Loading

BLOG

メバルを釣るときの「水温」を知り、釣果アップを狙おう

今回は、メバルをルアーで狙う所謂「メバリング」を楽しむときの【水温】について、深く考えていきたいと思います。メバルを含む多くの魚には、概ね「適水温」と呼ばれる水温が存在しており、適水温に近いほど活性が高くなり、逆に遠いほど活性が低くなる傾向にあるため、つまり「より適水温に近い状態」でメバリングを楽しむことで、より良い釣果を得ることができる・・・ということになりますね。

では、メバルを釣るときに最適な水温は一体どれくらいなのか?また、海水温におけるメバルを釣るときに意識したい点は何なのか?という点について、深く掘り下げていきたいと思います。

メバルの適水温は「14度前後」と言われている

沖縄出身の人と、北海道出身の人が適切だと感じる気温に差が生じるように、「メバルも住んでいる場所により適水温が異なる」ということを大前提とした上ですが、メバルが生息するに適している適水温はおおよそ「14度前後」とされています。寒さに弱い魚が多い中、メバルは比較的寒さに強い魚のため、釣り物が少なくなる低水温期であっても、狙うことができる魚とも言えますね。

そのため、メバルの適水温と呼ばれる14度前後の水温がメバリングには一番適した水温ということになり、当然14度より下回るとメバルの活性が落ちますし、14度を上回るとより水温が安定する深場に落ちていくことになるため、それを見越した釣行スケジュールを組み込むことをおすすめします。

より水温が安定する秋と春が狙い目

では、メバルの適水温と言われる14度前後の海水温に近づくのはどの季節なのか?という点ですが、「春」と「秋」が最も14度前後に近づきやすい時期であり、言わずとも「メバルが良く釣れる時期」とも言えるため、メバリングにおいてより良い釣果を求めるのであれば、春と秋の季節は外せない時期となりますね。

秋の季節は「産卵前の荒食い」という、一定の期間メバルが爆釣する期間があり、春の季節はメバルの餌となるベイトが豊富であり、水温も適水温に近い期間が長いため、常にメバルの活性が高い状態が続きます。

 

いずれにしても、メバリングにおいて春と秋の時期を外すのは「当たると分かっている宝くじを敢えて買わない」レベルで機会損失が大きなものとなるため、時間が許す限り竿を振ることをおすすめします。

合わせて読みたい

メバリングの時期を知る

水温が高くなる夏はオフシーズン

地域によりメバルの動向は異なりますが、リグデザインがメインフィールドとしている大阪湾では、例年通りとなると秋が深まるにつれてメバルが浅瀬に接岸し、産卵前の荒食いが始まる→冬将軍が猛威を振るい海水温が低下するに伴いメバルの活性が低くなり、釣れにくくなる→辺り一面を優雅に導く桜が咲き乱れ、新生活が始まるころ、徐々にメバルの活性が高くなり、梅雨明けまでコンスタントに釣果を得ることができる。

例年の流れ通りメバルが動いてくれると、このような流れとなります。では、海水温が高くなる夏の季節はどうなのか?という点ですが、極端に言うと「夏はメバリングのオフシーズン」と考えておくほうが無難です。

 

高水温が苦手なメバルは、海水温が高くなる夏の季節になると、徐々に浅瀬から深場へ落ちて(移動)していくことになります。浅瀬は気温上昇による水温上昇が著しいため、より水温が安定する深場に落ちる・・・という認識ですね。

このことから、夏は浅瀬からメバルの姿が一気に少なくなってしまうため、(釣れないことはないが)敢えて狙うべきターゲットではない・・・と言えるため、「夏はメバリングを一休みし、他のターゲット(アジなど)に切り替える」という認識が一番です。

低水温期となる冬はメバルの活性が低め

メバルは(どちらかと言うと)寒い環境に適している魚だと言えますが、そんなメバルであっても「寒すぎる時期」はルアーへの反応が悪くなってしまいます。また。夏場同様、より水温の安定する深場へ移動してしまうメバルもいるため、適水温に近い秋、春の時期と比べると、どうしても「難易度が高くなる」と言えるのです。

もちろん、冬の季節であってもコンスタントに釣れるときもありますが、やはりメバルの適水温である14度から下に離れれば離れるほど、より釣果を得ることが難しくなるため、「冬は海水温低下によるメバルの活性が低めなため、(ハイシーズンに比べると)圧倒的に釣りにくい状態」だと言えますね。

リグデザインはアジング・メバリングなど、ソルトライトゲーム製品をリリースしているメーカーです

Amazonでリブリブを見る


関連記事

  1. リアクションでアジ、メバルをゲット!【ダート用ジグヘッド】の詳細や使い方をまとめ…

    2018.11.28
  2. 風が強い日にライトゲームを楽しむコツと、対策方法

    2018.10.10
  3. メバルの居場所(レンジ)はどこ!?→→「表層とボトムを狙えばオッケー」

    2018.12.17
  4. メバリングロッドの長さを考えてみる

    2018.12.05
  5. ニオイ付きのワームは、ライトゲームで効果あり?その真相に迫ります

    2018.10.19
  6. 【メバリング】ワームカラーや、ローテーションについて深く考えてみる

    2018.12.05
PAGE TOP