春は「どの季節よりもメバリングに最適な時期」と言えるため、敢えて釣行時期を絞るとするなら、春の季節を中心にメバリングを楽しむことをおすすめします。

春はメバルの適水温である14度前後を維持しやすい時期であり、メバルの餌も豊富なため、ワームやルアーに対し積極的にバイトしてくる個体が多くなります。地域により差はありますが、リグデザインがメインとしている大阪南部では、3月頃から徐々にメバリングシーズンが始まり、6月の梅雨時期までコンスタントによく釣れる時期に入る・・・というのが、例年の流れとなっています。

 

また春は「バチ抜け」と呼ばれる、ゴカイなどの産卵が被る(産卵のため、普段は底にいるバチが表層へ浮いてくる)ため、表層をゆっくり巻いてくるだけで、永遠とアタリが続く・・・と言った、非常にイージーなメバリングを楽しむことが可能なため、メバリング上級者はもちろんのこと、慣れていない初心者の方でも比較的簡単に釣果を得ることができるため、ぜひ狙ってみて下さい。

寒い冬の季節は、釣れはするが渋い・・・と考えておこう

メバルは釣りのオフシーズンと言える「冬」の時期でも釣れてくれる、釣り人にとって冬の癒やしと言える存在ではありますが、それでもなお低水温となる1月、2月は寒さによる活性低下のため、釣れにくくなるもの・・・という認識を持っておいたほうが良いでしょう。もう少し言うと、冬時期は「メバルが釣れはするが、反応が渋い季節」と考えるのが一番です。

冬のメバリングは、如何に活性が低いメバルに口を使わせるかが釣果の分かれ目となるため、一番腕の差が際立つ時期だとも言えますね。この時期にコンスタントに数釣りができたり、狙って良型メバルを釣ることができる人がメバリング上級者だと言うこともできるため、敢えてこの厳しい冬の時期にメバリングを楽しみ、腕を磨くのも1つの手かもしれませんね。

夏はメバルのオフシーズン

メバリングは秋、冬、春と長く楽しむことができる釣りではありますが、「夏」の季節に限ってはオフシーズンと言わざるを得ないほど、メバルの釣果を聞くことがなくなります。もう少し言うと、夏でもメバルを狙う術はあるが、敢えて狙うほど適した時期ではないと言えるため、夏時期はメバリングではなく、他のライトゲームに目を移したほうが良いんじゃないかな?というのが、個人的な考え方です。

なぜ夏の季節はメバリングに適していないのか?と言うと、メバルは高水温を嫌う魚のため、夏になるとより水温が暖かい沖の深場に落ちてしまい、つまりメバリングの射程範囲からメバルの姿が少なくなるということになり、物理的に釣ることが難しくなってしまう・・・というのが、夏はメバリングのオフシーズンと言われる所以ですね。

 

このように、メバルは秋、春はベストシーズンとなり、冬は微妙、夏はオフシーズンとなるため、このような「メバリングを楽しむことができる時期」を頭の中へ入れておき、より適した時期に釣行することが釣果を伸ばす鍵となるため、より適した時期にメバリングを楽しみ、より良い釣果を得るためのスケジュールを組み込むことをおすすめします。

リグデザインはアジング・メバリングなど、ソルトライトゲーム製品をリリースしているメーカーです

Amazonでリブリブを見る


関連記事

  1. メバリングは安いロッドでも、問題なくメバルを釣ることができるのか?

    2018.12.04
  2. 風が強い日にライトゲームを楽しむコツと、対策方法

    2018.10.10
  3. リアクションでアジ、メバルをゲット!【ダート用ジグヘッド】の詳細や使い方をまとめ…

    2018.11.28
  4. メバリングで使う「ワームの大きさ(サイズ)」について考えてみる

    2018.12.06
  5. フロートリグの使い方まとめ!《アジング・メバリング》沖にいる魚を狙い撃とう!

    2019.04.23
  6. ワームの「ケイムラ」とは?アジング、メバリングで効果はあるのか?

    2018.09.30
PAGE TOP