Loading

BLOG

ライトゲーム(アジング、メバリングなど)にショックリーダーは必要?太さや長さはどれぐらいがベストなのか?

今回は、アジングやメバリングを代表する「ライトゲーム」において、【ショックリーダーは必要なのか?】という点について、まとめていきたいと思います。ショックリーダーを結束するには手間もコストも掛かるため、出来ることなら結束したくない・・・そう考える人も少なくはないはずです。

結局のところ、ライトゲームにショックリーダーは必要なのか?その結論について、LIGデザイン的な観点からお話していきます。

ショックリーダーを結束する意味

まず、そもそもなぜ「ショックリーダーを結束する必要性があるのか?」という点ですが、この答えとしては【メインラインとして使っているラインの弱点を補うため】です。例えば、PEラインだと「擦れに弱い」「伸びがなく、衝撃に弱い」という弱点があり、根や魚のヒレに擦れたときのラインブレイクや、想定外の大物がヒットしたときの衝撃によるラインブレイクなどを防ぐため、ショックリーダーを結束することになります。

そのため、「ライトゲームではショックリーダーが必要なのか?」という問に関する答えとしては「(ラインによっては)必ず結束しておくべき」であり、結束することによるデメリット(結束に時間が掛かるなど)よりも、結束しないことによるデメリットのほうが遥かに上回るため、基本的には【ショックリーダーを結束し、ライトゲームを楽しむ】という認識の元、釣りを楽しむことをおすすめします。

 

では、ショックリーダーを結束せずにライトゲームを楽しむと、どのようなデメリットが懸念されるのか?という点について、まとめてみます。(PEラインを使用することを前提にお話します)

結束しないことにより被るデメリット

ショックリーダーを結束しないことによる一番のデメリットは、やはり【ラインブレイク】が多くなってしまう・・・ということですね。つまり、ショックリーダーを結束しないことにより(何かしらの要因で)ラインが切れてしまう可能性が高くなってしまうため、道具のロスト、再結束に掛かる時間のロストが多くなってしまうのです。

特にPEラインはショックリーダーを結束しないことによるデメリットが多く、根や魚に擦れたときのラインブレイクや、「結束部が弱くなる」といい弱点もあることから、キャスト時のラインブレイク、魚がヒットした衝撃によるラインブレイクなど、最早「アジングやメバリングにとって致命的な弱点」と言える点が、ゴロゴロと出てきます。

 

前述した通り、このように「ショックリーダーを結束しないことによるデメリット」が数多く存在するため、結束時の手間や掛かるコストなどの問題はあるでしょうが、(PEライン使用時は)必ずショックリーダーを結束し、ライトゲームを楽しむようにしておくことをおすすめします。

PEラインにはショックリーダー必須!エステルライン、フロロカーボン、ナイロンは状況に応じて決める

ただし、使うラインの種類によってはショックリーダーが必要ないケースもあるため、使うラインによってショックリーダーの有無を決めることも大事です。具体的に言うと、「PEライン」を使うときはショックリーダー必須であり、フロロカーボンライン、ナイロンライン、エステルライン使用時は、使うラインの太さによって、ショックリーダーを結束するかどうかを決めればオッケーです。(ただし、個人的にエステルライン使用時はショックリーダーを結束するほうが良いと思っています)

個人的な感覚ではありますが、フロロカーボン、ナイロンライン共に2lbを下回る太さを使うときは、ショックリーダーを結束するようにしています。やはり細糸になるほど強度不足が懸念され、特に尺クラスを狙ったアジング、メバリングを楽しむときは、不要なラインブレイクを防ぐためにも、ショックリーダーを結束するようにしています。

ショックリーダーの号数(太さ)はどれくらいがベスト?

ライトゲーム(アジングやメバリング)で結束するべきショックリーダーの太さ(号数)ですが、「細すぎず、太すぎない号数」をセレクトするのが一番です。強度を求める人はそれなりの太さをセレクトすればオッケーですし、より繊細さを求めるのであれば強度面ギリギリを保つことができる、細いショックリーダーをセレクトしておけばオッケーですね。

人によって「ライトゲームで結束すべきショックリーダーの太さ」に対する認識が異なるとは思いますが、個人的には(PEライン0.2号使用時で)フロロカーボンショックリーダー【3lb〜4lb】を結束し、ライトゲームを楽しむようにしていますので、大体の参考にして頂ければと思います。

長さは50cmほど取っておけば十分

ライトゲームを楽しむときに取るべき「ショックリーダーの長さ」ですが、基本的に【キャストするとき、トップガイドに通らないほどの長さ】に設定しておくのがおすすめです。キャスト時、ショックリーダーの結束部をトップガイドに通してしまうと、ガイド絡みの原因になったり、ガイドへ不必要なダメージを与えることになったり、飛距離低下の要因になったり・・・と、良いことがないですからね。

ライトゲームで結束するショックリーダーの長さは、「垂らしの分」程度にしておき、数字で言うと50cm以下の長さにしておくことをおすすめします。(ただし、根の多い場所や魚のサイズが大きい場合、1mほどの長さを取っておいたほうが良いケースもある)

合わせて読みたい

アジングで使うラインの種類

関連記事

  1. アジングを始めるときの予算を計算してみる

    2018.11.27
  2. 「アジング」雨の日や濁りのある日でも楽しむことができる?

    2018.10.01
  3. メバリングは楽しい!そう思う理由5選

    2018.12.18
  4. メバルをライトワインドで狙う!使うロッドやジグヘッドについて知る

    2018.12.08
  5. メバリングで活用する「ジグヘッドの重さ」の基本や使い分けのまとめ

    2018.12.03
  6. エギングロッドでアジングを楽しむことは可能?

    2018.10.17
PAGE TOP