メバリングで「ガシラ」ばかり釣れる・・・そんなときに【試して欲しいこと】まとめ

メバリングを楽しんでいると、本命「メバル」ではなく、ライトゲームの救世主「ガシラ」ばかりが釣れてしまう・・・という経験、あると思います。もちろんガシラも好ターゲットであるが、メバリングの主は当然「メバル」のため、メバル以外の魚は外道となり得ます

では、メバリングにてガシラばかり釣れるとき、メバルとガシラを釣り分けることは可能なのか?メバルもガシラも過去10年以上、数千匹以上を釣ってきた僕がその結論をまとめます

ガシラとメバルの「釣り分け」は可能

リグデザイン「リーブイ」に食らいつくガシラ。ライトロックフィッシュゲームにもリーブイは最適です

ユーザー様が1000名を超えました!ありがとうございます!

まず結論ですが、メバリングにて「メバルとガシラの釣り分け」は可能です。絶対的に100%メバルとガシラを釣り分けることは無理ですが、ガシラの打率をなるべく落としながらメバリングを楽しむ、これはできます

少しだけ釣り方にコツがいりますが、メバリングにおいて「ガシラ」が釣れてしまうと、相対的にメバルの釣果が落ちてしまいます。ガシラが釣れて、そのガシラを海に帰して、再度仕掛けを投げ入れる、釣れるガシラの数が多くなるほど、時間的ロスが増えますからね。メバル釣果を伸ばすときは、如何に外道のヒット率を抑えるかも大事な要素です

では、メバルとガシラを釣り分ける具体的な方法をまとめます

ボトムを攻めるとガシラが混じる

ボトムは「ガシラの聖地」であり、メバルが好んで付く場所でもある。ガシラを避けたいときは、なるべくボトムから離すことを意識しよう

ガシラはボトムにべったりの魚です。稀に浮くこともありますが、本当に稀です。対するメバルはボトム少し上を好む魚であり、夜になると活発に表層付近まで浮いてくる魚でもあります。つまり、メバル釣果を伸ばすに「ボトム」は絶対的に攻めたいポイントではありますが、ボトムを攻めるとどうしてもガシラのヒット率が高まります

対処策としては、「ボトムより少し上に定位しているメバルを狙う」ことですが、これは難易度が高いです。ある程度避けることは可能ですが、絶対的にガシラヒットを避けたいときは、「ボトムを捨てる」のも一つの手ですね。ボトム以外のレンジにメバルがいないときはやむなしですが

読んでほしい記事
メバルは一体どこにいる?「ボトム」「表層」を狙えばOK

タイトに攻めすぎるとガシラ

ボトムやストラクチャーに対しタイトに攻めすぎてしまうと、どうしてもガシラのヒット率が高まります。ガシラを避けメバルを狙いたいときは、タイトに攻め過ぎず、少し離した位置を攻めてみることがおすすめです

待ち過ぎるとガシラ

ガシリングにてボトムにいるガシラを狙うとき「ボトムステイ」と言われるテクニックが活きることがよくあります。文字通り「ボトムにステイさせて待つ釣り方」ですが、ボトムに長くリグを置いてしまうと、ガシラの餌食になってしまうことが多いです。

メバルはボトム少し上に定位していることが多いため、ボトムステイよりは「ボトムから少し浮かせた戦略」を取ることが最も合理的なため、ガシラばかり釣れるときは「ボトムに置きすぎない」を意識してみてください

大きなワームはガシラ

ガシラは獲物を見つけると我先にと食らいついてくるほどは獰猛な魚です。そのため、シルエット大きなワームはガシラの餌食になりやすいため、小さいサイズのワームを使うのも一つの手ですね。小さいワームだろうがなんだろうが、見つかれば食ってきますが・・・

読んでほしい記事
メバリングで使う理想的な「ワームサイズ」は何インチ?

ジグヘッド重すぎもガシラ

メバリングにてガシラばかり釣れる人は、多くのケースで「重たいジグヘッド」を使っていることが多い。例えば、1gのジグヘッドが最適な場所にて3gのジグヘッドを使う

、このような感じですね。基準よりも重たいジグヘッドを使うと、どうしてもボトムへコンタクトしてしまいがちです

つまり、重たいジグヘッドを使うほどガシラとのエンカウント率が高まります。また、これまでの経験上「基準よりも重たいジグヘッドはメバリングでの釣果を落とす」傾向にあるため、マイナス要素が強いです。その場にあった最適なウエイトを選ぶことで、ガシラとのエンカウント率を下げ、メバル釣果を底上げすることができます

読んでほしい記事
メバリング釣果を伸ばす「ジグヘッドの重さ」を知ろう!

表層に浮いたメバルを狙おう

夜になると浮いてくるメバルの習性を活かし、ガシラのいない「表層」にてメバリングを楽しむことでガシラとのエンカウント率を確実に下げることが可能

メバルは習性として「暗くなると浮いてくる」という性質があります。もちろん、暗い時間帯はずっと浮いているのではなく、状況に応じて浮き沈みしているのですが、表層に浮いてきているメバルをターゲットに狙いを定めることで、ガシラとのエンカウント率は劇的に下がります。ガシラは表層まで浮いてきませんからね

夜の時間限定、浮いているタイミング限定の対応策ですが、ガシラ対策としては最も確実性高く、また釣果を得やすい釣り方です。リトリーブ(ただ巻き)、フォールの釣りを駆使し、表層にいるメバルをガンガン釣っちゃいましょう

読んでほしい記事
メバルが浮く!「ナイトメバリング」攻略法まとめ
メバリングの基本テク?「リトリーブ(ただ巻き)」でメバルを釣ろう
実はめっちゃ釣れる!「フォール」を駆使してメバルを狙おう!
ユーザー様が1000名を超えました!ありがとうございます!
ユーザー様が1000名を超えました!ありがとうございます!

リグデザインではメバリングを最高に楽しむための「ワーム」をリリースしています。リグデザイン「リブリブ」「リーブイ」は最早エサレベルでメバルが釣れてくれるため、全国から驚くほどの釣果報告を頂いております。ぜひ、チェックしてみて下さい!

アジ・メバルを釣りたい人は「この最強ワーム」を使ってみてください

最強ワームの詳細を見る
  • 関連記事
PAGE TOP