Loading

BLOG

メバリングは大潮か小潮、どちらがよく釣れる??

今回は、メバリングを楽しむときの「潮回り」についてまとめていきます。ご存知の通り、海には「潮汐」が存在しており、月の引力の関係で大潮、中潮、小潮、長潮、若潮と、干満の差であったり、潮流の動きが日によって異なることになります。

メバルを含む海の魚たちは、「流れの有無」によって活性が高くなったり、反対に低くなってしまったり。潮回りによって活性が変わり、当然活性に差が出るということは釣果にも影響してくるため、メバリングでコンスタントな釣果を得る上で「潮」は切っても切り離せないほど大事な要素となるのです。

 

では、メバリングを楽しむときは大潮が良いのか?それとも小潮が良いのか?という点について、リグデザイン的な考え方をまとめていきたいと思うので「メバリングに最適な潮回りを知りたい」そんな人は、ぜひ参考にして頂ければと思います。

メバルは大潮の日によく釣れる?

メバリングを楽しんでいると、「海の魚は流れがあるほうがよく釣れるから、大潮が一番よく釣れる!」という意見を良く聞きますし、「流れがある=良く釣れる」この式が間違っている訳ではありません。大潮になると干満の差が大きくなり、より海の流れが多くなるのですが、流れがあることにより海中のプランクトンがよく動き、プランクトンが大きく動くということは、プランクトンを捕食している魚の活性が高くなるため、結果としてメバルの活性も高くなりやすい・・・という状況に当てはまりやすいのです。

しかし、実際にメバリングを楽しんでいると、流れのありすぎる大潮の日は「釣りをやり辛い」と感じる場面が多く、潮通しが良すぎる場所であればあるほど、「流れがありすぎて釣りにならない」ということがあります。メバリングでは1g程度のリグを扱うことになるため、流れがありすぎる場所では、流れの速さがマイナスに転じるケースが少なからずあるのです。

 

どれだけメバルが高活性であっても、リグを上手く操作できないことにはコンスタントに釣果を得ることが難しくなるため、必ずしも「メバリングは大潮の日が良い」とは言えない・・・というのが、個人的な答えですね。ただし、流れの有無がメバルの釣果を左右する大きな要因となっていることは確かなため、「よく潮が動く日=良く釣れる日」という式が成立することも基本の1つとして考えておくのがベターです。

個人的には「中潮」での実績が一番高い

かれこれ10年以上に渡りメバリングを楽しんできた経験上、(個人的に)メバリングで一番実績の高い潮回りは「中潮」だと感じています。特に、大潮終わりの中潮での釣行で良い釣果を得ることが多いため、敢えて潮回りを限定するのであれば、「中潮が一番じゃないかな?」とは思っていますね。ただし、なぜ大潮終わりの中潮が良く釣れるのか?という答えは謎ですし、感覚値として中潮が一番良く釣れる・・・という程度のものとお考え下さい。

小潮、長潮、若潮はメバルが釣れない?

一般的に、「メバリングは流れがあるほど良い」という認識が広がっているため、共通の認識として小潮、長潮、若潮は釣果を得にくい・・・と考えている人が多いようです。が、個人的な経験値上でのお話をさせてもらうと、小潮でもメバルが爆釣することもありますし、当然若潮でも長潮でも、コンスタントにメバルの釣果を得られることがあります。

確かに流れの有無はメバリングでの釣果に影響しますが、だからと言って極端に「小潮は絶対に釣れない」「長潮なんて行くだけ無駄」という考えは、何かしらの機会損失を生んでしまう可能性が高いため、その認識を改めてみるをおすすめします。

 

さきほどのお話を例に挙げると、「常に潮が大きく動いている、潮通しの良い場所」でメバリングを楽しむときは、より流れが大きくなる大潮よりも、小潮や長潮のほうが安定して釣果を得られることがあります。人間も強風下では安定して行動できないように、メバルもあまりに流れの速い状況下では上手く行動することができないと考えられるため、つまり【場所によっては大潮よりも小潮や長潮のほうが良い場合もある】と言えるのですね。

実際、個人的に通っているポイントも、大潮中潮との相性が良い場所、反対に若潮が爆発的に釣れる場所・・・などなど、場所によって相性の良い潮回りがあることが確かなため、一定のポイントに通い詰め、その場所と相性の良い潮回りを見るけることも、メバリングで釣果を伸ばすための1つの要素です。

どの潮回りでもメバルは釣れるが、いずれにしてもタイミングが重要

メバリングに適した潮回りは大潮?それとも小潮?という疑問に対する結論としては、「どの潮回りでも問題なくメバリングを楽しむことができ、いずれにしてもタイミングが重要」という答えでまとめておきたいと思います。

大潮であっても中潮であっても小潮であっても、潮が全く動いていない所謂「潮止まり」の状況下では食いが渋くなりますし、長潮や若潮であっても、潮が動き出すタイミングや、反対に止まるタイミングなどで一気に食いが良くなることがあるため、潮回り云々よりも、どちらかと言うと「潮が変化するタイミング」を狙うことが釣果を伸ばす上で大事な要素となるため、小潮や大潮という名目ばかりに気を取られず、どのタイミングでメバルが釣れやすいのか?を検証し、立証できるほどの釣行を重ねることが大事ですね。経験に勝る武器は他にありませんから。

リグデザインはアジング・メバリングなど、ソルトライトゲーム製品をリリースしているメーカーです

Amazonでリブリブを見る


関連記事

  1. 赤潮は釣りに悪影響を及ぼす!?アジやメバルは釣れなくなるのか?

    2019.05.28
  2. メバリングは難しい?それとも簡単?

    2019.04.23
  3. アジングやメバリングで「ボトムが分からない・・・」そんなときの対処方法まとめ

    2019.06.13
  4. ニオイ付きのワームは、ライトゲームで効果あり?その真相に迫ります

    2018.10.19
  5. メバルを釣るときの「水温」を知り、釣果アップを狙おう

    2018.12.17
  6. フロートリグの使い方まとめ!《アジング・メバリング》沖にいる魚を狙い撃とう!

    2019.04.23
PAGE TOP