Loading

BLOG

アジングを夜に楽しむときの戦略まとめ

今回は、明るい時間帯にアジングを楽しむのではなく、【夜にアジングを楽しむ】ときに知っておきたい戦略について、まとめていこうと思います。「夜ではなく、昼の時間帯にアジングを楽しみたい」そんな人は、別ページでデイアジングについて詳しくまとめているため、そちらを参考にして下さい。

合わせて読みたい

昼にアジングを楽しむときの色々

アジングは(どちらかと言うと)夜の時間帯のほうが簡単

アジングをより簡単に楽しむのであれば、明るい昼の時間帯ではなく、太陽が沈み終えた後の、暗い夜の時間帯がおすすめです。というのも、昼の時間帯は(アジからも人間からも)ワームへの視認性が良くなり、つまり【ルアーを見切られやすく】なるため、夜に比べると警戒心の高いアジを狙わなければいけなくなるため、釣り上げるまでの難易度が高くなるのです。

また、昼の時間帯はアジの居場所を探し当てないことにはコンスタントに釣果をあげるのが難しくなりますが、夜のアジングは「常夜灯周り(詳しくは後述します)」など、アジのいる場所をピンポイントで把握しやすいため、アジング初心者の方であっても、アジのいる場所で気軽にアジングを楽しむことができる・・・というのも、ナイトアジングが、デイアジングに比べ難易度が低くなる一つの理由となります。

 

では「ナイトアジングを楽しむときに意識しておきたい点にはどのようなものがあるか?」という点について、まとめてみようと思いますので、ぜひ参考にして頂ければと思います。

常夜灯の下を狙う

ナイトアジングを手軽に楽しみたいときは、迷うことなく「常夜灯周辺」を狙ってみることをおすすめします。というのも、常夜灯が海面を照らしている場所には、沢山のプランクトンが集まり、そのプランクトンを捕食しにくる小魚で溢れかえるため、そのプランクトンや小魚を捕食しているアジも同時に集まり、つまり【常夜灯周りには沢山のアジが集結する】ことになるのです。

沖合を回遊しているアジを狙う場合、アジが回遊してくるコースを知っておかなければいけなかったり、明かりがなく(特に初心者の方には)危険の伴う釣行となってしまうため、まずは常夜灯周辺でのアジングから始め、徐々に真っ暗な場所でのアジングへシフトしていくのが良いんじゃないかな?とは思います。

常夜灯なしの真っ暗な場所でもオッケー

夜のアジングは「常夜灯周辺を攻めるべき」というイメージが先行しており、そのイメージ通りアジングを楽しむことで、誰でも(比較的)簡単に釣果を得ることができますが、どうしてもサイズが小さくなったり、場所を確保するのが大変だったり・・・と、デメリットに感じる部分が出てきてしまいます。

では「常夜灯のない、真っ暗な場所ではアジングを楽しむことができないのか?」となると、決してそうではなく、アジが回遊してくる場所(アジがいる場所)を把握し、そのような場所をピンポイントで狙える状況下であれば、真っ暗な場所でも十分コンスタントに釣果をあげることが可能です。

 

あくまで個人的な話となりますが、個人的には常夜灯のある場所よりは「月明りだけが頼りな真っ暗な場所」でアジングを楽しむことがほとんどで、その理由としては「よりサイズの良いアジが狙える」「人が少ない傾向で、場所取りに苦労しない」この2つの理由を元に、闇場でのアジングを楽しむようにしています。

(LIGデザインがメインフィールドとしている地域では)常夜灯下では〜20cmまでの個体が中心となるのに対し、真っ暗な場所では25cm〜30cmほどの大きなアジがコンスタントに釣れ、場合によっては40cm近いアジが釣れることもあるため、「数よりもサイズが欲しい」そのような方は、敢えて【真っ暗な場所でのアジング】を楽しんでみてはどうでしょうか?(コンスタントな釣果を望むには、場所選び、時間帯の選択が必須条件となります)

ナイトアジングの釣り方

ナイトアジングでコンスタントに釣果を残すための釣り方としては、基本的に【スローな釣り】を意識したほうが、より結果を残せるんじゃないかな?とは思っています。具体的に言うと、1g前後のライトゲーム用ジグヘッドに、1.5インチ〜3インチまでのライトゲーム用ワームを装着し、「フォールを用いた釣り」を展開するのがおすすめです。

アジの活性や状況によっては「ただ巻き(リトリーブ)」の釣りで十分な釣果を得ることもできますが、アジは上からジワーっと沈んでくるものに対し好反応を見せる魚のため、【フォール】を用いた釣り方のほうがアジの反応が良いケースが多いと感じますね。

 

具体的に言うと、キャストした後、カウントダウンでアジのいるレンジまで沈め、チョンチョンと細かくロッドをシェイクさせ、アジに対しワームの存在をアピールします。その後、テンションフォール(またはフリーフォール)でジワーっと元のレンジまで沈め、再度この過程を繰り返すだけです。

ジワーっとフォールさせていると、カツ!と明確なアタリが出たり、フッと抜けるようなアタリが出るため、後は合わせを入れ、慎重にやり取りを行えばオッケーです。アタリがないときは、攻めるレンジを間違っている、そもそもアジがいない、時間帯がズレているなど、何かしらの要因があるはずなので、釣れない理由を探り、一つ一つ改善していき、釣果に繋げていきましょう。

ライト(ヘッドライトやチェストライト)は必須

夜にアジングを楽しむときは、何が何でも「ライト(ヘッドライトやチェストライト)」が必須アイテムとなります。例え常夜灯が昼のように明るいような場所であっても、移動するときや仕掛けを組むときに必要となってくるため、必ず用意しておき、忘れず持っていくことをおすすめします(ライトは忘れがちなので、釣行前に要チェックしておきましょう)

少々値は張りますが、安全を確保するために「比較的性能が良く、明るいライト」を用意しておくのが無難で、個人的には【最低でも200ルーメン以上のもの】を用意しておくほうが良いんじゃないかな?とは思っていますので、一つの参考として頂ければと思います。

リグデザインはアジング・メバリングなど、ソルトライトゲーム製品をリリースしているメーカーです

Amazonでリブリブを見る


関連記事

  1. 釣りで「ネックライト」を使って感じた、良い所と悪い所

    2018.12.01
  2. アジングは難しい?アジをワームで釣るときの難易度を考えてみる

    2018.11.27
  3. 「アジング」尺アジを狙って釣るときに意識しておきたいポイント

    2018.12.03
  4. サビキ釣りの横でアジングは成立する?コマセパターンでの考え方をまとめてみる

    2018.10.18
  5. ライトワインドでアジを狙う!その釣り方を紹介

    2018.10.29
  6. リアクションでアジ、メバルをゲット!【ダート用ジグヘッド】の詳細や使い方をまとめ…

    2018.11.28
PAGE TOP