Loading

BLOG

メバリングで使う【リールの番手】は、1000番か2000番がおすすめ

今回は、メバリングで使うリール選びで最も迷う人が多い「メバリングで使うリール番手は何番が理想的?」という点について、リグデザイン的な意見をまとめていこうと思います。もちろん、メバリングで使うリール番手選びに確実な正解などはありませんが、長年の経験により得た知識と経験値に基づいたメバリングで使うリールの番手についてお話していこうと思いますので、参考にして頂ければと思います。

メバリングで使うリールの番手は、1000番か2000番がおすすめ

メバリングでは、一体何番手のリールを使えば良いのか?この問に対する答えとしては、大前提として【1000番、2000番】台のリールを使うもの、という認識で、この2択からセレクトするのが一番です。これ以外の番手は「正直、メバリングには向いていない(できない訳ではないが、最適ではない)」と言えるため、新たにメバリング用リールを見繕っている人は、必ずと言っていいほど、1000番か2000番のリールをセレクトすることをおすすめします。

なぜ、メバリングで使うリールの番手は1000番、もしくば2000番が良いのか?という点ですが、メバリングで釣れるメバルのサイズは、大きなものでも35cmほどであり、アベレージで言うと20cm前後のサイズが最も多くなるため、魚のサイズ的に、番手の大きなリールでは不釣り合いとなるのです。

 

また、それに伴い使うロッドも軽量化されたライトなものとなるため、合わせるリールが大きくなればなるほどバランスが取れなくなり、快適な釣りを楽しめなくなってしまいます。結論として、メバリングで1000番、2000番以外のリールを使うことはデメリットが多くなってしまいがちですので、何か特別な理由がない限り、使う番手は1000番、もしくは2000番にしておくほうが良いでしょう。

基本として2000番を使ったほうが良い理由

「メバリングのリール番手は1000番か2000番が良い」こうは言いましたが、個人的にこれからメバリングを始める人におすすめしている番手は2000番であり、個人的にも2000番以外のリールを使うことはありません。

この理由としては、メバルはそのサイズからは想像できないファイトを見せる魚であり、それなりにパワーのあるタックルバランスでないとやり取りがしんどい。というのと、30cmクラスのメバルを狙うときは、比較的「太いライン(参考:PEライン0.4号程度)」を使うことが多くなるため、より太いラインが巻けるスプールが必要になる。この2点を考慮し、2000番を使うようにしています。

 

例えば、個人的に使っているダイワ セオリーを例に挙げると、1000番はPE0.3が120m巻けるのに対し、2000番はPE0.4号が120m巻けるようになっています。また、自重が1000番は「155g」、2000番は「175g」となっており、比較的パワーバランスが強くなるメバリングロッドと合わせるには1000番の自重では【少し軽すぎるんじゃないかな?】というのが本音ですね。

ほんの少しの誤差ではありますが、長く使っていく上でこの少しの差がストレスに感じることが多くなるため、(個人的には)メバリングでは2000番手のリールを使うもの・・・と考えています。

アジングと併用するなら1000番という選択肢も

メバリングと同じく、ライトゲームで大人気となっている「アジング」も同時に楽しみたい、むしろアジングが中心でサブとしてメバリングを楽しむ・・・このような場合、1000番手のリールをセレクトしても良いんじゃないかな?とは思います。

アジングでは「使うラインは細ければ細いほうが良い」という認識が普通のため、よりフィネスな釣りを展開するときは、1000番手のリールを選ぶという選択肢も出てくるのです。中には500番手という選択肢があるぐらいは小さい番手を好んで使う人が多い釣りのため、【アジングもメバリングも同時に楽しみたい】そのような考えをお持ちの方は、メバリングで1000番のリールを使うという選択肢もありじゃないな?というのが、個人的な思いです。

フロートリグなどを扱う場合、2500番もあり

ジグ単(ジグヘッド+ワーム)の釣りでメバリングを楽しむ場合、1000番、2000番手のリールを使うのが一般的ですが、サーフやゴロタ浜の釣りで「大前提として飛距離が必要」という場面では、フロートリグやキャロライナリグを使ったメバリングを考慮する必要性が出てくるため、より重たいリグを扱えるように2500番クラスのリールを使うという選択肢が出てきます。

15g程度のフロートリグを使う場合、メインラインとして太いPEラインを使うことが多くなり、なおかつ使うロッドもそれなりにパワーのあるモデルを使うことになるため、1000番や2000番ではバランスが悪くなる傾向にあるため、最低でも2000番、色々と考慮するなら2500番手・・・フロートリグやキャロライナリグを使う状況下に限り、このような認識がおすすめです。

リグデザインはアジング・メバリングなど、ソルトライトゲーム製品をリリースしているメーカーです

Amazonでリブリブを見る


関連記事

  1. メバリングは大潮か小潮、どちらがよく釣れる??

    2018.12.10
  2. メバルをライトワインドで狙う!使うロッドやジグヘッドについて知る

    2018.12.08
  3. メバリングはPEライン、フロロカーボンライン、ナイロンライン、どれを使うべきなの…

    2018.12.04
  4. 赤潮は釣りに悪影響を及ぼす!?アジやメバルは釣れなくなるのか?

    2019.05.28
  5. スナップは使うべき?アジングやメバリングなどのライトゲームにおけるスナップ使用の…

    2018.09.27
  6. 釣りで「ネックライト」を使って感じた、良い所と悪い所

    2018.12.01
PAGE TOP