Loading

BLOG

アジングの「合わせ方」と「アタリの取り方」を知る。乗らないときの対策方法も公開!

今回は、アジングにおいて釣果を伸ばすために必ずと言っていいほど知っておきたい「合わせ方」と「アタリの取り方」について、お話していこうと思います。アジは所謂「吸い込み系」の魚であり、つまり、餌を捕食するときに吸い込むように口の中に入れ込む魚ですので、【アタリをいち早く感知し、いち早くフッキングさせる】ことが、非常に大事な要素となるのです。

アタリを感知するのが遅れたり、合わせが遅れると、「アタリはあるのに乗らない」という切ない結果に繋がりやすく、こうなるとアジングにて釣果を伸ばすことが難しくなるため、より早くアタリを取り、より素早く合わせを入れることにフォーカスすることで、より良い釣果を得ることができるようになるでしょう。

アジングにおける【アタリの取り方】まとめ

アジングは他のルアーフィッシングに比べ「難易度が高い」とされていますが、そう言われる所以として【アタリを取り、積極的に掛けていかなければいけないから】というのが、一つの要因となっています。つまり、ただただリトリーブし、向こう合わせによるヒットを待っているだけでは釣果を望むことができないため、如何にアタリを取り、如何に合わせを入れることができるか?が、釣果を分ける大事なキーポイントとなるのです。

そのため、アジングで釣果を伸ばすためには、まず「アジからのアタリを確実に取る」ことが重要課題になり、逆に言うと、アジからのアタリが分からなければアジングで釣果を伸ばすことが難しくなるため、まずは【アジからのアタリを確実に取る】ということについて、まとめていきます。

「明確なアタリ」「抜けアタリ」など、複数あるアタリの種類を知る

アジングでは、その日の活性や捕食しているベイトによって「アタリの出方」が異なります。誰にでも分かるような明確なアタリが出るときもあれば、熟練者でなければ取ることが難しいアタリまで、様々なアタリを出す魚ですので、まずは「アジングにおけるアタリの種類」について知っておくのが先決です。

まず、一番簡単なのが「誰にでも分かる明確なアタリ」です。グググっと引っ張るようなアタリであったり、カツン!と明確なアタリが手元に伝わるときなど、主にアジの活性が高くなっている状況下で出やすいアタリですね。このような明確なアタリであれば、アジング初心者の方でも問題なくアタリを取ることができ、食い込みが良いケースが多いため、難なく合わせを入れることができるでしょう。

 

問題は、「明確に出ないアタリ」です。文章に書き表すのが難しいですが、「フッと抜けるようなアタリ(所謂、抜けアタリ)」や、「ほんの僅かな違和感しか出ないアタリ」しか出ないこともあり、こうなるとアングラー自身の腕の差や、使っている道具の感度が物を言う世界になってくるため、アジングに慣れていない人には少々難易度が高い状況であることは間違いありませんね。

一つだけ言えるのは、「ん?アタリかな?」と感じたときは、取り合えず合わせを入れることが大事だということです。長くアジングを楽しんでいる熟練者の方であっても、アジからの細かいアタリを全て把握するのは困難ですから、【疑わしきは合わせろ】の精神でいくことで、より釣果を伸ばせることでしょう。

より感度の良いロッド、ラインを使うことが絶対条件

アジングで釣果を伸ばすために必要な要素である「細かいアタリを取る」ためには、どうしても「感度の良いロッド」「感度の良いライン」の使用が絶対条件となります。感度が悪い道具を使えば使うほど、アジングにおける釣果の伸びが少なくなることは事実のため、できる限り感度の良い道具を使い、アジからの細かいアタリをなるべく多く取れるようにしておくのがおすすめです。

具体的に言うと、ロッドはアジング専用として売られている「所謂、パッツン系ロッドでレングスが短いもの」が最適で、ラインはPEライン、もしくはエステルラインの使用が好ましいですね。

合わせて読みたい

アジングロッドの長さを決めるポイント
アジングは安いロッドでも大丈夫?
アジングで使うラインの種類まとめ
使うラインの太さを知る

アジングの「合わせ方」を知る

アタリを確実に取れるようになると、目に見えてアジングでの釣果が伸びるキッカケとなりますが、どれだけ細かいアタリを取れたところで、肝心な「合わせ」が上手くいかないことには、アジをキャッチすることが難しくなってしまいます。

では、アジングでは一体どのように合わせを入れるのが良いのか?という点について、まとめていきたいと思います。

【即合わせ】が基本

見出し通り、アジングでは【即合わせ】がスタンダードです。アタリを感知し、如何に合わせを入れることができるか?が、フッキング率を左右する大きな要因となるため、アタリを感じたときは、とにかく素早い合わせを心がけることで、より釣果を伸ばすことができるようになります。

冒頭でもお話した通り、アジは所謂「吸い込み系」の魚であり、ワームを口の中に吸い込んだ後、少しでも違和感を感じると吐き出してしまいます。針掛かりする前に吐き出されてしまうと、当然フッキングすることができなくなってしまうため、【アジがワームを吐き出す前に合わせを入れる】ことを意識し、即合わせでアジの口へフックを貫通させちゃいましょう。

 

ただし、アジは非常に顎が弱い魚であり、あまりに力強い合わせを入れてしまうと「口切れ」を起こしてしまいます。口切れを起こすと、せっかく釣れたアジを逃してしまうどころか、アジに絶望的なダメージを与えてしまうことにも繋がり、つまり「誰も得をしない状況」になるため、無理に合わせるのではなく、力8割程度ぐらいの力で合わせを入れ、必要に応じて追いアワセを入れてやるなどの対応を取るほうが、何かとスマートです。

乗らないアタリが頻発するときの対策方法

アジングを楽しんでいると、必ず「アタリはあるのに乗らない」という状況下に遭遇することがあります。アジの活性が低かったり、そもそものアジのサイズが小さいときに起こりやすい現象ですが、この乗らないアタリを上手く取れるようになることで、周りのアングラーに差を付ける釣果を得られることに繋がりますので、【アジからのアタリはあるのに乗らないときの対策方法】を紹介しておこうと思います。

まず、アタリはあるのに乗らないときに提案したいのが「ジグヘッドを軽くする」「ワームサイズを大きくする」この2点です。

 

くどいようですが、アジは吸い込み系の魚のため、ジグヘッドが重たすぎると「上手く吸い込めなく」なり、結果として乗らないことが多くなってしまいます。例えば1gのジグヘッドを使っているなら0.8g・・・と、少し軽くするだけでもフッキング率に大きな差をつけることがあるため、よりストイックに考えておくことをおすすめします。

もう一つの「ワームサイズを大きくする」点ですが、多くのアングラーが、アジングでアタリはあるのに乗らないときに取ってしまいがちな行動として【ワームサイズを小さくする】ことが挙げられますし、もちろんこの選択が正解である場合もありますが、個人的にはワームサイズを敢えて大きくすることで、アジの吸い込み力を強くすることは狙いにいくことが多いです。小さなものを食べるときより、大きなものを食べるときのほうが、より強く吸い込もうとしますからね、敢えてワームサイズを大きくすることで、より深いバイトを得られることになるのです。

 

また、方法の一つとして「アシストフック」を付けるという選択肢もありますが、人によっては「アシストフックは邪道」という人もいるため、この辺りは個人の主観により、使うか使わないかを決めていけばオッケーです。

合わせて読みたい

豆アジを釣るときの基本

このように、アジングでは如何にアタリを取り、如何に合わせを入れることができるのか?が釣果を分ける大きな鍵となるため、ぜひ参考にして頂き、アジングでの釣果を伸ばして貰えればと思います。

リグデザインはアジング・メバリングなど、ソルトライトゲーム製品をリリースしているメーカーです

Amazonでリブリブを見る


関連記事

  1. ライトゲームで装備しておくべきアイテムまとめ

    2018.11.28
  2. アジングと水温の関係を考える。アジの適水温は何度??

    2018.11.13
  3. サビキ釣りの横でアジングは成立する?コマセパターンでの考え方をまとめてみる

    2018.10.18
  4. アジングは安いロッド、安いリールでも楽しむことができる?

    2018.09.28
  5. アジングで使うワームカラーとローテーションについて

    2018.09.30
  6. 【アジング】ワームが飛ばない・・・飛距離はどれくらい必要?

    2018.11.28
PAGE TOP