Loading

BLOG

メバリングは「レンジキープ」が必須!?そのコツと重要性を考えてみる

今回は、メバリングで釣果を伸ばすために欠かせない「レンジキープ」についてのまとめです。レンジキープとは、レンジ(層)をキープしながらワーム(ジグ単など)を巻いてくるテクニックのことで、簡単に言うと「一定レンジをブレなく引いてくる」ことを指す言葉です。上手くレンジキープできているかどうかが釣果を分ける大きな要因となることもあるため、レンジキープのコツや重要性について考えていきたいと思います。

メバリングでレンジキープの重要度が高い理由

メバリングでは、レンジキープの良し悪しで釣果に大きな影響を与えることがあります。これはなぜか?という点ですが、メバルは一定層を泳ぐものに興味を示し、その後を追従した後に捕食活動に移るという行動を起こすことがよくあり、少しでもレンジがズレたり、不審な動きをさせてしまうことで警戒心が増し、口を使わなくなることがあります。メバルがワームの後ろを付いてくるが、一向に口を使ってくれない・・・メバリングを楽しんでいると、一度は経験することですね。

つまり、警戒しているメバルに口を使わせるには、一定レンジをズレずに巻けるリトリーブ能力と、無駄な動きを付けないナチュラルなアクションが必須となるため、メバリングにおいて「レンジキープ」スキルを身につけることは、決してバカにすることはできないほど大事な要素となるのです。

レンジキープのコツは、ジグヘッドの重さや竿の角度にある

レンジキープはメバリングにおいて必ず習得しておきたいスキルではありますが、想像以上に奥が深いテクニックです。使うジグヘッドの重さ、ワームの浮力、風、潮の流れなど、不特定要素が密接に絡み合い、それらを考慮することで初めて確実なレンジキープができるようになるため、一朝一夕で軽く習得できるスキルではない・・・と考えておくほうが無難です。

レンジキープのコツは、使うジグヘッドの重さを調整し、その重さにあったリトリーブ速度を維持することが大事で、また、リトリーブ速度によってメバルの食いが変わることもあるため、【より最適なリトリーブ速度を維持できるジグヘッドの重さ】に調整することも大事な要素となります。

 

そして、「竿の角度」もレンジキープをする上で外せない要素の一つです。具体的に言うと、沖にワームがあるときは竿を立て、手前に寄ってくる過程で竿を徐々に寝かし、竿を立てることによるレンジのズレを極力減らすことが、より確実なレンジキープを行うためのコツとなります。

合わせて読みたい

メバリングで使うジグヘッドの重さまとめ

メバルがいるレンジを把握することが大事

レンジキープはメバリングで釣果を伸ばすための大事な要素となりますが、それよりも大事なのが「メバルのいるレンジを確実に把握する」ことです。例えば、メバルがボトムべったりなのに対し、表層付近を攻めている・・・こうなると、どれだけ確実なレンジキープを実行することができたとしても、メバルが釣れることはないでしょう。

メバルが表層にいるときは「表層」を確実にレンジキープ、メバルがボトム付近にいるときは「ボトム」を確実にレンジキープすることで、より良い釣果を得る可能性が高くなるため、まずは「メバルの居場所」を推測し、その付近をレンジキープによる「ただ巻き」で狙ってみることをおすすめします。

レンジキープは経験がモノを言う!経験あるのみ

リグデザインが思うレンジキープのコツと重要性を簡単に書いてきましたが、レンジキープはこれまでの経験がものを言うテクニックであり、言葉で伝えるのも難しいですし、言葉で聞いてすぐにマスターできるようなものではありません。つまり、レンジキープを確実に習得するには「経験がものを言う」ことになるため、釣り場へ出向く回数を増やし、経験を嫌と言うほど積み込み、感覚を研ぎ澄ましていくことが大事な要素になる・・・ということですね。確実なレンジキープが出来るようになると、釣果を伸ばせるキッカケを作りやすくなるため、メバリングを極めたい・・・そう考える人は、ぜひ習得してみて下さい。

また、一応書いておきますが、メバルの活性が高いときなど、レンジキープの有無とは裏腹に爆発的な釣果が得られることもあり、つまり「レンジキープなど必要ない場面」も必ず存在します。しかし、メバルの警戒心が高く、活性が低いときなどは「レンジキープの良し悪し」で釣果が天と地ほど変わることもあるため、その点を考慮した上でも、レンジキープはメバリングに必須なテクニックだと言えるでしょう。ただ巻きによるレンジキープ以外にも、メバリングにおける「フォール」の釣りや「プラグ」を使った釣りも知っておくと、釣果を伸ばすキッカケを作りやすくなるため、合わせてお読み頂ければと思います。

リグデザインはアジング・メバリングなど、ソルトライトゲーム製品をリリースしているメーカーです

Amazonでリブリブを見る


関連記事

  1. メバルが釣れない・・・メバリングで結果がでないときに考えたいこと

    2018.12.28
  2. メバリングで使う「ラインの太さ」は何号が無難?

    2018.12.04
  3. 釣りで「ネックライト」を使って感じた、良い所と悪い所

    2018.12.01
  4. ライトゲーム(アジング、メバリングなど)にショックリーダーは必要?太さや長さはど…

    2018.10.01
  5. ワームの「ケイムラ」とは?アジング、メバリングで効果はあるのか?

    2018.09.30
  6. メバリングで必要な【飛距離】について。飛ばない・・・←問題ない

    2019.06.11
PAGE TOP