メバリング【ラインの色】は気にするべき?実体験に基づいた答えを公開!

メバリング初心者の友人と釣具店にて使うラインを選んでいるときのこと、唐突に「メバリングで使うラインの色は何がええの?釣れるか釣れへんか変わる?」と相談を受けました

普段、ラインの色など全く気にしておらず返答に困りましたが、初心者目線で見ると「メバリングにて使うラインの色」一つで悩ましいのか?という気づきを得たため、ここで僕が思う【メバリングで使うラインカラー】についてまとめておきます

ラインの色など全く気にしなくてオッケー

特にPEラインは派手なカラーから地味なカラーまで多種多様なカラーラインナップが揃っていますが、結論を言うと「ラインの色など気にしなくていい」と僕は考えています。もう少し言うと、ラインの色でメバルが釣れなくなることはないということです

過去10年以上メバリングをやっていますし、その間に幾度となくラインを巻きかえ、超派手なカラーから地味な色まで色々と試してきましたが、ラインの色が釣果に悪影響を及ぼしていると感じたことは一度もないですし、そもそも「ラインカラー」について意識すらしていませんでした。

経験に勝るものなし・・・ということで、メバリングにおいて(釣果面では)ラインの色など気にしなくてもオッケーです

そもそもメバルは「ラインを何か認識できない」

リグデザイン「リブリブ」はメバリングに最適なワームです

メバルは目がクリクリとしており可愛らしいお目々をしていますし、他の魚よりは視力がいいとされています。なので「メバルからはラインがしっかりと見えている」のだとは思います。

ただ、メバルが「これはラインだ!」と認識することはないんですよね。そもそもラインという概念がないですし、見えたとしても違和感レベルの話であり、それがまさか自分が食べようとしているものに結んであり、それを口にしたが最後、見たこともない地上に引っ張りだされる・・・なんて、夢にも思わないでしょう

ラインに対し警戒しているメバルは、色とか関係なしに口を使ってきませんし、敢えて警戒心バリバリなメバルを狙う必然性もないため、この点を見ても「ラインの色は気にしなくてもいい」と判断できます

人間から見て見えやすいカラーが無難

メバリングを楽しむ時間帯は「夜」がスタンダードです。昼にメバリングを楽しむ「デイメバリング」もありですが、よりイージーに楽しめる夜の時間帯から慣れていくことがおすすめですね。メバリングにおける夜と昼の基本については別記事でお話しているため、狙う時間帯の予備知識がない人は必ずご一読することをおすすめします

ナイトメバリングを楽しむとき、「全くラインが見えない」ときがあるんですよね。ほんの少しの差ではありますが、派手なラインカラーを巻いておくことで、視認性よくメバリングを楽しむことができます。

ラインが見えないって凄くストレスですからね。どこにラインがあるか分からず、気がついたときには信じられないほどロッドにラインが絡みついていた・・・あるあるです。超ストレスです

読むべき記事
スタンダード!ナイトメバリングを楽しむときの基本知識
難易度高いが楽しい!デイメバリングを楽しむときの基本知識

リールに合った色にするとテンションが上がる

釣果に全く関係ないですが、リールと巻くラインの色がマッチすると、凄くカッコいいんですよね。カッコいいからと言ってメバルが釣れる訳ではないですが、やっぱりカッコいい道具を使いたい気持ち、ありますよね?

僕の好みだと、黒ベースのリールにイエローやピンクのラインを巻く・・・最高です。見てるだけでテンション上がりますし、眺めているだけで1時間ほど時間が経過します。自分好みの道具を使うことで心なしか釣れる気しかしなくなりますし、釣れる釣れないは別として、使うラインカラーに気を使うほうがいいんじゃないかな?とは思ってます

■メバリングにおすすめ!

アジング・メバリングの最強ワーム!「リブリブ」を使いライトゲームを楽しもう!このページのみの【限定クーポン】配布中!

リブリブの詳細を見る

最近の記事

  • 関連記事

カテゴリー

PAGE TOP