Loading

BLOG

【メバリング】アタリと合わせについてを知る!乗らないときの対策方法も

今回は、メバリングで釣果を左右することにもなる「アタリ」と「合わせ」について、まとめていこうと思います。メバルのアタリはどのように出るのか?アタリがあったときの合わせ方は?そう疑問に感じている人は、ぜひ参考にして頂ければと思います。また、メバルからのアタリがあるにも関わらず全く乗らない・・・そんなときの対策方法も合わせてお話していきますので、その点も踏まえた上で読み進めて頂ければと思います。

メバリングは、ガツン!といきなりHITすることが多いため、向こう合わせで対応するほうが良い

まず、メバリングでの「アタリの出方」ですが、メバリングは大前提として「ただ巻き」で活性の高いメバルを狙い撃つことが基本となるため、ハンドルをクルクルと回していると、いきなりガツン!とHITしてくることが多くなります。アタリと言うよりも、ひったくるようにバイトしてくるため、合わせを入れずとも勝手にフッキングしてくれる所謂「向こう合わせ」的な考え方でオッケーです。

ただし、向こう合わせを、文字通り「向こう任せ」にしてしまうと、フックアウトによるバラシが頻発してしまうこともあるため、ある程度メバルの初動を抑えた後、軽く【追いアワセ】をすることも、1つの方法ですね。

カツ、カツ・・・と細かいアタリが頻発するときは

ただ巻きでメバリングを楽しんでいると、カツ、カツと小さいアタリはあるものの、全く針掛かりしない・・・という事態に陥ることがよくあります。なぜ、アタリはあるのに上手くフッキングしないのか?その原因として「メバルのサイズが小さい」「メバルの活性が低い」「メバルではない魚の可能性」この3つが挙げられるため、アタリはあるのに乗らないときは、その原因を突き止め、解決することで釣果を伸ばすことができるようになります。

例えば、メバルのサイズが小さいのであれば、ジグヘッドを軽くして口の中に入りやすくする・・・メバルの活性が低いのであれば、ワームカラーの変更やサイズの変更、釣り方(ダート)を変えてやり、メバルの活性を高めてやることも1つの方法です。

 

そして、一番避けて通りたいのが「メバルではない魚の可能性」です。具体的に言うと、アジやフグなど、メバルとは違う魚がアタってきている可能性があり、特にフグはアタリがあっても乗らないばかりか、ワームをズタボロに噛み砕いてしまうという悪行を行うことが多いため、メバルでない魚が湧いているエリアは早々に見切りを付け、よりメバルの魚影が濃い場所へ移動することをおすすめします。

合わせて読みたい

メバリングで使うワームカラーについて
ワームの大きさを考える
フグが多いときの対処方法
ライトワインド(ダート)でメバルを釣る

フォール中のカツンというアタリは即合わせで対応

メバリングでは大前提として「ただ巻き」の釣りがメインとなりますが、より大型メバルを狙うときや、ボトム付近を攻めるときは、リトリーブの釣りではなく「フォール」の釣りを展開することで、より良い釣果を得ることができるようになります。フォールでのメバリングを覚えると、ただ巻きでメバルを釣る・・・という引き出し1つしかない人と比べると、圧倒的に大きなアドバンテージを持ち釣りを展開することができるようになるため、よりメバリングを極めたい・・・そう考えるのであれば、フォールでのメバリングを会得することをおすすめします。(フォールでのメバリングに関しては、別ページで詳しくお話しています)

フォールでのアタリは、ただ巻きのときと比べるとガツン!と向こう合わせ的なアタリが少ない傾向にあり、フォール中に「カツ」と竿を指で弾かれたようなアタリが出る傾向にあるため、その細かいアタリを見逃さず、ガツン!と即合わせすることが大事です。

 

合わせが遅れるとメバルがワームを吐き出してしまい、つまり「釣れていたはずのメバルを逃してしまう」ことに繋がるため、フォールでのメバリングを楽しむときは、なるべくクイックな合わせを心がけ、より素早くメバルの口にフックを貫通させることを意識するほうが良いですね。

アタリはあるけど乗らない・・・そんなときの対策方法

先程も軽く触れましたが、「アタリはあるけど乗らない」このような状況下に陥ったときに考えるべき対策方法について考えていきたいと思います。出るアタリの多くをモノにすることができると、言わずとも「メバリングで信じられないほどの大爆釣」を手にすることも難しいことではなくなるため、よりストイックに「なぜ乗らないのか?」という点について考慮し、検証していくことをおすすめします。

では、メバリングでアタリはあるのに乗らない・・・そのようなときに考えるべきことは何なのか?という点ですが、「ジグヘッドを軽くする」「食わせの間を入れる」「ラインやロッドを見直す」この3つを考えることで、乗らないアタリを乗るアタリに変換できる可能性が高くなるため、ぜひ実践してみて下さい。

 

まず「ジグヘッドを軽くする」点ですが、ジグヘッドが重すぎるとメバルが上手くワームを口に入れ込むことができず、結果として乗らない・・・ということに繋がる懸念が生まれます。メバリングでは、0.3g〜2g程度のジグヘッドを主に楽しむことになりますが、アタリはあるが乗らない状況下では、今使っているジグヘッドよりも1ランク下のウエイトに交換することで上手くフッキングできるようになるケースがよくあります。

次に「食わせの間を入れる」点ですが、メバリングではリトリーブの釣りが基本となり、所謂「ただ巻き」だけで釣りを展開している人が多く感じられますが、アタリはあるのに乗らない状況下では、食わせの間として「ステイ(フォール)」を入れるのが効果的です。

 

具体的に言うと、5回リトリーブ→3秒ほどカーブフォール(ラインテンションを張ったまま沈める)→リトリーブ→・・・という流れですね。ただ巻きでメバルにワームの存在を気づかせ、その後のフォールで口を使わせる。という流れです。

続いて「ラインやロッドを見直す」点ですが、これは単純に「よりメバリングに適した道具を使う」ことになります。アタリがあるのに乗らない・・・このような状況下では、ラインやロッドがメバルのアタリを弾き、乗らない要因を作っている可能性が大いにあり、道具を変えてやることで無事解決できるケースが存在します。

 

具体的に言うと、固く先調子なロッドだと、メバルのアタリに対し柔軟に対処できにくくなってしまい、せっかくのバイトを無駄にしてしまう・・・ラインの伸びが少なく、メバルのアタリを弾いてしまう・・・このように、メバルのアタリを道具が受け止めきれないときに、アタリはあるけど乗らない・・・という状況下が出来上がってしまうのです。

そのため、ロッドはメバルのアタリ(引き)に対しグググっと柔軟に曲がってくれるもの、ラインは伸びが少ないもの(PEライン)ではなく、伸びのあるライン(フロロカーボンライン)に変えることで、メバルのアタリに対し道具が対処してくれやすくなるため、あまりに乗らなすぎる(バラシが多い)ときは、使う道具を見直してみるのも、1つの手かもしれませんね。

合わせて読みたい

メバリングで使うラインを考える
メバリングロッドの長さを選ぶときのコツ

リグデザインはアジング・メバリングなど、ソルトライトゲーム製品をリリースしているメーカーです

Amazonでリブリブを見る


関連記事

  1. メバルが釣れない・・・メバリングで結果がでないときに考えたいこと

    2018.12.28
  2. メバリングの時期を知る!メバルが良く釣れる季節を、春・夏・秋・冬に分けて考えてみ…

    2018.12.08
  3. メタルバイブレーションで「アジ」「メバル」を狙う!使うタイミングや釣り方まとめ

    2019.05.27
  4. メバルをフォールで釣る!!大爆釣することも!その釣り方まとめ

    2019.06.10
  5. メバルの居場所(レンジ)はどこ!?→→「表層とボトムを狙えばオッケー」

    2018.12.17
  6. メバルを釣るときの「水温」を知り、釣果アップを狙おう

    2018.12.17
PAGE TOP