Loading

BLOG

「メバリング」メバルを夜に狙うときに意識しておきたいことまとめ

今回は、メバリングを楽しむ上で最もスタンダードとなる時間帯である「夜」に、ワームを使いメバルを釣るときに意識しておきたいことをまとめてみたいと思います。夜の時間帯は、昼の時間帯に比べ「難易度が低く」なるとされており、これからメバリングを始める人や、コンスタントに釣果を残したい人は、夕食を抜いてでも夜の時間帯にメバリングを楽しむほうが良い!と言えるため、【夜にメバリングを楽しむときの基礎知識】を身に着け、安定した釣果を手に入れちゃいましょう。

昼より夜のほうがメバルが釣れやすい!その理由を知る

冒頭でもお話した通り、そもそもの大前提として「メバリングは昼よりも夜のほうが難易度が下がる」と言い切れます。合計10の数字で表すと、昼の難易度が8で、夜の難易度が2、これくらい、昼と夜では難易度に差が出てしまいます。もちろん、人によっては「昼のほうが釣れやすい」という人もいるでしょうが、それは経験の蓄積による功績が釣果を左右しているだけであり、メバリング初心者の人が狙う時間帯は、有無を言わず「夜のほうが良い」と言えますね。

では、なぜメバリングは夜のほうが難易度が低いのか?その理由としては「メバルが浮いている(活性が高い)」「視認性が下がる」この2点が、難易度を緩和する大きな要因となっています。

 

まず「メバルが浮いている」という点ですが、メバルは根魚に分類される魚のため、基本的には「ボトム周りの何かしらの根」の近くを好む習性があるのですが、夜になると自分が根魚であることを忘れているかの如く、表層付近まで浮き上がり、むしゃむしゃと積極的に捕食行動を行うのです。

そのため、浮いているメバル=活性が高いという式が出来上がり、当然ルアーへの反応も良くなるのです。もちろん、夜の時間帯であっても沈んでいることも多いですが、表層まで浮いているメバルを釣ることはそう難しいことではないため、型にはまれば昨日今日メバリングを始めた人であっても、それなりの釣果を得ることができるでしょう。

 

そして「視認性が下がる」点ですが、これは文字通り、夜の暗闇がルアーの存在感をかき消してくれ、つまり「メバルの警戒心が緩くなる」と言えるのです。メバルは目張と書くよう、文字通り「目で見て獲物を認識する魚」のため、昼の時間帯はワームの存在を偽物だと感じやすく、反対に夜の時間帯はワームを偽物の餌だと判断できなくなるため、視認性の下がる夜のほうが「簡単に釣れる」と言えます。

合わせて読みたい

デイメバリングを楽しむときのコツ
メバルの居場所を知る

常夜灯周りを攻めるときのコツ

メバリングの一級ポイントとして知られる「漁港」には、終日海を照らしてくれる「常夜灯」が併設されていることが多いですが、この常夜灯周りはメバリングを楽しむ上で外せないポイントとなっているため、特にメバリング初心者の方は、まず漁港にある常夜灯周りからスタートしてみてはどうでしょうか?

なぜ、常夜灯周りはメバリングの一級ポイントとなり得るのか?という点ですが、常夜灯の明かりにプランクトンなどが集まり、それを捕食する小魚も集まる。そして、そのプランクトンや小魚を捕食するメバルも集まってくるため、つまり【常夜灯周りは必然的にメバルが集まってくる条件】が詰まっている宝石箱のようなものなので、意図せずメバルの居場所を掴むことができるのです。

 

常夜灯周りを攻めるときのコツですが、メバルは常夜灯が照らす明かりの中心よりも、影になっている「暗」の部分に潜み、そこを通り掛かる獲物を捕食する傾向が強いため、所謂「明暗の境」を意識し、暗部を通すようトレースしてくると、ガツン!とHITすることが多いですね。

常夜灯周りは人的プレッシャーが掛かっていることも多く、簡単とは言え、思考を捨て適当にやっているだけでは思うように釣果を伸ばすことができないことも多いため、明暗を攻めるなど、戦略的に釣りを展開していくことで、他の人では釣れないメバルをコンスタントにゲットすることができるでしょう。

狙うレンジは「表層」から

夜の時間帯にメバリングを楽しむときに意識しておきたいレンジの考え方ですが、基本的には「表層」から攻めることをおすすめします。前述した通り、夜になるとメバルが表層付近まで浮いてくるため、活性が高く、ルアーに好反応を示すメバルをサーチする意味でも、まずは表層を探っていくのが一番効率的なのです。

そこにメバルがいれば、5投以内に何かしらのコンタクトがあるため、放射状に5投し、反応がなければ移動を繰り返す、ランガンスタイルで楽しむことで、よりコンスタントに釣果を得ることができます。また、表層で反応がないときは「ボトム付近」をサーチすることで状況が一変することもあるため、表層だけにこだわらず、ボトムも攻める引き出しを持っておくことが、夜にメバリングを楽しむときの必須条件だとも言えますね。

夜に使う「ワームカラー」についての考え方

リグデザイン製品もそうですが、ワームにはシリーズ毎に沢山のカラーがラインナップとして用意されています。では、夜にメバリングを楽しむときに効果的なワームカラーは何色なのか?という点ですが、この答えとしては「分からない」としか言えないのが現状です。

正確には「その日の状況を見ないことには分からない」ということで、クリア系カラーが効くときもあれば、グロー、点発光カラーにしか反応しないときもあるため、所謂「当たりカラー」を見つけるためにも、最低3色ほどのワームカラーを用意しておき、ローテーションしながら探っていくことをおすすめします。

 

個人的には、(濁りやメバルの活性により順番が前後することもありますが・・・)クリア→チャート→点発光→ソリッド→グローと、このような流れでワームカラーローテーションをすることが多いため、大体の参考までにどうぞ。

合わせて読みたい

メバリングで使うワームカラーの色々

海面をライトで照らすとメバルが釣れなくなる?

メバリングに限らず、夜間の釣りは「ライト」が必須アイテムとなりますが、1つのマナーとして「海面をライトで照らさない」というローカルルールがあるということを理解しておくほうが無難です。海面をライトで照らす行為は結果としてトラブルに発展することがあるため、自分の考えは然ることながら、とにかく「海面は照らさないもの」と認識し、マナーアップに務めるべきだとは思いますね。

なぜ海面をライトで照らす行為はルール違反なのか?という点ですが、やはりこれは「魚が警戒する」という理由が大半を占めるでしょう。真意は別として、ライトを照らすことで魚が釣れなくなってしまうと考えている人が多いことから、ライトで海面を照らさないことがルールの1つとして定められている・・・という感じですね。

 

では実際に、海面をライトで照らすとメバルが釣れなくなるのか?という点ですが、個人的には「あまり影響ないんじゃないかな?」とは思っています。(他に人がいないこと前提ですが)YouTube動画を撮影するときも手元を照らしながら撮影していますが、問題なくメバルの釣果を得ることができていますし、ライトを照らすことによるデメリットは、今のところ感じたことはありません。

しかし、より警戒心が強い大型メバルを釣るときや、普段は真っ暗な場所(磯やゴロタなど)でメバリングを楽しむときは、ライトの有無が釣果を分ける大きな要因となってしまうこともあるため、基本的には「ライトで海面を照らさない」というルールの元、メバリングを楽しむことをおすすめします。

リグデザインはアジング・メバリングなど、ソルトライトゲーム製品をリリースしているメーカーです

Amazonでリブリブを見る


関連記事

  1. メバルをメタルジグで釣る!釣り方と使うタイミングまとめ

    2019.05.29
  2. フロートリグの使い方まとめ!《アジング・メバリング》沖にいる魚を狙い撃とう!

    2019.04.23
  3. メバルをフォールで釣る!!大爆釣することも!その釣り方まとめ

    2019.06.10
  4. アジングやメバリングの「マナー」まとめ

    2019.06.12
  5. スナップは使うべき?アジングやメバリングなどのライトゲームにおけるスナップ使用の…

    2018.09.27
  6. メバリングは値段の安いリールでも問題なく楽しむことができるのか?という点について…

    2018.12.04
PAGE TOP