Loading

BLOG

ワームの「ケイムラ」とは?アジング、メバリングで効果はあるのか?

今回は、アジング、メバリング用ワームにラインナップとして揃えられていることの多い「ケイムラ」加工を施したカラーについて、まとめていきたいと思います。LIGデザイン製品にも「ケイムラ」カラーをラインナップとして用意していますので、ケイムラの効果を知った上で、ご自身の釣りに反映して頂ければと思います。

そもそも「ケイムラ」とは?

そもそも、「ケイムラとは何なのか?」という点ですが、簡単に言うと「紫外線を反射し、発光するタイプのカラー」だという認識でオッケーです。同じく発光カラーに「グロー(夜光)カラー」がありますが、こちらは光を吸収し、発光するタイプのため、ケイムラとグローは同じようで同じでない効果を発揮することが可能です。

つまり、ケイムラは紫外線を反射することで「海中で青白く光り、アジやメバルに対しアピールしてくれる」ことになるため、通常のカラーと上手く使い分けることで、より良い釣果を求めることが可能となります。

↑例えば、これはLIGデザインからリリースしているリブリブの「ケイムラクリア」というカラーですが、人間の目から見ると正真正銘「クリアカラー」です。しかし、これに紫外線を当ててみると・・・

このように、青白く光ってくれます。あくまでイメージではありますが、海中にいる魚には通常のカラーに比べると「ケイムラカラー」のワームのほうが目立って見えることになるため「少しでもアピール力高く、アジング、メバリングを楽しみたい」そんなときは、ケイムラカラーを使い、釣りを展開していくのがおすすめです。

メバリングやアジングで「ケイムラ」カラーを使うべきタイミング

さて、紫外線を反射し、発光してくれる「ケイムラ」カラーですが、このケイムラカラーは一体、どのタイミングで使うべきなのでしょうか?もちろん、その答えを100%導き出すことは不可能だと言えますが、LIGデザイン製品のテスト中、実釣中に見えてきた【ケイムラカラーを投入するタイミング】がありますので、ここで紹介しておこうと思います。

ちなみに、アジングやメバリングでは複数ワームカラーを使用した【ワームカラーローテーション】が釣果に響くこともあるため、ケイムラカラーにこだわらず、沢山のカラーを使い、その日の当たりカラーを早々に見つけるのが、釣果を伸ばす鍵だと言えます。

合わせて読みたい

朝まずめや夕まずめに効果的

前述した通り、ケイムラは「紫外線を反射し、発光する」カラーのため、海中に紫外線が差し込む時間帯に使うことが一番効果的だと言えます。所謂「デイアジング」「デイメバリング」に最適だと言うことですね。

また、釣りには「まずめの時間帯は魚が良く釣れる」ということが一般常識となっていますが、当然メバリングやアジングでも、そのルールが適応されます。まずめの時間帯はアジやメバルの活性が高くなるため、ルアーへの反応が良くなり、結果として良く釣れることになるのです。個人的な経験則としては、アジングは夕まずめ、メバリングは朝まずめのほうが良く釣れるように感じているため、この時間帯に「ケイムラカラー」を使い、より多くのアジやメバルをゲットしてみて下さい。

ケイムラカラーは夜でも使えるのか?

ケイムラは紫外線を反射し発光するカラーのため、「紫外線が差し込む、明るい時間帯に使うのが最も効果的」だということは紛れもない事実ではありますが、【では、夜にケイムラカラーのワームは使えないのか?】となるとそうではありません。特にアジングやメバリングでは夜の時間帯を中心に楽しむことが多くなるため、ケイムラは夜の時間帯に使えないのか?という点について、触れておきたいと思います。

まず、大前提として知っておきたいのは、月や常夜灯の光の中にも、微量な紫外線が含まれているということ。そのため、月明かりが眩しい日や、常夜灯周辺でアジング、メバリングを楽しむときは、当然「ケイムラ」効果による紫外線発光が行われることになります。しかし、昼とは違い夜は紫外線量が少なくなるため、「昼に比べるとケイムラの効果が少ない」という認識の元、使うのがベストですね。

 

また、例えばLIGデザイン製品にもラインナップのある「ケイムラクリア」だと、仮にケイムラ効果が一切発揮されないような場所であっても、通常の「クリアカラー」として使うことが可能です。そのため、まずめなど、明るい時間帯は「ケイムラ」の威力を存分に発揮し、夜はケイムラの恩恵を少しだけ授かり、通常のクリアカラーとして使う・・・という、一つのカラーで2つの役割を担うことができるということになりますね。

ちなみに、夜の時間帯に「よりアピール力を持ったワームを使いたい」ときは、ケイムラではなく、光を蓄光して発光する「グローカラー」がおすすめなため、ケイムラカラー、通常カラー、グローカラーを合わせ、最適なワームカラーを導き出してみて下さい。

リグデザインはアジング・メバリングなど、ソルトライトゲーム製品をリリースしているメーカーです

Amazonでリブリブを見る


関連記事

  1. アジングは安いロッド、安いリールでも楽しむことができる?

    2018.09.28
  2. ライトワインドでアジを狙う!その釣り方を紹介

    2018.10.29
  3. メバリングは大潮か小潮、どちらがよく釣れる??

    2018.12.10
  4. アジングの「合わせ方」と「アタリの取り方」を知る。乗らないときの対策方法も公開!…

    2018.11.27
  5. フロートリグの使い方まとめ!《アジング・メバリング》沖にいる魚を狙い撃とう!

    2019.04.23
  6. メバルをライトワインドで狙う!使うロッドやジグヘッドについて知る

    2018.12.08
PAGE TOP