Loading

BLOG

メバリングリールは「ハイギア」「ローギア」どちらが優れているのか?ギア比について考えてみる

今回はメバリングで使うリールを選ぶときに迷う要素の一つとなってくる【ギア比】についてまとめていきたいと思います。そもそもギア比とは、簡単に言うと【ハンドル一回転辺り、どれだけラインを巻き取ることができるか】という点を表しており、より巻取り幅が大きいものを「ハイギア」、より少ないものを「ローギア」とし、各リールに設定されています。

では、メバリングではハイギアのリールを使うべきなのか、それともローギアのリールを使うべきなのか?という点についてまとめていきますので、【メバリングではハイギア、ローギア、どちらのリールを買えば良いのか?】そうお悩みの方は、ぜひ参考にして頂ければと思います。

よりスローリトリーブを意識するならローギア、巻き感度を良くしたいならハイギア

メバリングで使うリールはハイギア、ローギア、どちらが優れているのか?という問に対する結論ですが、極端な話をすると【ハイギアとローギア、どちらでもメバリングを楽しむことができる】というのが、正確な答えとなります。もう少し言うと、ハイギアでもローギアでもない、無印のノーマルギアもまた、メバリングにおいて問題なく活用することができます。

メバリングで使うリールのギア比を選ぶ上で意識しておきたいのが、自分がどのような釣りを展開していくのか?という点です。例えば、よりスローリトリーブでスローな釣りを展開したいのであれば、よりスローに巻き上げることができる「ローギアのリール」が適していますし、リトリーブ中の僅かな変化をモノにしたいという人は「ハイギアのリール」が適していると言えます(ハイギアは巻き感が重たくなるため、水中のちょっとした変化に気が付きやすい)。

 

そのいずれにも該当しない・・・という人は、ハイギアでもローギアでもなく、その中間に当たる所謂「ノーマルギア」を選ぶというのも一つの手ですね。実際、リグデザインの周りでも、ノーマルギアなリールでメバリングを楽しんでいる人は沢山います。

個人的にメバリングでは「ハイギア」リールを使うことが多い

あくまで個人的な話となりますが、個人的にはメバリングにおいて「ハイギア(もしくはノーマルギア)」のスピニングリールを使うことがほとんどです。ローギアを使うことは、よほどのことがない限りないですね。

その理由としては・・・

・ハイギアでもゆっくり巻ける
・ルアー回収が楽
・リアクションの釣りにも使える

この3つの点が挙げられるので、1つずつ掘り下げて見ていきたいと思います。

ハイギアでもスローリトリーブを実現できる

そもそも、メバリングでローギアリールを使う大前提として「スローリトリーブがやりやすい」という点がありますが、では、ハイギアリールでスローリトリーブを実現することはできないのか?となると、決してそんなことはないのです。(慣れると)ハイギアリールでもスローなメバリングを展開することができますし、実際今までハイギアリールでメバリングを楽しみ、(リトリーブ面で)不便に感じたことは一度もありません。

反対に、ローギアでハイギア並の回収速度を実現するとなると、より高速でハンドルを回さなければいけなくなるため、個人的にはハイギアリールを使い、メバリングを楽しむようにしています。

ハイギアはルアー回収が楽

メバリングを楽しんでいると、沖だけでアタリが連発し、手前では全くアタリがない・・・という場面に良く遭遇します。このような状況下では、沖以外を攻めるメリットが1つもないため、沖だけを攻め、手前のほうは一気に回収する、このような手を取ることが多くなるのです。

このとき、ローギアリールでは回収するに辺りハンドルを高速で巻かなければいけなくなるのに対し、ハイギアリールでは回収に掛かる労力を最小限に抑えることができるため、このような点も、個人的にメバリングでハイギアリールを使う1つの理由となっています。

リアクションの釣りにも流用できる

メバリングは「ただ巻き(リトリーブ)」の釣りが一般的となりますが、リトリーブに反応が薄いときなど、ダートやライトワインドなどを用いた「リアクションの釣り」が効果テキメンとなる場面があります。例えば、デイゲーム(昼)の釣りなんかでは、リトリーブの釣りより、リアクションの釣りのほうが遥かに好反応を見せるケースが多いですね。

リアクションの釣りでは、ロッドアクションを付け、そのラインスラッグを素早く巻き取る必要性が出てくるため、(どちらかと言うと)ローギアリールよりは、ハイギアリールのほうが優れているのです。そのため、リトリーブの釣りだけではなく、リアクションの釣りを用いてメバリングを楽しむことが多い人にとって、ハイギアリールは非常に優れた道具となることでしょう。

リグデザインはアジング・メバリングなど、ソルトライトゲーム製品をリリースしているメーカーです

Amazonでリブリブを見る


関連記事

  1. ライトゲームで【根掛かり】が頻発するときの対処方法まとめ《アジング・メバリングe…

    2019.04.22
  2. メバリングで使う「ワームの大きさ(サイズ)」について考えてみる

    2018.12.06
  3. 一度使ったワームは使い捨てにすべき?

    2018.10.04
  4. メバリングで使う【リールの番手】は、1000番か2000番がおすすめ

    2018.12.03
  5. ライトゲーム(アジング、メバリングなど)にショックリーダーは必要?太さや長さはど…

    2018.10.01
  6. アジングやメバリングで「フグ」にワームを噛みちぎられるときに考えること

    2018.10.19
PAGE TOP