Loading

BLOG

メバリングは値段の安いリールでも問題なく楽しむことができるのか?という点について、リグデザイン的な考え方をまとめてみる

今回は、メバリングを楽しむにおいて「安いリールでも問題なくメバリングを楽しむことができるのか?」という点について、具体的な意見をまとめていこうと思います。メバリングでメインとなる1000番〜2000番手のスピニングリールには、下は1000円から、上は7万円まで、大きな価格差があるため「どの価格帯のリールを買えば良いか分からない・・・」そんな人は、ぜひ参考にして頂ければと思います。

そもそも、何円のものが安いリールになるの?って疑問

そもそもお金に対する価値観は人それぞれですし、一言で「安いリール」とは言っても、人によってその基準が異なってきます。そのため、話を円滑に進めていくためにも、まずは「メバリングでは、何円のリールが安い部類に入るのか?」という点について、定義づけていきたいと思います。

スピニングリールには各社「エントリーモデル」に位置づけられるモデルが発売されており、文字通り「これからメバリングを始める人が手に入れやすい価格帯で売られているリールとなるわけですが、このエントリークラスリールの値段が、大体1万円ちょっとに設定されていることが多いため、ここでの「安いリール」の定義は、【10000円】としておくことにします。10000円でも十分大きな出費であることは間違いありませんが、リールは精密機器に当たる道具のため、その点を考慮すると、10000円は妥当な数字ではないでしょうか?

リール性能は値段に比例して良くなるため、予算に都合が付くのであれば、ハイスペックな機種を揃えておくのが理想的

極めて当たり前のことですが、リール性能は値段が高くなるに比例し、スペックが高くなってきます。例えば、5000円のリールと、70000円近いリール(ステラやイグジストなど)とでは、言葉で語れないほどは性能に差が出るもの・・・という認識でオッケーです。

当然、メバリングを有利に展開していくためには、ヌメヌメとした最高の巻感や、尺メバルがHITしたとしてもスムーズにラインを送り込むことができるドラグ性能など、ハイスペックなリールであればあるほど釣果を伸ばすことができる要因が大きくなるため、予算に余裕がある人は、より値段の高いハイスペックなリールを揃えておくほうが良いんじゃないかな?というのが本音です。

 

詰まる所、自分の中で「○○円までのお金を、リールに出すことができる」という金額のリールを買うのが一番ですので、出せる金額が5000円なら5000円のリール、10000円なら10000円のリール、70000円なら70000円のリールを、メバリングに活用すればオッケーだということですね。

個人的には、2万円〜3万円の機種を、複数所有するようにしています

インスタグラムやツイッターで良く頂く質問の中に、「山口さんはどのようなリールを使っていますか?」という質問を度々受け取ることがあります。実際、個人的に使っているのは「ダイワ セオリー」「ダイワ カルディアLT」「シマノ ツインパワー」、この3つであり、価格帯で言うと2万円〜3万円のスピニングリールを好んで使うようにしています。

釣行回数を見ると、週〜5回ほど釣りに行くこともあるため、ステラやイグジストなどの高級機種をなぜ使わないのか?と問われることもあるのですが、そのような機種を使わない理由には「傷などを気にせず釣りを楽しみたい」「実用性は十分」この2つが挙げられます。

 

元々貧乏性な性格でして、60000円も70000円もするリールを使ってしまうと、傷や破損が気になり過ぎて、釣りに集中できなくなってしまうんですよ。より性能が良いハイスペックな機種を使っても、その全てをフル活用できないのであれば本末転倒となるため、2万円〜3万円の、人によっては「安い価格帯のリール」と呼ばれる機種を使い、メバリングを楽しんでいます。もちろん、この価格帯のリールであっても、実用面では全く問題ありません。

安いリールでもメバリングを楽しむことは可能

とは言っても、(正直)2万円〜3万円でも高額な出費であることは間違いありません。特に、これからメバリングを始めるような人で、続けるかどうかも分からない・・・そのような人が、初めから高額な出費を出すことは心が痛みに痛むと思われます。

そのため、ここで敢えて書かせて貰いますが、5000円〜10000円の(釣り道具の中では)安いリールと呼ばれる価格帯のリールであっても問題なくメバリングを楽しむことはできるため、「安いリールはメバリングで使えない?」そう不安に感じている人も、安心してスタートダッシュを切って貰えればと思います。

 

ただし、名前の聞いたことのないワゴン売りのリールは実用面で不安が残ったり、数回の利用で壊れてしまうことも考えられるため、個人的には「ダイワ」「シマノ」「アブガルシア」など、名の通ったメーカーのリールを買うほうが良いんじゃないかな?とは思っています。

リグデザインはアジング・メバリングなど、ソルトライトゲーム製品をリリースしているメーカーです

Amazonでリブリブを見る


関連記事

  1. メバルが釣れない・・・メバリングで結果がでないときに考えたいこと

    2018.12.28
  2. メバリングで使う「ラインの太さ」は何号が無難?

    2018.12.04
  3. メバルをワームの「ただ巻き」で釣るときの巻き方まとめ!圧倒的に釣果へ差が出る!?…

    2019.06.10
  4. メバリングで使う「ワームの大きさ(サイズ)」について考えてみる

    2018.12.06
  5. 「メバリング」メバルを夜に狙うときに意識しておきたいことまとめ

    2018.12.19
  6. メバリングは安いロッドでも、問題なくメバルを釣ることができるのか?

    2018.12.04
PAGE TOP