Loading

BLOG

メバリングで使う「ワームの大きさ(サイズ)」について考えてみる

今回は、メバリングで使うことになる「ワーム」の大きさについてまとめていきたいと思います。メバリングで使うワームの大きさは「メバルは絶対小さいワームのほうが良い」という派と、「いやいや、大きいワームのほうが絶対良い!」という派に分かれることが多いですが、この辺りについて、リグデザイン的な考え方をまとめていきます。

メバルが食べている餌のサイズに合わせたワームの大きさを使うのが一番

そもそもの大前提として、メバリングで使うワームの大きさは、【メバルが捕食している餌のサイズに合わせる】ことが基本だと考えておいて下さい。小魚を捕食しているときは小魚サイズのワームを、プランクトンやアミを捕食しているときはカラーやシルエットの調整で合わせる、バチを捕食しているときは細長いものを使う・・・このように、メインベイトとなっている餌の大きさにより、ワームサイズを調整するのが一番です。

ここを外してしまうと、メバルからの反応が悪くなったり、全く釣れない要因となってしまうため、よりシビアに考えておいたほうが良いですね。周りが釣れていて自分だけ釣れない・・・そんなときは、メバルが捕食しているベイトサイズにワームサイズを寄せられていない可能性が高いため、釣れない原因の1つとして考慮するのも、1つの考え方です。

 

そして、メバリングで使うワームサイズの基本として「〜3インチ」までのワームにしておくことも大事です。あまりに大きすぎるワームだとメバルのバイトが遠のく可能性が高いため、(あくまで基本としてですが)〜3インチまでのワームサイズをそれぞれ揃えておき、状況に応じて使い分けていくのが一番ですね。

〜3インチまでのワームで対応できないときは、ミノーやシンペンなど「プラグ」の出番です。7cmほどのプラグにガンガンバイトしてくることもあるため、大きなルアーにしか反応を示さないメバルを狙うときは、ワームではなく、プラグ使用でのメバリングを楽しんでみるのも1つの手です。

合わせて読みたい

メバリングで使うワームカラーについての基礎知識

メバルがバチを捕食しているときは、3インチほどのワームに好反応を示すことも

一般的に、メバリングで3インチのワームとなると「大きすぎるんじゃないか?」という意見が出ますし、個人的にも3インチはメバリングにとって少し大きすぎるんじゃないかな?とも思っています。しかし、状況によっては〜2インチまでのワームサイズでは反応が悪いと言った経験を幾度となくしており、そのような状況下では決まって2.5インチ、3インチほどのワームに好反応を示すことがあるため、「最適ではないが、一定の状況下で必要となる」と割り切り、3インチほどのメバリングワームを用意しておくことで、何かと捗ることが多いです。

特に、メバルがバチを意識しだす春先は、細長いシルエットをしたルアー(ワーム)に好反応を示す傾向があるため、所謂「バチパターン」でのメバリングを楽しむときは、3インチほどの(メバリングの中では)大きなワームを用意しておくことをおすすめします。

まずは2インチから試し、反応を見ながらサイズ調整する

あくまで個人的な考え方であり、必ずしも正解という訳ではありませんが、個人的にメバリングでは2インチワームを軸に、メバルの反応を見つつ、サイズ調整することが多いです。もう少し言うと、2インチより小さくしたいときはワームをカットし、2インチより大きくしたいときは、カットしたワームを使い、嵩増しすることもあります。(最適ではないため、本来は違うワームを活用したほうが良い)

例えば、2インチのワームではアタリはあるが乗らない・・・そんなときはワームサイズを小さくし、2インチのワームにも1.5インチのワームにも反応がないときは、敢えて3インチほどのワームサイズをセレクトし、状況判断の材料としていく・・・そんな感じですね。

 

極端な話をすると、メバルの活性がフルに高いときに限っては、ワームサイズにそれほどシビアにならずとも釣れてくれますが、メバルの活性が低いシビアな状況下では、ちょっとしたワームサイズ1つで釣果が嘘のように変わることもあるため、「ワームサイズをそこまでシビアに考える必要はないけど、状況に合わせられるバリエーションを用意しておいたほうが良い」という考え方が正解ではないでしょうか?

大きいメバルを釣るには、大きいサイズのワームを使うべき?

25cmを超えるような比較的良型サイズのメバルを釣るときは、「大きいメバルなんだから、大きな餌を食べているだろう」と考え、大きなワームを使うという判断をする人もいるでしょうし、その判断が間違いだということでもありませんが、個人的な考え方だけでお話させてもらうと、大きなメバルだからと言って、必ずしも大きなワームにしか反応しない・・・ということはない!と考えております。

反対に大きすぎるワームを使ってしまうと警戒心を増してしまうことも考えられますし、大きなワームを使うことによりアピール度が高くなり、経験の少ない若い(サイズの小さい)メバルばかりが釣れてしまう要因ともなってしまうため、大きなメバルを釣りたいからと言って、大きなワーム中心に使ってしまうと、要らぬ機会損失を生んでしまう原因となってしまいます。

 

もう少し言うと、サイズの大きなメバルを狙って釣るには、それなりの戦略を持った攻め方をすることが一番のため、ワームサイズに限らず「基本的なメバリング」から少しズラした考え方をすることで、良型メバルとの接触機会が増えるんじゃないかな?とは思っています(サイズの良いメバルを釣るときの考え方は、別ページでお話しています)

リグデザインはアジング・メバリングなど、ソルトライトゲーム製品をリリースしているメーカーです

Amazonでリブリブを見る


関連記事

  1. アジングやメバリングで「ボトムが分からない・・・」そんなときの対処方法まとめ

    2019.06.13
  2. メタルバイブレーションで「アジ」「メバル」を狙う!使うタイミングや釣り方まとめ

    2019.05.27
  3. メバリングで使う「ラインの太さ」は何号が無難?

    2018.12.04
  4. メバリングは「レンジキープ」が必須!?そのコツと重要性を考えてみる

    2019.05.07
  5. 赤潮は釣りに悪影響を及ぼす!?アジやメバルは釣れなくなるのか?

    2019.05.28
  6. スナップは使うべき?アジングやメバリングなどのライトゲームにおけるスナップ使用の…

    2018.09.27
PAGE TOP