アジングは「朝マズメ」「夕マズメ」をワームで攻略しよう!その具体的戦略まとめ

今回はアジングのゴールデンタイムと言われる「マズメ」の時間帯についてお話します。所謂「朝マズメ」「夕マズメ」ですが、この時間帯は理屈なしにアジが驚くほどよく釣れる時間帯のため、狙わない理由はどこにもありませんね。敢えてマズメを外すのは、頑張って頑張って働いたのにお給料を貰わないぐらい謎めいた行動です

そもそもなぜマズメにアジが釣れやすくなるのか?アジングにてマズメを攻略するには?という点について、リグデザイン プロスタッフであるヤマグチがお話します

アジングを楽しむ「夕マズメ」「朝マズメ」ってそもそも何時?

リグデザイン「サーチー」でのアアジング釣果

ユーザー様が1000名を超えました!ありがとうございます!

そもそもアジングで狙うマズメは一体何時なのか?という点ですが、朝マズメにしても夕マズメにしても、狙う時間帯は時期やその日によって異なります。

端的に言うとマズメの時間は「薄暗い時間帯」であり、もう少し具体的に言うと「夕方」「明け方」これをマズメと呼び変えればオッケーです。つまり、大体です

夕マズメにしても朝マズメにしても、薄暗くなる時間帯までにはエントリーしておくのが無難です

マズメはなぜ釣れるのか?

なぜマズメの時間帯になるとアジがよく釣れるようになるのか?不思議な気持ちで頭がパンクしそうになります。実際のところ、なぜマズメにアジがよく釣れるのかを確証付けるエビデンスはないようですが、定説としては・・・

「プランクトンの動き」が密接に関与しているのではないか?と言われることが多いです。朝になると光合成のためにプランクトンが動き出し、夕マズメでは夜行性のプランクトンが活動を開始する、これによりプランクトンを捕食しているアジの活性が高くなる、これが「朝マズメ・夕マズメにアジが釣れやすくなる」要因だと考えられます

詰まるところ、難しいことはナシにしても、マズメがアジングのゴールデンタイムだと言うことに変わりありません。実際マズメはよく釣れますし、場合によってはマズメしか釣れないこともあるため、朝マズメ・夕マズメは外したくない時間帯でなることは間違いありませんね

時合は一瞬!

リグデザイン「リブリブ」のケイムラクリアでのアジング釣果

ユーザー様が1000名を超えました!ありがとうございます!

アジングでの「マズメ」経験者はよーくご存知でしょうが、アジの(まずめ)時合はほんの一瞬であることが多いです。場合によっては10分と持たないこともありますからね・・・何時間も粘って、時合がたったの10分ってことも十分あり得る話です。辛いですが、これが釣りの醍醐味でもあります

なので、朝マズメや夕マズメをメインにアジングを楽しむ場合、如何に効率よく探るかが釣果を伸ばす鍵となります。例えば釣れたアジから針を外すのに手間取る・・・クーラーに入れるために時間を割く、マズメの時間帯にてその行動は凄く勿体ないです。貴重なチャンスタイムを逃さないためにも、集中&集中&集中にて、マズメアジングを楽しみましょう

マズメを絡めた釣行がおすすめ

ここまでを読んで「じゃあマズメの時間は絶対にアジングに行かない!」となる人は極少数派だとは思います。誰しも釣れる可能性が高い時間帯に行きたいですからね、特別な理由がない限り朝マズメ・夕マズメを無視する理由はありません

言うまでもありますが、アジングにて釣果を最大化するにあたり「マズメ」の時間を絡めた釣行スケジュールを組むことがおすすめです。できれば朝マズメ、夕マズメいずれも組み込むことがベストですが、体力的にあり得ないほどしんどくなるため、どちらか一方は楽しめる余裕を持った釣行をしたいところですね

アジング「マズメ」攻略法

これをやれば絶対の絶対にアジが釣れる裏技的最強ノウハウ!!みたいな裏技はありませんが、マズメにてコンスタントに釣果を伸ばすコツのようなものは存在します。かれこれ10年以上アジングを楽しんでますが、これからお話することを目安にマズメを楽しみアジングを攻略してきてますので、ちょっとした参考にして頂ければと思います

  • マズメに使うワーム
  • ベイトフィッシュ
  • マズメの釣り方

この3つを噛み砕いてお話します

朝マズメ・夕マズメで使うワームは?

アジングメーカーである「リグデザイン」の代表をしている僕が言うのもなんですが、朝マズメや夕マズメに使うワームは「アジング用ワーム」として売られているものであれば、特に制限なくコンスタントな釣果を残すことはできるでしょう

ただ、その中から「その状況にあった最適解を見つける」ことが大事なのですが・・・基本としては、1.5インチ〜2インチほど、カラーはクリア系(チャートやピンクを含む)が無難な選択肢だと思いますし、僕はそのようなワームにてマズメのアジングを攻略することが多いです

手前味噌ではありますが、リグデザインのワームを例に取ると「リブリブ」「リーブイ」この2つがあれば朝マズメ、夕マズメともに楽に攻略することができるでしょう。それで釣れないときは、「うん、アジの回遊がなかったんだな」と素直に諦めることができる、そのレベルで信頼はしています

マズメにてコンスタントなアジング釣果を求めているなら、ぜひ使ってみて下さい

ユーザー様が1000名を超えました!ありがとうございます!
ユーザー様が1000名を超えました!ありがとうございます!

ベイトフィッシュの動向を見る

アジはプランクトンだけでなく小魚を捕食することもあります。特にサイズが大きなアジにはベイトフィッシュパターンが効くこともありますが、そのようなアジを狙うときはマズメでの「ベイトフィッシュの動向」にも気を使うことが大事です

個人的なお話になりますが、夜の間は際に大量のベイトフィッシュが溜まっているポイントがあります。このベイトフィッシュは夕マズメに入ってきて、朝マズメに出ていく感じなのですが、この「夕マズメに入ってくるタイミング」「朝マズメに出ていくタイミング」この2つが釣果に繋がる物凄く大事なポイントとなります

例えば朝マズメ、ベイトフィッシュが動き出すと、今よ今よと待ち構えていたアジの猛攻が始まり、良型サイズのアジが連打することがよくあります。このように、ベイトフィッシュが動くタイミングがマズメである傾向が強いため、朝マズメ・夕マズメ共にベイトフィッシュの動向には気を使いたいところですね

釣り方は基本同じでオッケー

朝マズメ・夕マズメだからと言って、特別な釣り方をする必要性はありません。一つ言うとしたら、マズメはアジの活性が高い傾向にあるため、通常よりも大きい動きを付けたアクションを行うことでリアクションバイトを狙える可能性が高くなります

端的に言うと、カウントにてレンジを刻み、チョンチョンとロッドアクションを加えた後のフォールでアタリを取る、この流れでオッケーです。カウントやフォールについては別記事で詳しく話ているため、そちらを参考にどうぞ

読むべき記事
アジングにおける「カウント」とは?釣果を伸ばす超大切なテクニックです!
アジング「カウント」を動画でサクッと知る(You Tube)

■アジが釣れるワーム

ユーザー様が1000名を超えました!ありがとうございます
ユーザー様が1000名を超えました!ありがとうございます!

アジ・メバルを釣りたい人は「この最強ワーム」を使ってみてください

最強ワームの詳細を見る
  • 関連記事
PAGE TOP